七夕

サッカーのW杯( World Cup )で、日本はポーランドと戦い、失点1を背負いながらも、謂わゆる「最少失点で負けるための時間稼ぎ」という戦法を用いて、ラスト10分を満員の観客のブーイングをあびながら、無気力なパス回しに終始したあげく、世界中から、「フェアプレーをないがしろにして、フェアプレーポイントで勝ち上がった」、と揶揄されるに至っておりますが、「日刊スポーツ」によれば、「試合終盤の10分間は本当に恥ずかしい内容だった(デイリー・メール:英国 )」とか、「最後に日本がしたことはW杯で誰も見たくない行動だった。FIFAの規定は恥ずべきもの。おかげで日本は世界的な笑いものになった( BBC放送:英国)」とか、「後味が悪い。恥ずべきだ。素晴らしいW杯が続くが、日本-ポーランド戦でちょっと汚された(元イングランド代表主将のブッチャー氏=英BBC放送)」とか、数多くの記事が世界中に飛び交っているということですので、それを信じる限り、日本の行為は、恥ずべき( disgraceful )ものであったと言わざるをえません。

世界中のサッカーファンは、無気力な試合を観るために、貴重な時間を使い、高価なチケットを買って、席に坐っているのではありません。言わばフェアプレーを観る為に会場に行くのですから、日本がブーイングを浴びせられたとしても、まったく無理からぬことであり、当然のことなのです。

フェアプレー( Fairplay )のフェア( fair )とは、美しい( beautiful )の同義語ですが、単なる美しさではなく、映画「マイ・フェア・レディー( My fair lady )」でオードリー・ヘップバーン( Audrey Hepburn )が演じたような、飛び切りの美しさでなくてはなりませんし、フェア・ヘヤー( Fair hair )と言えば、美しい黒髪ではなく、金髪そのものでなくてはならないように、晴れがましい美しさをも表すのであり、引いては公明正大と訳されるのも、この故なのです。

故に、疑わしいフェア・プレーも、恥ずべきフェア・プレーも、卑怯なフェア・プレーも、臆病なフェア・プレーも存在しませんし、勿論、観客の観たいのも、そんなものではありません。観客の観たいフェア・プレーとは、圧倒的な強さであり、その強さに伴う、優美さ( grace )なのです。

「恥ずべき( disgraceful )」という単語にも、注意せねばなりません。専ら、「優美さを欠いた」とか、「野卑な」という意味で使われていますが、「Grace」の単語には、神の恩寵の意があるのを忘れてはなりません。故に「恥ずべき( disgraceful )」の語は、「神の恩寵を失った」とも、「神をも畏れぬ」とも訳しうるものであるのです。果して神の恩寵を失った者に、同情するような人がいるでしょうか?もし居れば、必ずその人も、神の恩寵を失っているはずです。また「恥知らずな( shameful, shameless )」という語は、主に性的な不品行を指す語ですので、「 disgraceful 」と同列に扱うべきでないのは言うまでもありません。

或は、宣戦布告前に真珠湾の奥深くに潜航艇を潜ませ、布告と同時に敵艦めがけて魚雷を発射した行為も、「 Disgraceful 」な行為と映ったのではないでしょうか、それ以後、米国民の声が、「日本伐つべし」の一色に染まったのも、その所為ではないでしょうか、もしそうならば、長崎、広島に投じられた原爆は、この国が自ら招いたものに他なりません。

我々の島国根性は、他国の人の気持を推しはかることまでには、ほとんど、心を及ぼすことがないが故に、「ルールブックに書かれていなければ、何をしても良い!」と思いがちですが、その行為の因果律に及ぼす影響について考えることは、決して等閑にしてよいことではありません。

老人は、我国の政策が、フェア・プレーの精神を忘れたものであることを、常々憂えている者ですが、スポーツの世界にも、しばしばそれが形として顕われるのを見るにつけ、この国の先行きに暗澹たる思いを致さざるをえないのです。

*****************************

最近、新聞紙/インターネット上を賑わしているのは、児童虐待とか、小動物の虐待とか、あまり耳にも、目にもしたくないような酷い記事が多いように見受けられますが、‥‥黙って見過ごすのも‥‥、ということで、取上げることにしましたが、‥‥

児童虐待について、自ら、如何なる心理状態に置けば、そのような行為が可能なのか、最近とみに知能の衰えた老人にとっては想像することが困難であり、それはこの国特有の現象なのか、過去にも同様の現象が存在したのか等々についても、回答を見つけることができませんが、もし、それが、しばしば起るようであれば、それはもはや一過性の出来事ではなく、ある一定の割合で生じる常態的な社会現象として捉らえなくてはならず、なおかつ現在、それに対処すべきシステムが、この国には存在しないことを、現前たる事実として認めなくてはならないことぐらいは言っておかねばならないと思います。

もちろん、社会的現象について、因果律を適用すれば、すべては現在の社会という病因に帰結することになりましょうが、社会の有り様を根底から変革するのは、一朝一夕にして可能な事業ではないので、先に、思いきった対症療法を取り入れることこそが喫緊の課題となるのですが、更に、親の方に手を付けるのは後回しとして、先ず、何よりも必要なのは、すべての就学、及び未就学児童を有する家庭の把握と、虐待を受けた児童を護るシェルターの整備をもって、国家的事業となさねばならないと思います。この中、家庭の把握については、警察が当然、その任にあたるべきであり、人手の不足を言うならば、己が利権の為に、車のドライバーをいらつかせて、かえって交通を混乱させて事故を誘発する、無駄な取り締まりを廃し、それを担当する人員を回せばよい、と言い返しましょう。問題はシェルターですが、取りあえず、親から隔離することが必要でありますので、全国に数カ所の学校を兼用した宿舎を用意せねばなりません。利害がからみますので、この場合にも、喧々囂々の議論が起るのは必至でありますが、何よりも、親からの隔離を優先せねばならぬという認識さえ共有することができれば、自然に落ち着くべき所に落ち着くだろうと思います。

恐らく、上記二点の提案が実現すれば、嫌な出来事は、或る程度減少するだろうとは思いますが、それにしても、この国には、国政というものが、果して存在しているのか、それとも存在していないのか? ここが一番の問題点ではないでしょうかね、‥‥。簡便な対症療法すらままならないということにでもなれば、まさに由々しき事態であると言わねばなりませんが、それ以上は、皆様方の思慮次第でございますので、何卒宜しくお願い申上げます。


****************************

「東海道中膝栗毛」などにも見られるように、昔、江戸を初めとして東国には、京見物というものが流行したそうでございますが、その土産物などに、用いられたものでしょうか、五条東山通りから清水寺へ、坂になった参道を登って行きますと、道の両側に茶碗屋が軒を並べており、善男善女の道行きの安全を願って懐中を軽くすべく、種種の瀬戸物や、抹茶の茶碗などを商っておるのでございますが、そんな商品の中にも、幾分か上等なものは、一二万から四五万、あるいはもっと上の値を付けて、遊山の客を招くこと頻りでございます。それ等は、いづれも手描きの品でございますので、並の大量生産品と同列に扱うわけにもまいりませんが、まあ店に陳列してあるようなものは、いづれも一品生産でなく、弟子を使って大量に造られたものですので、去年気に入って買った茶碗と同一のものが、今年も売られていたと知っても、あらかじめ、そういうものだと知ってさえいれば、あまり過大な期待を抱かずにすみ、がっかりすることもないわけですが、‥‥。

写真の「七夕」の茶碗も、恐らく、そのような土産物だろうと思いますが、オークションですから、貧乏な老人にも、なんとか買うことができました。確か5000円ぐらいだったと思いますが、この季節に一枚は欲しいものではないでしょうか、‥‥。


******************************

≪スパゲッティ・アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノの作り方≫
≪材料:2人分≫
  1. スパゲティ:200g
  2. オリーブ・オイル:大さじ2杯
  3. ニンニク:1片
  4. 鷹の爪:2本
  5. イタリアン・パセリの微塵切り:大さじ1杯

≪作り方≫
  1. 大鍋にスパゲッティ100g当り、1リットル以上の湯を沸かし、湯量の2%の塩(湯2リットルで塩40g)を入れ、スパゲッティを入れる。
  2. ニンニク1片の芽を取り除き、スライスしたものを、冷たいフライパンにオリーブ・オイル大さじ2杯と共に入れ、弱火にかける。
  3. ニンニクの香りが立つのを待って、鷹の爪を二つにちぎっていれる。(辛いのが苦手ならば、種を除く)
  4. ニンニクに色が付いたら、ゆで汁をお玉に1/2杯掬い取って、フライパンに入れ、色付きの進行を止める。
  5. 袋に表示された茹で上がり時間の2分前になるまで、フライパンを弱火のまま揺すって待つ。
  6. 菜箸か、トングを使用して、スパゲッティをフライパンに移し、大鍋の火を止める。この時点ではまだ茹で汁を捨てない。
  7. フライパンを中火にして、菜箸か、トングで上下を返しながら、表示の時間を待つことになるが、この間、蒸発した水分を補いながら、塩味を付けることを目的として、時々、茹で汁をお玉1/2杯ぐらいづつ加える。
  8. 時間になったら火を止め、イタリアン・パセリの微塵切りを加え、オリーブ・オイル(分量外)を回しかけ、皿に盛って出来上がり。
では、今月はここまで、また来月お会いしましょう、それまでご機嫌よう
  (七夕  おわり)

<Home>