巻第四十五之上

 

home

 

 

大智度論、釈摩訶薩品第十三

摩訶薩:畢定衆中の上首の故に

大智度論、釈断見品第十四

摩訶薩:断見の故に

摩訶薩:阿耨多羅三藐三菩提心の故に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大智度論、釈摩訶薩品第十三

大智度論釋摩訶薩品第十三(卷四十五)

 龍樹菩薩造

 後秦龜茲國三藏鳩摩羅什譯

大智度論、釈摩訶薩品第十三(巻四十五)

  龍樹菩薩造り、

  後秦の亀茲国三蔵鳩摩羅什訳せり

  菩薩を摩訶薩と為す所以を明す中、畢定衆の上首たるが故に摩訶薩と称することを明し、その上首たる所以の者は、菩薩の金剛の如き大心なりと明す。

 

摩訶薩:畢定衆中の上首の故に

【經】爾時須菩提白佛言。世尊。何以故。名為摩訶薩。佛告須菩提。是菩薩於畢定眾中為上首。是故名為摩訶薩。須菩提白佛言。世尊。何等為畢定眾。是菩薩摩訶薩而為上首。

爾の時、須菩提の仏に白して言さく、『世尊、何を以っての故にか、名づけて摩訶薩と為す。』と。仏の須菩提に告げたまわく、『是の菩薩は、畢定衆の中に於いて、上首為(た)れば、是の故に名づけて、摩訶薩と為す。』と。須菩提の仏に白して言さく、『世尊、何等の畢定衆の為に、是れ菩薩摩訶薩にして、而も上首と為す。』と。

 爾の時、

   『須菩提』は、

     『仏』に白して、こう言った、――

     世尊!

     何故、

       『摩訶薩』というのですか?と。

   『仏』は、

     『須菩提』に、こう告げられた、――

     是の、

       『菩薩』は、

         『畢定衆』の中の、

           『上首』である!が故に、

           『摩訶薩』というのである、と。

   『須菩提』は、

     『仏』に白して、こう言った、――

     何のような、

       『畢定衆』の中で、

         『菩薩摩訶薩』中の、

         『上首』なのですか?と。

 

  畢定衆(ひつじょうしゅ):尽く定まりたる衆の意。又必定衆とも云う。即ち、「大智度論巻45」に、「畢定衆とは、性地の人、八人、須陀洹、斯陀含、阿那含、阿羅漢、辟支仏、初発心の菩薩、乃至阿鞞跋致地の菩薩なり」と云える是れなり。蓋し、三聚中の正定聚なるが如し。『大智度論巻十九()注:十地、巻45()注:正定聚、三聚』参照。

  参考:『摩訶般若波羅蜜経巻4金剛品』:『爾時須菩提白佛言。世尊。何以故。名為摩訶薩。佛告須菩提。是菩薩於必定眾中為上首。是故名摩訶薩。須菩提白佛言。世尊。何等為必定眾。是菩薩摩訶薩而為上首。佛告須菩提。必定眾者。性地人八人須陀洹斯陀含阿那含阿羅漢辟支佛。初發心菩薩乃至阿惟越致地菩薩。須菩提。是為必定眾菩薩。為上首菩薩摩訶薩於是中生大心。不可壞如金剛。當為必定眾作上首。

  正定聚(しょうじょうじゅ):「倶舎論巻10」に、「貪無余断、瞋無余断、癡無余断、一切煩悩皆無余断なる」と云える是れなり。『大智度論巻45()注:三聚』参照。

  三聚(さんじゅ):梵語trayo raazayaHの訳。巴梨語tayo raasii、三種の類聚の意。又三定聚、或いは三際とも名づく。即ち定不定に約して一切の衆生を三類に大別するを云う。一に正定聚samyaktva−niyata−raazi(巴梨語sammatta−niyata−raasi)、二に邪定聚mithyaatva−n.−r.(巴micchatta−n.−r.)、三に不定聚aniyata−r.(巴aniyata−r.)なり。又正性定聚、邪性定聚、不定性聚と名づけ、或いは必正聚、必邪聚、不定聚と云い、又直見際、邪見際、亦不在邪亦不在正見際と云い、略して正定、邪定、不定とも称す。「長阿含経巻8」に、「復た三法あり、謂わく三聚なり。正定聚と邪定聚と不定聚となり」と云い、「大品般若経巻17夢行品」に、「菩薩摩訶薩は六波羅蜜を行ずる時、衆生の三聚に住するを見る。一には必正聚、二には必邪聚、三には不定聚なり」と云える是れなり。蓋し三聚の別を論ずるに諸説同じからず。「倶舎論巻10」に、「世尊は此の有情世間の生住没の中に於いて三聚を建立す。何をか三聚と謂う、(中略)一に正性定聚、二に邪性定聚、三に不定性聚なり。何をか正性と名づくる、謂わく契経に言わく、貪無余断、瞋無余断、癡無余断、一切煩悩皆無余断なる、是れを正性と名づく。定とは謂わく聖なり、聖は謂わく已に無漏道生ずることありて、諸の悪法を遠ざかるが故に名づけて聖と為す。畢竟離繋得を獲得するが故に、定んで煩悩を尽くすが故に正定と名づく。諸の已に順解脱分を獲得する者は亦た定んで涅槃を得、何ぞ正定に非ざる。彼れ後に或いは邪定聚に堕するが故に、又涅槃を得るの時、未だ定まらざるが故に、預流の者の極七返有等の如きには非ず。又彼れ未だ能く邪性を捨せざるが故に正定と名づけず。何をか邪性と名づくる、謂わく諸の地獄と傍生と餓鬼と是れを邪性と名づく。定は謂わく無間なり、無間を造る者は必ず地獄に堕す、故に邪定と名づく。正と邪との定の余を不定性と名づく。彼れ二縁を待って二と成る可きが故なり」と云えり。是れ即ち涅槃択滅を正性となし、見道以上の聖者が見等の惑を断じて畢竟不退の離繋得を獲得し、正性の中に於いて定まるが故に之を名づけて正定となす。又三悪趣を総じて邪性となし、其の中、五無間業を造る者は必ず地獄に堕す、邪の中に於いて定まるが故に之を邪定と名づく。余の所有の諸法を不定性となし、彼れ善縁を得ば正定を成ずべく、悪縁を得ば邪定を成ずべく、定んで一に属せざるが故に不定と名づけたるなり。「集異門足論巻4」に、「云何が邪性定聚なる、答う五無間業なり。云何が正性定聚なる、答う学無学法なり。云何が不定聚なる、答う五無間業を除き、余の有漏法及び無為なり」と云えるも亦た即ち同義なり。又「成実論巻2讃論品」には、「又三種の人あり、正定と邪定と不定となり。正定とは必ず泥洹に入り、邪定とは必ず泥洹に入らず、余を不定と名づく」と云えり。「華厳経探玄記巻3」に、「又小乗の中、五停心観の前は邪定に在り、成実に依るに煗頂已上を悉く正定と名づく。永不退の故なり。毘曇に依るに、忍心已上は方に不退を得。若し地論に依らば、見道已上を方に正定と名づく。故に彼れに云わく、正位正定とは、見道已上は方に是れ正位なりと。不定と言うは、此の二の中間を不定と名づくるなり」と云い、「円覚経大疏鈔巻3上」に、「然るに一切の衆生を三聚に該収す、謂わく邪定と正定と不定となり。小乗有部は五無間を以って邪定と為し、学無学を正定と為し、余の有漏無漏を皆不定とす。五性宗は則ち定性二乗無性闡提を邪定と為し、菩薩性を正定と為し、不定性の人を不定と為す。若し法性宗は則ち未だ如来蔵の教を聞かず、之を聞くも信ぜざるを皆邪定と為し、十信未だ円かならざるを皆不定と為し、信成就発心は即ち正定に入る」と云い、又「釈摩訶衍論巻1」には、「然るに三聚門に其の三種あり、云何が三と為す、一には十信前を名づけて邪定聚と為す、業果報等を信ずる能わざるが故なり。三賢及び十聖を名づけて正定聚と為す、決定して不退位に安立するが故なり。十種の信心を名づけて不定聚と為す、或いは進、或いは退、未だ決定せざるが故なり。二には十信前并びに十信心を名づけて邪定聚と為す、皆根なきが故なり。無上大覚果を名づけて正定聚と為す、已に満足するが故なり。三賢及び十聖を名づけて、不定聚と為す、皆未だ究竟せざるが故なり。三には十信前を名づけて邪定聚と為す、楽求の心なきが故なり。十聖を名づけて正定聚と為す、已に真証を得るが故なり。十信三賢を名づけて不定聚と為す、未だ正証を得ざるが故なり」と云えり。以って諸部の異説を見るべし。又「増一阿含経巻13」に別に三聚の説あり。即ち彼の文に、「世尊、諸比丘に告ぐ、此の三聚あり。云何が三と為す、所謂等聚、邪聚、不定聚なり。彼れ云何が名づけて等聚と為す、所謂等見、等治、等語、等業、等命、等方便、等念、等定、是れを等聚と謂う。彼れ云何が名づけて邪聚と為す、所謂邪見、邪治、邪語、邪業、邪命、邪方便、邪念、邪定、是れを邪聚と謂う。彼れ云何が名づけて不定聚と為す、所謂苦を知らず、習を知らず、尽を知らず、道を知らず、等聚を知らず、邪聚を知らず、是れを謂って名づけて不定聚と為す。諸比丘当に知るべし。復た三聚あり、云何が三と為す、所謂善聚、等聚、定聚なり。彼れ云何が名づけて善聚と為す、所謂三善根なり。何等か三善根なる、所謂不貪善根、不恚善根、不癡善根なり。是れを善聚と謂う。云何が名づけて等聚と為す、所謂賢聖八品道にして、等見、等治、等語、等業、等命、等方便、等念、等三昧なり。是れを等聚と謂う。彼れ云何が名づけて定聚と為す、所謂苦を知り習を知り尽を知り道を知り、善聚を知り悪趣(趣一に聚に作る)を知り定聚を知る。是れを謂って名づけて定聚と為す」と云える是れなり。此の中、等は正の意にして、即ち八正道を正聚とし、八邪道を邪聚とし、四諦等を知るを定聚とし、四諦等を知らざるを不定聚とす。又「旧華厳経巻26十地品」に、「是の菩薩は衆生の定不定の相を知る。正定相、邪定相、不定相。正見中正定相、邪見中邪定相、此の二を離るる不定相。一一逆邪定相、五根正定相、此の二を離るる不定相。邪位邪定相、正位正定相、此の二を離るる不定相。深入邪聚難転相、修無上道因縁相、不定衆生守護相、皆実の如く知る」と云えり。「十地経論巻11」に此の文を解して、其の中に有涅槃法無涅槃法三乗中一向定差別、善行悪行因差別、悪道善道因差別、外道声聞因差別、菩薩差別の五種の門ありと云い、「華厳経探玄記巻14」には更に之を引釈して左の如く云えり。一に種姓に約して三聚を分つ、謂わく涅槃法無きは邪定相、涅槃法あるは正定相、此の二を離るるは不定相なり。二に解惑に約して三聚を分つ、謂わく諸煩悩の中、邪見の一種の定めて悪業を起すは邪定相なり、三善根の中、正見の一種の定めて善業を起すは正定相なり、無貪無瞋の定めて善業を起さず、邪見以外の煩悩の定めて悪業を起さざるは不定相なり。三に行業に約して三聚を分つ、謂わく一一の逆罪の定めて悪道を招くは邪定相、信等の五根の定めて善道を招くは正定相、此の二に同じからざるは不定相なり。四に邪正の位に約して三聚を分つ、謂わく八正に反するを名づけて八邪と為す、此れに因りて以って外道の邪位を立つるは邪定相なり。正性離生を名づけて正位と為す、此れに因りて以って声聞の正位を立つるは正定相なり。此の二に非ざるは不定相なり。五に直に大乗菩薩の得失に約して三聚を分つ、謂わく殺盗妬悋等の六度の行を障うる六蔽は邪定相なり、六度の行は正定相なり、此の二に非ざるは不定相なりと。以って経の説意を見るべし。又「解深密経疏巻2」には、此の五門の外に更に業惑趣寂門、断不断倒門、堪不堪任門、著有無等門、可不可治門の五種を立て、総じて十門を以って三聚の相を細釈せり。所謂業惑趣寂門とは、「瑜伽師地論巻100」、「大智度論巻45」に、無間業及び断善根を邪性定法聚とし、学無学の諸法を正性定法聚とし、余の非学非無学の法を不定法聚となすを云い、断不断倒門とは、「大智度論巻84」に能く顛倒を破するを正定と名づけ、必ず破する能わざるを邪定と名づけ、有縁は能く破し、無縁は破する能わざるを不定となすを云い、堪不堪任門とは、「大菩薩蔵経巻5」に先世の因力に依りて利根にして、如来之が為に説法するもせざるも、法器たるに堪うるを正定とし、識性薄弱、煩悩深厚にして邪見の網に住し、之が為に説法するも、終に解脱を証するに堪えざるを邪定とし、外縁の力に由り、如法に教授すれば解脱を得、然らざれば解脱を得ざるを不定と為すを云い、著有無等門とは、「無上依経巻上」に有無に著せず、平等道を行ずるを正定とし、三有に貪著して大乗を誹謗する一闡提を邪定とし、無行無方便に著するを不定と為すを云い、可不可治門とは、「央掘魔羅経巻2」に如来を正定とし、一闡提を邪定とし、二乗を不定となすを云うとせり。是れ即ち広く大乗に意に依りて以って三聚の相を分別したるものなり。又「無量寿経巻下」に、「其れ衆生ありて彼の国に生ずる者は、皆悉く正定の聚に住す。所以は何ぞ、彼の仏国の中には、諸の邪聚及び不定聚なければなり」と云えり。是れ弥陀の仏国中には唯正定聚の衆生のみあることを説けるものなり。「無量寿経鈔巻6」に之を解して、決定流転を邪定聚と名づけ、決定不退を正定聚と名づけ、随縁不定を不定聚と名づく。然るに今の三聚は処所に約して説く。所謂一切善悪の凡夫の仏願力に乗じて彼の国に生ずる者は、処不退の故に悉く退者なし、之を正定と名づく。処不退の故に流転の類なし、之を無邪と名づく。処不退の故に或退の者なし、之を無不定と名づくと云えり。是れ蓋し処不退を称して正定聚と為せるものにして、前の諸説と其の軌を殊にするを見るべし。又「一念多念証文」には、「邪聚というは雑行雑修万善諸行のひと、報土にはなければなりというなり。及はをよぶという、不定聚は自力の念仏、疑惑の念仏の人は報土にはなしというなり。正定聚の人のみ真実報土にむまるればなり」と云い、雑行雑修を邪定聚、自力の念仏を不定聚、他力信心の機を正定聚となせり。是れ親鸞独特の転釈なり。又「長阿含経巻10」、「放光般若経巻13」、「無上依経巻下」、「大毘婆沙論巻186」、「大智度論恵影疏巻24」、「倶舎釈論巻8」、「瑜伽師地論巻64」、「順正理論巻30」、「大乗起信論」、「同義記巻下末」、「同教理抄巻17」、「無量寿経義疏巻下」、「倶舎論光記巻10」、「同宝疏巻10」、「翻訳名義集巻5」、「西宗要巻2」、「無量寿経集解巻11」、「大乗法相宗名目巻4下」等に出づ。<(望)

佛告須菩提。畢定眾者。性地人八人。須陀洹斯陀含阿那含阿羅漢辟支佛。初發心菩薩乃至阿鞞跋致地菩薩。須菩提。是為畢定眾。菩薩為上首。菩薩摩訶薩於是中生大心。不可壞如金剛。當為畢定眾作上首。須菩提白佛言。世尊。何等是菩薩摩訶薩生大心不可壞如金剛。

仏の須菩提に告げたまわく、『畢定衆とは、性地の人、八人、須陀洹、斯陀含、阿那含、阿羅漢、辟支仏、初発心の菩薩、乃至阿鞞跋致地の菩薩なり。須菩提、是の畢定衆の為に、菩薩を上首と為す。菩薩摩訶薩は、是の中に於いて大心を生じ、壊すべからざること金剛の如く、当に畢定衆の為に、上首と作るべし。』と。須菩提の仏に白して言さく、『世尊、何等か、是れ菩薩摩訶薩の大心を生じて、壊すべからざること金剛の如くなる。』と。

   『仏』は、

     『須菩提』に、こう告げられた、――

       『畢定衆』とは、

         『性地の人』と、

         『八人』、

         『須陀洹』、

         『斯陀含』、

         『阿那含』、

         『阿羅漢』、

         『辟支仏』、

         『初発心の菩薩』、

         乃至、

           『阿鞞跋致地の菩薩』である。

     須菩提!

       是の、

       『畢定衆』の中には、

         『菩薩』を、

         『上首』とする。

       『菩薩摩訶薩』は、

       是の中に、

         『大心』を生じて、

           『金剛』のように、

           『壊れない!』ので、

         当然、

           『畢定衆』中の、

             『上首』と作る!のである、と。

   『須菩提』は、

     『仏』に白して、こう言った、――

     世尊!

     何が、

       『菩薩摩訶薩』の、

       生ずる!

         『大心』であり、

           『金剛』のように、

           『壊れない!』のですか?

 

  性地(しょうじ):十地中の第二地を云う。即ち「大品般若経巻6発趣品」には、「復た次ぎに須菩提、菩薩摩訶薩は二地の中に住して、常に八法を念ず。何等か八なる、一には戒の清浄、二には恩を知りて恩に報ゆ、三には忍辱に住する力、四には歓喜を受け、五には一切の衆生を捨てず、六には大悲心に入り、七には師を信じて恭敬諮受し、八には諸の波羅蜜を勤求す」と云えり。『大智度論巻19()注:十地』参照。

  八人(はちにん):十地中の第三八人地を云う。即ち「大品般若経巻6発趣品」には、「復た次ぎに、須菩提、菩薩摩訶薩は三地の中に住して五法を行ず。何等か五なる、一には多く学問して厭足無し、二には法施を浄めて自ら高ぶらず、三には仏国土を浄めて自ら高ぶらず、四には世間の無量の懃苦を受けて以って厭と為さず、五には慚愧の処に住す」と云えり。『大智度論巻19()注:十地』参照。

  大心(だいしん):大悲を起して、一切の衆生の苦を抜かんとして発する心を云う。即ち、「大智度論」に依れば菩提心、無等等心と共に、大心を菩薩心と為す。其の間の違いに就いては、即ち「大智度論巻41」に、「問うて曰わく、菩提心、無等等心、大心に何の差別かある。答えて曰く、菩薩の初発心に、無上道を縁ずらく、我れは当に仏と作るべしと。是れを菩提心と名づく。無等を名づけて仏と為す。所以は何となれば、一切の衆生、一切の法の与に等しき者なければなり。是の菩提心は、仏と相似す。所以は何となれば、因は果に似たるが故なり。是れを無等等心と名づく。是の心は事として行ぜざるなく、恩恵を求めず深固に決定す。復た次ぎに檀尸波羅蜜は是れを菩提心と名づく。所以は何となれば、檀波羅蜜の因縁の故に大富を得て乏少する所なく、尸羅波羅蜜の故に三悪道を出でて人天中の尊貴に住し、二波羅蜜の果報の力の故に安立して能く大事を成ずれば、是れを菩提心と名づく。羼提、毘梨耶波羅蜜の相は衆生中に於いて奇特の事を現ず。謂わゆる人来たりて肉を割き髄を出すこと樹木を截るが如きにも怨家を慈念し血は化して乳と為る。是の心は似ること仏心の如くして、十方の六道中に於いて一一の衆生を皆深心を以って済度す。又諸法の畢竟空なるを知るも、大悲を以って能く諸行を行ず。是れを奇特と為すこと、譬えば人の空中に樹を種えんと欲して是れを希有と為すが如し。是の如き等の精進波羅蜜の力勢は無等と相似すれば是れを無等等と名づく。禅定に入りて、四無量心を行じ、十方に遍満して、大悲の方便と合し、故に一切衆生の苦を抜く。又諸法の実相もて一切の観を滅して諸の語言を断じ、而も断滅中に堕せざる、是れを大心と名づく。復た次ぎに初発心を菩提心と名づけ、六波羅蜜を行ずるを無等等心と名づけ、方便心中に入る、是れを大心と名づく。是の如き等の各に差別あり。」と云える是れなり。『大智度論巻41()、巻45()注:菩提心』参照。

佛告須菩提。菩薩摩訶薩應生如是心。我當於無量生死中大誓。莊嚴。我應當捨一切所有。我應當等心於一切眾生。我應當以三乘度脫一切眾生令入無餘涅槃。我度一切眾生已。無有乃至一人入涅槃者。我應當解一切諸法不生相。我應當純以薩婆若心行六波羅蜜。我應當學智慧了達一切法。我應當了達諸法一相智門。我應當了達乃至無量相智門。

仏の須菩提に告げたまわく、『菩薩摩訶薩は、応に是の如き心を生ずべし。我れは当に無量の生死の中に於いて、大誓もて荘厳すべし、我れは、応当に一切の所有を捨つべし。我れは、応当に一切衆生に於いて等心なるべし。我れは、応当に三乗を以って、一切の衆生を度脱し、無余涅槃に入らしむべし。我れ、一切衆生を度し已らんに、乃至一人も、涅槃に入る者の有ること無けん。我れは、応当に一切の諸法の不生の相を解すべし。我れは、応当に純(もっぱ)ら薩婆若心を以って、六波羅蜜を行ずべし。我れは、応当に智慧を学びて、一切の法に了達すべし。我れは、応当に諸法一相の智門に了達すべし。我れは、応当に乃至無量相の智門に了達すべしと。

   『仏』は、

     『須菩提』に、こう告げられた、――

       『菩薩摩訶薩』は、

       当然、

       是のような、

         『心』を生じなくてはならない、――

         わたしは、

         無量の、

           『生死』の中で、

           『大誓』を以って、

           自ら、このように荘厳しなくてはならない、――

             わたしは、

             一切の、

               『所有』を、

               『捨てる!』ことにしよう。

             わたしは、

             一切の、

               『衆生』に於いて、

                 『心』を、

                 『等しく!』しよう。

             わたしは、

             一切の、

               『衆生』を、

                 『三乗』を以って、

                 『度脱』し、

                   『無余涅槃』に、

                   『入らせる!』ことにしよう。

             わたしが、

             一切の、

               『衆生』を、

               『度脱』した!ならば、

             たった、

               『一人』すら、

               『涅槃』に、

                 『入る!』者は、

                 『無い!』はずである。

             わたしは、

             一切の、

               『諸法』の、

                 『不生の相』を、

                 『解する!』ことにしよう。

             わたしは、

             もっぱら、

               『薩婆若心』を以って、

                 『六波羅蜜』を、

                 『行ずる!』ことにしよう。

             わたしは、

               『智慧』を学んで、

               一切の、

                 『法』に、

                 『了達』する!ことにしよう。

             わたしは、

               『一つ』づつ、

               『相』の、

                 『智門』に、

                 『了達』してゆき、

             やがて、

               『無量』の、

               『相』の、

                 『智門』に、

                 『了達』する!ことにしよう。

 

  :無有乃至一人入涅槃者とは、此に云う涅槃は小乗涅槃にして、声聞辟支仏の地に堕するの意なり。

須菩提是名菩薩摩訶薩生大心不可壞如金剛。是菩薩摩訶薩住是心中。於諸畢定眾中而為上首。是法用無所得故。

須菩提、是れを菩薩摩訶薩、大心を生じて、壊すべからざること、金剛の如しと名づく。是の菩薩摩訶薩は、是の心中に住して、諸の畢定衆の中に於いて、上首為り。是の法は、所得無きを用(もっ)ての故なり。

   須菩提!

   是れが、

     『菩薩摩訶薩』の、

     生ずる!

       『大心』は、

         『金剛』のように、

         『壊せない!』ということである。

   是の、

     『菩薩摩訶薩』は、

     是の、

       『心』の中に、

       『住する!』ので、

       諸の、

         『畢定衆』中の、

         『上首』と為る!のである。

     何故ならば、

     是の、

       『法(大心)』には、

         『所得』が、

         『無い!』からである。

須菩提。菩薩摩訶薩應生如是心。我當代十方一切眾生若地獄眾生若畜生眾生若餓鬼眾生受諸苦痛。為一一眾生。無量百千億劫代受地獄中苦。乃至是眾生入無餘涅槃。以是法故。為是眾生受諸勤苦。是眾生入無餘涅槃已。然後自種善根。無量百千萬億阿僧祇劫。當得阿耨多羅三藐三菩提。

須菩提、菩薩摩訶薩は、応に是の如き心を生ずべし、我れは、当に十方の一切の衆生に代りて、若しは地獄の衆生、若しは畜生の衆生、若しは餓鬼の衆生の諸の苦痛を受け、一一の衆生の為に、無量百千億劫の、地獄の中の苦を代りて受け、乃ち是の衆生の無余涅槃に入るに至るまでなるべし、と。是の法を以っての故に、是の衆生の為に、諸の勤苦を受け、是の衆生の無余涅槃に入り已りて、然る後に、自ら善根を種うること、無量百千万億阿僧祇劫にして、当に阿耨多羅三藐三菩提を得べし。

   須菩提!

     『菩薩摩訶薩』は、

     当然、

     是のような、

       『心』を生じなくてはならない、――

         わたしは、

         十方の、

         一切の、

           『衆生』に代って、

           若しは、

             『地獄の衆生』、

             『畜生の衆生』、

             『餓鬼の衆生』の、

           諸の、

             『苦痛』を、

             『受ける!』ことにしよう。

         一一の、

           『衆生』に代って、

           無量、

             『百千億劫』の、

             『地獄』の中に、

               『苦』を、

               『受ける!』ことにしよう。

         やがて、

         是の、

           『衆生』が、

             『無余涅槃』に、

             『入る!』まで、

               『苦』を、

               『受ける!』ことにしよう、と。

     是の、

       『法()』を以っての故に、

       是の、

         『衆生』の為に、

         諸の、

           『勤苦』を、

           『受ける!』のであり、

       是の、

         『衆生』が、

           『無余涅槃』に、

           『入った!』ら、

       その後に、

       自ら、

         『善根』を、

         無量、

           『百千万億阿僧祇劫』に、

           『種える!』ので、

         当然、

             『阿耨多羅三藐三菩提』を、

             『得る!』ことになるのである。

 

  :蓋し因果の理法を説くものと知るべし。即ち諸法平等にして空なるが故に、乃至一の衆生の作す悪因により、常に三悪道に堕するも、然れども自らの作せる善因によりて仏道を厭退せざることを明すものと知る。

須菩提。是為菩薩摩訶薩大心不可壞如金剛。住是心中為畢定眾作上首。

須菩提、是れを菩薩摩訶薩の大心の壊すべからざること金剛の如しと為し、是の心中に住して畢定衆の為に、上首と作る。

   須菩提!

   是れを、

     『菩薩摩訶薩』の、

       『大心』は、

         『金剛』のように、

         『壊れない!』というのであり、

       是の、

       『心』中に住する!ので、

         『畢定衆』中の、

         『上首』と作る!のである。

復次須菩提。菩薩摩訶薩生大快心。住是大快心中為畢定眾作上首。須菩提白佛言。世尊。何等是菩薩摩訶薩大快心。

復た次ぎに、須菩提、菩薩摩訶薩は、大快心を生じ、是の大快心の中に住して、畢定衆の為に、上首と作る。』と。須菩提の仏に白して言さく、『世尊、何等か、是れ菩薩摩訶薩の大快心なる。』と。

   復た次ぎに、

     須菩提!

       『菩薩摩訶薩』は、

       『大快心』を生じて、

       是の、

         『大快心』の中に住して、

           『畢定衆』中の、

           『上首』と作る!のである。

   『須菩提』は、

     『仏』に白して、こう言った、――

     世尊!

     何を、

       『菩薩摩訶薩』の、

       『大快心』というのですか?と。

佛言。菩薩摩訶薩從初發意。乃至阿耨多羅三藐三菩提。不生染心瞋恚心愚癡心。不生惱心。不生聲聞辟支佛心。是名菩薩摩訶薩大快心。住是心中為畢定眾作上首。亦不念有是心。

仏の言わく、『菩薩摩訶薩は初発意より、乃至阿耨多羅三藐三菩提まで、染心、瞋恚心、愚癡心を生ぜず、悩心を生ぜず、声聞、辟支仏心を生ぜざる、是れを菩薩摩訶薩の大快心と名づけ、是の心中に住して畢定衆の為に、上首と作るも、亦た是の心有りと念ぜず。

   『仏』は、

     こう言われた、――

     『菩薩摩訶薩』は、

       『初発意』より、

       乃至、

         『阿耨多羅三藐三菩提』まで、

           『染心』、

           『瞋恚心』、

           『愚癡心』を、

             『生ずる!』ことがなく、

           『悩心』を、

             『生ずる!』ことがなく、

           『声聞、辟支仏心』を、

             『生ずる!』ことがない。

     是れを、

       『菩薩摩訶薩』の、

         『大快心』といい、

         是の、

           『心』中に住する!ので、

             『畢定衆』中の、

             『上首』と作る!のであるが、

         亦た、

         是の、

           『心』を、

             『有する!』ようにと、

             『念ずる!』こともない。

復次須菩提。菩薩摩訶薩應生不動心。須菩提白佛言。云何名不動心。佛言。常念一切種智心。亦不念有是心。是名菩薩摩訶薩不動心。

復た次ぎに、須菩提、菩薩摩訶薩は、応に不動心を生ず。』と。須菩提の、仏に白して言さく、『云何が、不動心と名づくる。』と。仏の言わく、『常に一切種智を念ずる心にして、亦た是の心有りと念ぜざる、是れを菩薩摩訶薩の不動心と名づく。

   復た次ぎに、

     須菩提!

       『菩薩摩訶薩』は、

       当然、

         『不動心』を、

         『生ずる!』はずである。

   『須菩提』は、

     『仏』に白して、こう言った、――

     何を、

       『不動心』というのですか?と。

   『仏』は、

     こう言われた、――

     常に、

       『一切種智』を、

         『念ずる!』心は、

         亦た、

         是の、

           『心』が、

             『有る!』と、

             『念ずる!』ことがない。

         是れが、

           『菩薩摩訶薩』の、

             『不動心』である。

復次須菩提。菩薩摩訶薩於一切眾生中。應生利益安樂心。云何名利益安樂心。救濟一切眾生不捨一切眾生。是事亦不念有是心。是名菩薩摩訶薩於一切眾生中生利益安樂心。如是須菩提。是菩薩摩訶薩行般若波羅蜜。於畢定眾中最為上首。

復た次ぎに、須菩提、菩薩摩訶薩は、一切の衆生の中に於いて、応に利益安楽心を生ずべし。云何が、利益安楽心と名づく。一切の衆生を救済し、一切の衆生を捨てずして、是の事も、亦た是の心有りと念ぜざる、是れを菩薩摩訶薩は、一切の衆生中に於いて、利益安楽心を生ずと名づく。是の如し、須菩提、是の菩薩摩訶薩は、般若波羅蜜を行じ、畢定衆の中に於いて、最も上首と為す。

   復た次ぎに、

     須菩提!

       『菩薩摩訶薩』は、

       当然、

       一切の、

         『衆生』中に於いて、

           『利益安楽心』を、

           『生ずる!』はずである。

       何故、

       『利益安楽心』というのだろうか?

         一切の、

           『衆生』を、

           『救済!』して、

         一切の、

           『衆生』を、

           『捨てない!』からであり、

       是の事でも、

       亦た、

         是の、

           『心』を、

           『念ずる!』ことがないからである。

       是れを、

         『菩薩摩訶薩』は、

         一切の、

           『衆生』の中に於いて、

             『利益安楽心』を、

             『生ずる!』というのであるが、

     是のように、

     須菩提!

     是の、

       『菩薩摩訶薩』は、

         『般若波羅蜜』を行ずる!ので、

           『畢定衆』中の、

           最も、

             『上首』なのである。

復次須菩提。菩薩摩訶薩應當行欲法喜法樂法心。何等是法。所謂不破諸法實相。是名為法何等名欲法喜法。信法忍法受法。是名欲法喜法。何等名樂法。常修行是法。是名樂法。如是須菩提。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜於畢定眾中能為上首。是法用無所得故。

復た次ぎに、須菩提、菩薩摩訶薩は、応当に欲法、喜法、楽法の心を行ずべし。何等か、是れ法なる、謂わゆる諸法の実相を破せざる、是れを名づけて法と為す。何等をか、欲法、喜法と名づくる、信法、忍法、受法、是れを欲法、喜法と名づく。何等をか、楽法と名づくる、常に是の法を修行する、是れを楽法と名づく。是の如し、須菩提、菩薩摩訶薩は、般若波羅蜜を行じて、畢定衆の中に於いて、能く上首と為る。是の法は、所得無きを用っての故なり。

   復た次ぎに、

     須菩提!

       『菩薩摩訶薩』は、

       当然、

         『法』を、

           『欲する!』心、

           『喜ぶ!』心、

           『楽しむ!』心を、

             『行ずる!』はずである。

       是の、

         『法』とは、

         何をいうのだろうか?

       謂わゆる、

         『諸法』の、

           『実相』を、

           『破らない!』こと、

         是れが、

           『法』である。

       何を、

         『法』を、

           『欲する!』、

           『喜ぶ!』というのだろうか?

         『法』を、

           『信ずる!』こと、

           『忍ぶ!』こと、

           『受ける!』こと、

         是れが、

         『法』を、

           『欲する!』こと、

           『喜ぶ!』ことである。

       何を、

         『法』を、

           『楽しむ!』というのだろうか?

         常に、

         是の、

           『法』を、

           『修行』する!こと、

         是れを、

           『法』を、

           『楽しむ!』という。

     是のように、

     須菩提!

       『菩薩摩訶薩』は、

         『般若波羅蜜』を行ずる!ので、

           『畢定衆』中の、

             『上首』と、

             『為る!』ことができるのである。

         何故ならば、

         是の、

           『法()』は、

             『所得』が、

             『無い!』からである。

復次須菩提。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。住內空乃至無法有法空。能為畢定眾作上首。是法用無所得故。

復た次ぎに、須菩提、菩薩摩訶薩は、般若波羅蜜を行ずる時、内空、乃至無法有法空に住して、能く畢定衆の為に、上首と作る。是の法は、所得無きを用っての故なり。

   復た次ぎに、

     須菩提!

       『菩薩摩訶薩』は、

         『般若波羅蜜』を行ずる!時、

           『内空』、

           乃至、

             『無法有法空』に住して、

               『畢定衆』中の、

               『上首』と作る!ことができる。

             何故ならば、

             是の、

               『法()』には、

                 『所得』が

                 『無い!』からである。

復次須菩提。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。住四念處中。乃至住十八不共法中。能為畢定眾作上首。是法用無所得故。

復た次ぎに、須菩提、菩薩摩訶薩は、般若波羅蜜を行ずる時、四念処の中に住し、乃至十八不共法中に住して、能く畢定衆の為に、上首と作る。是の法は、所得無きを用っての故なり。

   復た次ぎに、

     須菩提!

       『菩薩摩訶薩』は、

         『般若波羅蜜』を行ずる!時、

           『四念処』中に住し、

           乃至、

             『十八不共法』中に住して、

               『畢定衆』中の、

               『上首』と作る!ことができる。

             何故ならば、

             是の、

               『法(四念処等)』には、

                 『所得』が、

                 『無い!』からである。

復次須菩提。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。住如金剛三昧乃至離著虛空不染三昧中。住於畢定眾作上首。是法用無所得故。如是須菩提。菩薩摩訶薩住是諸法中。能為畢定眾作上首。以是因緣故名為摩訶薩

復た次ぎに、須菩提、菩薩摩訶薩は、般若波羅蜜を行ずる時、如金剛三昧、乃至離著虚空不染三昧中に住し、畢定衆に住して、上首と作る。是の法は、所得無きを用っての故なり。是の如し、須菩提、菩薩摩訶薩は、是の諸法中に住して、能く畢定衆の為に、上首と作る。是の因縁を以っての故に、名づけて摩訶薩と為す。

   復た次ぎに、

     須菩提!

       『菩薩摩訶薩』は、

         『般若波羅蜜』を行ずる!時、

           『如金剛三昧』中に住し、

           乃至、

             『離著虚空不染三昧』中に住して、

               『畢定衆』に住して、

               『上首』と作る!ことができる。

             何故ならば、

             是の、

               『法(三昧)』には、

                 『所得』が、

                 『無い!』からである。

     是のように、

     須菩提!

       『菩薩摩訶薩』は、

       是の、

         『法』中に住して、

           『畢定衆』中の、

           『上首』と作る!ことができるのであり、

       是の、

         『因縁』の故に、

           『摩訶薩』というのである、と。

【論】釋曰須菩提已從佛聞菩薩義。今問摩訶薩義。摩訶者秦言大。薩埵秦言心。或言眾生。是眾生於世間諸眾生中第一最上。故名為大。又以大心知一切法欲度一切眾生。是名為大。

釈して曰く、須菩提は、已に仏より、菩薩の義を聞き、今、摩訶薩の義を問う。摩訶とは、秦に大と言い、薩埵とは、秦に心と言い、或いは衆生と言う。是の衆生は、世間の諸の衆生中に於いて、第一最上なるが故に、名づけて大と為し、又大心を以って一切の法を知り、一切の衆生を度せんと欲する、是れを名づけて、大と為す。

 釈す、

   『須菩提』は、

   已に、

     『仏』より、

       『菩薩の義』を聞いた!ので、

     今は、

       『摩訶薩の義』を問う!のである。

   『摩訶』は、

     『大』と訳し、

   『薩埵』を、

     『心』と言い、

     或いは、

       『衆生』と言う。

   是の、

   『衆生』は、

     『世間』の、

     諸の、

       『衆生』中の、

         『第一』であり、

         『最大』である!が故に、

           『大』といい、

     又

     『大心』を以って、

       『一切』の、

         『法』を、

         『知る!』ことと、

       『一切』の、

         『衆生』を、

         『度脱』する!ので、

       是れを、

         『大』という!のである。

復次菩薩故名摩訶薩。摩訶薩故名菩薩。以發心為無上道故。

復た次ぎに、菩薩なるが故に、摩訶薩と名づく。摩訶薩なるが故に、菩薩と名づく。心を無上道の為に発すを以っての故なり。

 復た次ぎに、

   『菩薩』である!が故に、

     『摩訶薩』という!のであり、

   『摩訶薩』である!が故に、

     『菩薩』という!のである。

   何故ならば、

     『心』を、

       『無上道』の為に、

       『発す!』からである。

復次如讚菩薩摩訶薩義品中。此中應廣說。

復た次ぎに、菩薩摩訶薩義品の中に讃ずるが如し。此の中にも、応に広く説くべし。

 復た次ぎに、

   『菩薩、摩訶薩義品』の中に、

     『讃じた!』とおりであるが、

   此の中(摩訶般若波羅蜜経)にも、

   当然、

     『広く説かれる!』はずである。

復次佛此中自說摩訶薩義。眾生有三分。一者正定必入涅槃。二者邪定必入惡道。三者不定。於正定眾生中當最大故名摩訶薩。

復た次ぎに、仏は、此の中に自ら摩訶薩の義を説きたまわく、『衆生に三分有り、一には正定、必ず涅槃に入る、二には邪定、必ず悪道に入る、三には不定なり。』と。正定の衆生の中に於いて、当に最大なるべきが故に、摩訶薩と名づく。

 復た次ぎに、

   『仏』は、

   此の中に、

     自ら、

       『摩訶薩の義』をこう説かれている、――

       『衆生』には、

         『三分』が有り、

         一には、

           『正定(正の定まれる)』であり、

           必ず、

             『涅槃』に入る!者、

         二には、

           『邪定(邪の定まれる)』であり、

           必ず、

             『悪趣』に入る!者、

         三には、

           『不定』である、と。

  是の、

    『正定』の、

      『衆生』中に於いて、

      当然、

        『最大』である!が故に、

        『摩訶薩』という!のである。

 

  参考:『摩訶般若波羅蜜経巻17夢行品』:『復次須菩提。菩薩摩訶薩行六波羅蜜時。見眾生住於三聚。一者必正聚。二者必邪聚。三者不定聚。當作是願。我隨爾所時行六波羅蜜。淨佛國土成就眾生。我得佛時令我國土眾生無邪聚乃至無其名。須菩提。菩薩摩訶薩作如是行。能具足六波羅蜜疾近一切種智。復次須菩提。菩薩摩訶薩行六波羅蜜時。見地獄中眾生畜生餓鬼中眾生。當作是願。我隨爾所時行六波羅蜜。淨佛國土成就眾生。我得佛時令我國土中乃至無三惡道名。須菩提。菩薩摩訶薩作如是行。能具足六波羅蜜近一切種智。

大眾者。除佛餘一切賢聖。所謂性地人是聖人性中生。故名為性。如小兒在貴家生。雖小未有所能。後必望成大事。是地從煖法乃至世間第一法八人。名見諦道。十五心中行。

大衆とは、仏を除きて、余の一切の賢聖なり。謂わゆる性地の人は、是れ聖人の性中に生ずるが故に、名づけて性と為す。小児、貴家に在りて生ずれば、小にして、未だ能くする所有らずと雖も、後に必ず望んで大事を成すが如し。是の地は煖法より、乃至世間第一法なり。八人を、見諦道と名づけ、十五心中に行ず。

   『大衆』とは、

     『仏』を除いて、

     余の、

     一切の、

        『賢聖』である。

     謂わゆる、

       『性地の人』であり、

       是れは、

         『聖人』の、

           『性』中に、

           『生ずる!』ので、

         故に、

           『性』というのである。

       譬えば、

       『小児』が、

         『貴家』に、

         『生ずる!』ならば、

         未だ、

           『小』であり、

             『できる!』ことが、

             『無い!』としても、

         後に、

         必ず、

           望んで、

             『大事』を、

             『成す!』のと同じである。

     是の、

       『地(性地)』は、

         『煖法』より、

         乃至、

           『世間第一法』であり、

       『八人』は、

         『見諦道』であり、

           『十五心』中に、

           『行ずる!』者である。

 

  十五心(じゅうごしんん):八忍八智中より第十六道類智を除く余の十五心にして総べて見諦道に称す。『大智度論巻12()注:八忍八智』参照。

問曰。是十五心中何以名為八人。

問うて曰く、是の十五心中に、何を以ってか、名づけて八人と為す。

 問い、

   是の、

     『十五心』の中を、

     何故、

       『八人』というのですか?

答曰。思惟道中用智多。見諦道中多用見。忍智隨於忍。所以者何。忍功大故。

答えて曰く、思惟道中には智を用いること多く、見諦道中には多く見忍を用い、智は忍に随えばなり。所以は何となれば、忍の功の大なるが故なり。

 答え、

   『思惟道』中は、

     『智』を、

       『用いる!』ことが

       『多い!』が、

   『見諦道』中には、

     『見()』を、

       『用いる!』ことが、

       『多い!』ので、

   故に、

     『忍()』と、

     『智』とでは、

       『忍(八忍)』に随う!から、

       『八人』である。

     何故ならば、

     『忍』は、

       『功用』が、

       『大』だからである。

 

  :智の位は住まる可き処にあらず、須臾にして次第に忍に入るを云う。

復次忍智二事能斷能證八忍中住。故名為八人。須陀洹斯陀含阿那含阿羅漢辟支佛義如先說。

復た次ぎに、忍、智の二事は、能く断じ、能く証するも、八忍中に住するが故に、名づけて八人と為す。須陀洹、斯陀含、阿那含、阿羅漢、辟支仏の義は、先に説けるが如し。

 復た次ぎに、

   『忍』と、

   『智』との、

     『二事』は、

       『煩悩』を断じて、

       『涅槃』を証する!ものであるが、

     『八忍』中に、

       『住する!』が故に、

       『八人』というのである。

   『須陀洹』、

   『斯陀含』、

   『阿那含』、

   『阿羅漢』、

   『辟支仏』の、

     『義』は、

     『先に説いた!』とおりである。

 

  :八智は須臾にして過ぎ、相続して次第に八忍に入るが故に、八忍中に住すと云う。

初發意菩薩者。有人言。初發意者。得無生法忍。隨阿耨多羅三藐三菩提相發心。是名初發意名真發心。了了知諸法實相。及知心相破諸煩惱故。隨阿耨多羅三藐三菩提心。不破故不顛倒故。此心名為初發心。

初発意の菩薩とは、有る人の言わく、『初発意とは、無生法忍を得て、阿耨多羅三藐三菩提の相に随うて、発心する、是れを初発意と名づけ、真の発心と名づく。了了に諸法の実相を知りて、心相を知るに及び、諸の煩悩を破するが故に、阿耨多羅三藐三菩提に随う心の破せざるが故に、顛倒せざるが故に、此の心を名づけて、初発心と為す。』と。

 『初発意の菩薩』とは、

   有る人は、こう言っている、――

     『無生法忍』を得た!者が、

       『阿耨多羅三藐三菩提』の、

         『相』に随って、

         『心』を発す!ならば、

       是れを、

         『初発意』といい、

         『真の発心』という。

     了了に、

       『諸法』の、

         『実相』を知り、

       及び、

         『心相』を知って、

       諸の、

         『煩悩』を破する!が故に、

     『阿耨多羅三藐三菩提』に随って、

       『心』が、

         『破れない!』が故に、

         『顛倒しない!』が故に、

     此の、

       『心』を、

         『初発心』というのである、と。

有人言。諸凡夫人雖住諸結使。聞佛功コ發大悲心憐愍眾生。我當作佛。此心雖在煩惱中。心尊貴故天人所敬。如轉輪聖王太子初受胎時勝於諸子。諸天鬼神皆共尊貴。菩薩心亦如是。雖在結使中勝諸天神通聖人。

有る人の言わく、『諸の凡夫人は、諸の結使に住すると雖も、仏の功徳を聞いて、大悲心を発し、衆生を憐愍す。『我れは、当に仏と作るべし。』の、此の心は、煩悩の中に在りと雖も、心の尊貴なるが故に、天人の敬う所なり。転輪聖王の太子は、初めて受胎する時にも、諸子に勝るれば、諸天、鬼神は、皆共に尊貴するが如し。菩薩の心も、亦た是の如く、結使の中に在りと雖も、諸天、神通の聖人に勝る。

   有る人は、こう言っている、――

     諸の、

       『凡夫人』が、

       諸の、

         『結使』に住しながら、

         『仏』の、

           『功徳』を聞いて、

           『大悲心』を発し、

             『衆生』を憐愍する!――

             わたしは、

               『仏』に作らなければならない!と。

         此の、

           『心』は、

             『煩悩』中に在りながら、

             『尊貴』である!が故に、

           『天人』の、

             『敬う!』所である。

     譬えば、

       『転輪聖王』の、

         『太子』は、

         初めて、

           『受胎』する!時にも、

             『諸子』よりも、

             『勝れる!』が故に、

           『諸天、鬼神』が、

           皆、

             『尊貴』する!のと同じである。

       『菩薩』の、

         『心』も亦た、

         是のように、

           『結使』中に於いて、

             『諸天』、

             『神通の聖人』よりも、

               『勝る!』のである、と。

復次菩薩。初發心乃至未得阿耨多羅三藐三菩提。有授記入法位得無生法忍者。名阿鞞跋致。阿鞞跋致相後當廣說。如是等大眾當作上首故名摩訶薩。

復た次ぎに、菩薩の初発心より、乃至未だ阿耨多羅三藐三菩提を得ざるまで、授記有らば、法位に入り、無生法忍を得れば、阿鞞跋致と名づく。阿鞞跋致の相は、後に当に広く説くべし。是の如き等の大衆は、当に上首と作るべきが故に、摩訶薩と名づく。

 復た次ぎに、

   『菩薩』は、

     『初発心』より、

     乃至、

       『阿耨多羅三藐三菩提』を得る!寸前まで、

       『記』を授ける!者が有れば、

     『法位』に入って、

       『無生法忍』を得る!ので、、

       『阿鞞跋致』である。

   『阿鞞跋致』の、

     『相』は、

     後に、

       『広く説く!』ことになろう。

   是れ等の、

     『大衆』は、

     当然、

       『上首』と作る!が故に、

       『摩訶薩』というのである。

是菩薩欲為一切聖人主故。發大心受一切苦。心堅如金剛不動故。

是の菩薩の一切の聖人の主為らんと欲するが故に、大心を発して一切の苦を受く。心は堅く金剛の如くして、不動なるが故なり。

   是の、

     『菩薩』は、

     一切の、

       『聖人』中の

         『主』と、

         『為ろう!』と思うが故に、

       『大心』を発して、

       一切の、

         『苦』を、

         『受ける!』のであるが、

     それは、

       『心』が、

       『金剛』のように

         『堅固』であり、

         『動かない!』からである。

金剛心者。一切結使煩惱所不能動。譬如金剛山不為風所傾搖。諸惡眾生魔人來。不隨意行不信受其語。瞋罵謗毀打擊閉繫斫刺割截心不變異。有來乞索頭目髓腦手足皮肉盡能與之。求者意猶無厭足。更瞋恚罵詈。爾時心忍不動。譬如牢固金剛山人來斸鑿毀壞。諸蟲來齧無所虧損。是名金剛心。

金剛心とは、一切の結使、煩悩の動かす能わざる所なり。譬えば金剛山の風の為に傾揺せられざるが如し。諸の悪衆生、魔人来たるも、意に随って行ぜず、其の語を信受せず、瞋罵、謗毀、打撃、閉繋、斫刺、割截するも、心は変異せず、有るもの来たりて、頭目、髄脳、手足、皮肉を乞索すれば、尽く能く之に与え、求むる者の意、猶お厭足無くして、更に瞋恚し、罵詈すれば、爾の時、心の忍びて動かざること、譬えば牢固なる金剛山に、人来たりて、斸鑿し、毀壊し、諸虫来たりて齧るも、虧損する所の無きが如き、是れを金剛心と名づく。

 『金剛心』とは、

   一切の、

     『結使』、

     『煩悩』の、

       『動かす!』ことのできない、

       『心』である。

   譬えば、

     『金剛山』が、

       『風』に、

       『傾揺』されない!のと同じように、

   諸の、

     『悪』の、

       『衆生』や、

     『魔神』が来ても、

     其の、

       『意』のままに、

       『行う!』ことがなく、

     其の、

       『語』を、

       『信受しない!』ことである。

     『瞋罵』、

     『謗毀』、

     『打撃』、

     『閉繋』、

     『斫刺』、

     『割截』されても、

       『心』は、

       『変異』せず、

     有る者が来て、

       『頭目』、

       『髄脳』、

       『手足』、

       『皮肉』を、

         『乞索』しても、

         尽く、

           『与え』て、

     『求める者』の、

       『意』が、

       猶お、

         『厭足』せずに、

       更に、

         『瞋恚』し、

         『罵詈』したとしても、

       爾の時、

       『心』が、

         『忍』んで、

         『動かない!』ことである。

     譬えば、

     『牢固』な、

       『金剛山』に、

         『人』が来て、

           『穴』を掘って、

           『壊した!』としても、

       諸の、

         『虫』が来て、

           『齧った!』としても、

       『金剛山』に、

         『虧損』する!所が、

         『無い!』のと同じであり、

     是れを、

       『金剛心』というのである。

 

  傾揺(きょうよう):かたむきゆれる。

  瞋罵(しんめ):いかりののしる。

  謗毀(ぼうき):そしりそこなう。

  閉繋(へいけい):とじこめつなぐ。

  斫刺(しゃくし):切りてさす。

  割截(かっさい):わりてさく。

  乞索(こつさく):乞うてもとめる。

  厭足(えんそく):あきたる。

  罵詈(めり):ののしりあてこする。

  斸鑿(そくざく):きりてうがつ。

  毀壊(きえ):こぼちこわす。

  虧損(きそん):かきそこなう。へらしそこなう。

復次佛自說金剛心相。所謂菩薩應作是念。我不應一月一歲一世二世乃至千萬劫世大誓莊嚴。我應無量無數無邊世生死中。利益度脫一切眾生。

復た次ぎに、仏は自ら金剛心の相を説きたまえり。謂わゆる菩薩は、応に是の念を作すべし、我れは応に一月、一歳、一世、二世、乃至千万劫世の大誓もて荘厳すべからず。我れは応に無量、無数、無辺世の生死の中に利益して、一切の衆生を度脱すべし。

 復た次ぎに、

   『仏』は、

     自ら、

       『金剛山の相』を、こう説かれた、――

     謂わゆる、

       『菩薩』は、

       当然、

         是の『念』を作す!はずである、――

         わたしは、

         当然、

           『一月』、

           『一年』、

           『一世』、

           『二世』、

           乃至、

             『千万劫世』の、

               『大誓』で、

               『荘厳(身を飾る)』すべきではない。

         わたしは、

         当然、

           『無量』、

           『無数』、

           『無辺』の、

             『世』の、

             『生死』の中に、

           一切の、

             『衆生』を、

               『利益』し、

               『度脱』すべきである。

 

  参考:『摩訶般若波羅蜜経巻4金剛品』:『須菩提白佛言。世尊。何等是菩薩摩訶薩生大心。不可壞如金剛。佛告須菩提。菩薩摩訶薩應生如是心。我當於無量生死中大誓莊嚴。我應當捨一切所有。我應當等心於一切眾生。我應當以三乘度脫一切眾生。令入無餘涅槃。我度一切眾生已。無有乃至一人入涅槃者。我應當解一切諸法不生相。我應當純以薩婆若心行六波羅蜜。我應當學智慧了達一切法。我應當了達諸法一相智門。我應當了達乃至無量相智門。須菩提。是名菩薩摩訶薩生大心。不可壞如金剛。是菩薩摩訶薩住是心中。於諸必定眾而為上首。是法用無所得故。須菩提。菩薩摩訶薩應生如是心。我當代十方一切眾生若地獄眾生若畜生眾生若餓鬼眾生受苦痛。為一一眾生。無量百千億劫代受地獄中苦。乃至是眾生入無餘涅槃。以是法故為是眾生受諸懃苦。是眾生入無餘涅槃已。然後自種善根。無量百千億阿僧祇劫當得阿耨多羅三藐三菩提。須菩提。是為菩薩摩訶薩生大心。不可壞如金剛。住是心中為必定眾作上首。

二者我應捨一切內外所有貴重之物。三者一切眾生中等心無憎愛。四者我當以三乘如應度脫一切眾生。

二には、我れは応に一切の内外の所有、貴重する物を捨つべし。三には、一切の衆生の中に、等心にして憎愛無けん。四には、我れは、当に三乗の応ずるが如きを以って、一切の衆生を度脱すべし。

       二には、

         わたしは、

         当然、

           一切の、

             『内、外』に、

             所有する!

               『貴重の物』を

               『捨てる!』べきである。

       三には、

         わたしは、

         当然、

           一切の、

             『衆生』の中に、

             『等心』であり、

               『憎、愛』を、

               『無くす!』べきである。

       四には、

         わたしは、

         当然、

           『三乗』の、

             『衆生』に、

             『相応する!』ものを以って、

           一切の、

             『衆生』を、

             『度脱』すべきである。

五者度如是眾生已實無所度。而無其功此中心亦不悔不沒。六者我應知一切法。不生不滅不來不去不垢不淨等諸相。七者我應當以清淨無雜心行六波羅蜜。迴向薩婆若。

五には、是の如き衆生を度し已りて、実に度する所無くして、其の功無く、此の中に、心も亦た悔やまず、歿せず。六には、我れは、応に一切法の不生不滅、不来不去、不垢不浄等の諸相を知るべし。七には、我れは、応当に清浄無雑の心を以って、六波羅蜜を行じて、薩婆若に迴向すべし。

       五には、

         是のように、

           『衆生』を、

           『度した!』としても、

         実に、

           『度す!』所は、

           『無い!』のであり、

         しかも、

         其の、

           『功』も、

           『無い!』のであるが、

         此の中に、

           『心』は、

             『悔ゆる!』こともなく、

             『没する!』こともない。

       六には、

         わたしは、

         当然、

           一切の、

             『法』の、

               『不生、不滅』、

               『不来、不去』、

               『不垢、不浄』等の、

               諸の、

                 『相』を、

                 『知る!』べきである。

       七には、

         わたしは、

         当然、

           『清浄』、

           『無雑』の、

             『心』を以って、

             『六波羅蜜』を行い、

               『薩婆若』に、

               『迴向!』すべきである。

八者我應當善知一切世間所作之事。及出世間所應知事皆悉通達了知。九者我應當解了諸法一相智門。所謂一切諸法畢竟空觀一切諸法。如無餘涅槃相。離諸憶想分別。

八には、我れは、応当に善く一切の世間の作す所の事を知りて、出世間の応に知るべき所の事に及ぶまで、皆悉く通達し、了知すべし。九には、我れは、応当に諸法一相の智門を解了すべし。謂わゆる一切の諸法は畢竟じて空なれば、一切の諸法は、無余涅槃の相の如しと観じて、諸の憶想、分別を離るるなり。

       八には、

         わたしは、

         当然、

           善く、

           一切の、

             『世間』の、

             『作す!』べき、

               『事』を、

               『知る!』べきであり、

           及び、

             『出世間』の、

             当然、

               『知る!』べき、

               『事』も、

             皆、

             悉く、

               『通達』して、

               『了知』すべきである。

       九には、

         わたしは、

         当然、

           『諸法』は、

           『一相』である!という、

             『智門』を、

             『解了』すべきである。

           謂わゆる

           一切の、

             『諸法』は、

             畢竟じて、

               『空』であり、

           一切の、

             『諸法』は、

             『無余涅槃』の、

               『相』のようだ!と、

               『観察』して、

             諸の、

               『憶想』、

               『分別』を、

                 『離れる!』べきである。

十者我應當知諸法二相三相乃至無量相門通達明了。二相者。一切法有二種。若有若無若生若滅若作若不作若色若無色等。三門者。若一若二若多。從三以上皆名為多。若有若無若非有非無。若上若中若下。若過去若未來若現在。三界三法善不善無記等三門四門五門。如是等無量法門皆通達無礙。

十には、我れは、応当に諸法の二相、三相、乃至無量相の門を知りて、通達し、明了すべし。二相とは、一切法には二種有り、若しは有、若しは無、若しは生、若しは滅、若しは作、若しは不作、若しは色、若しは無色等なり。三門とは、若しは一、若しは二、若しは多、三より以上は、皆名づけて、多と為す。若しは有、若しは無、若しは非有非無、若しは上、若しは中、若しは下、若しは過去、若しは未来、若しは現在、三界の三法は善、不善、無記等なり。三門、四門、五門、是の如き等の無量の法門は、皆通達して、無礙ならん。

       十には、

         わたしは、

         当然、

           『諸法』の、

             『二相』、

             『三相』、

             乃至、

               『無量』の、

               『相門』に、

                 『通達』し、

                 『明了』しなくてはならない。

           謂わゆる、

             『二相』とは、

             一切の、

               『法』に有する!

                 『二種の相』、

                 若しは、

                   『有、無』、

                   『生、滅』、

                   『作、不作』、

                   『色、無色』等である。

                 『三相の門』とは、

                 若しは、

                   『一、二、多』である。

                 若し、

                   『三』以上ならば、

                   皆、

                     『多』という。

                 若しは、

                   『有、無、非有非無』、

                 若しは、

                   『上、中、下』、

                 若しは、

                   『過去、未来、現在』、

                 『三界』の、

                 『三法』ならば、

                   『善、不善、無記』等である。

             『三門』、

             『四門』、

             『五門』、

             是れ等の、

               『無量』の、

               『法門』には、

               皆、

                 『通達』して、

                 『無礙』でなくてはならない。

是中心不悔不怯不疑。信受通達無礙常行不息。滅諸煩惱。及其果報及諸障礙之事。皆令敗壞如金剛寶能摧破諸山。住是金剛心中當於大眾而作上首。以不可得空故。

是の中に、心は悔いず、怯えず、疑わず、信受して通達無礙、常に行じて息まず、諸の煩悩、及び其の果報を滅して、諸の障礙の事は、皆、敗壊せしむること、金剛宝の能く諸山を摧破するが如し。是の金剛心中に住すれば、当に大衆に於いて、上首と作るべし。不可得空を以っての故なり。

   是の中に、

     『心』は、

       『悔やむ!』ことなく、

       『怯える!』ことなく、

       『疑う!』ことなく、

         『信受』し、

         『通達』し、

         『無礙』であり、

     常に、

       『行じ』て、

       『息む!』ことなく、

       諸の、

         『煩悩』と、及び、

         其の、

           『果報』とを、

           『滅した!』ならば、

     諸の、

       『障礙の事』を、

       皆、

         『敗壊』させ、

     譬えば、

       『金剛宝』が、

       諸の、

         『山』を、

         『摧破』する!ようにする。

   是の、

     『金剛心』中に住すれば、

     当然、

       『大衆』の中に於いて、

       『上首』と作る!はずである。

   何故ならば、

   是の、

     『心』は、

       『不可得』であり、

       『空』だからである。

不可得空者。若菩薩生如是大心如金剛。而生憍慢者罪過凡夫。以是故說。用無所得。諸法無定相如幻如化。

不可得空とは、若し菩薩は、是の如き大心の金剛の如きを生ずるも、憍慢を生ぜば、罪過の凡夫なり。是を以っての故に、『所得無きを用って、諸法に定相無く、幻の如く、化の如し。』と説く。

   『不可得空』とは、

   若し、

     『菩薩』が、

     是のような、

       『大心』を生じて、

       『金剛』のようであっても、

     若し、

       『憍慢』を、

       『生ずる!』ならば、

         『罪過』の、

         『凡夫』であり、

     是の故に、

       こう説く!のである、――

       『所得』が、

         『無い!』のだから、

       『諸法』は、

         『幻』か、

         『化』のように、

           『定相』が、

           『無い!』のである、と。

復次心如金剛者。墮三惡道所有眾生我當代受勤苦。為一一眾生故代受地獄苦。乃至是眾生從三惡道出。集諸善本至無餘涅槃已。復救一切眾生。

復た次ぎに、心は金剛の如しとは、三悪道に堕する有らゆる衆生は、我れ、当に代りて、勤苦を受け、一一の衆生の為の故に、代りて地獄の苦を受け、乃至、是の衆生が三悪道より出でて、諸の善本を集め、無余涅槃に至り已るも、復た一切の衆生を救うべし。

 復た次ぎに、

   『心』が、

     『金剛』のようだ!とは、

     『三悪道』に堕ちた!

     有らゆる、

       『衆生』は、

       当然、

       わたしが、

       代って、

         『勤苦』を、

         『受ける!』べきであるとして、

     一一の、

       『衆生』に、

       代って、

         『地獄』の、

           『苦』を、

           『受ける!』ことであり、

     乃至、

     是の、

       『衆生』が、

         『三悪道』を出て、

         諸の、

           『善本』を集め、

           『無余涅槃』に入っても、

     まだ、

       わたしは、

       一切の、

         『衆生』を、

         『救う!』べきであるとし、

如是展轉一切眾生盡度已。後當自為集諸功コ。無量阿僧祇劫乃當作佛。是中心不悔不縮。能如是代眾生受勤苦自作諸功コ。久住生死心不悔不沒。如金剛地能持三千大千世界。令不動搖。是心堅牢故名為如金剛。

是の如く展転して、一切の衆生を尽く度し已りて、後当に自らの為に、諸の功徳を集め、無量阿僧祇劫にして、乃ち当に仏と作るべし。是の中に、心は悔いず、縮まず、能く是の如く衆生に代りて、勤苦を受け、自ら諸の功徳を成して、久しく生死に住するも、心は悔いず、歿せず、金剛の地の、能く三千大千世界を持して、動揺せざらしむるが如し。是の心は、堅牢なるが故に名づけて、金剛の如しと為す。

     是のように、

     展転として、

     一切の、

       『衆生』を、

       『度した!』ならば、

     後には、

     当然、

       『自ら』の為に、

       諸の、

         『功徳』を、

         『集める!』べきであり、

     無量阿僧祇劫に、

       ようやく、

         『仏』と、

         『作る!』ことである。

     是の中に、

       『心』は、

         『悔やむ!』ことなく、

         『縮む!』ことなく、

       是のように、

         『衆生』に代って、

         『勤苦』を受けて、

       自ら、

       諸の、

         『功徳』を作し、

       久しく、

         『生、死』に、

         『住する!』が、

       『心』は、

         『悔やむ!』ことなく、

         『没する!』ことなく、

     譬えば、

       『金剛』の、

       『地』が、

         『三千大千世界』を持って、

         『動揺させない!』ようにすれば、

     是の、

       『心』は、

         『堅牢』である!が故に、

         『金剛』のようだ!というのである。

大快心者。雖有牢固心未是大快。如馬雖有大力而未大快。於眾生中得二種等心。故不生欲染心。若有偏愛則為是賊。破我等心。為佛道之本常行慈悲心。故無有瞋心。常觀諸法因緣和合生。無有自性故則無癡心。愛念眾生過於赤子故無有惱心。不捨眾生貴佛道故。不生聲聞辟支佛心。

大快心とは、牢固なる心有りと雖も、未だ是れ大快ならざること、馬の大力有りと雖も、未だ大快ならざるが如し。衆生の中に於いて、二種の等心を得るが故に、欲染心を生ぜず。若し偏愛有らば、則ち是れ賊にして、我が等心を破すと為す。仏道の本は、常に慈悲心を行ずと為すが故に、瞋心の有ること無く、常に諸法は因縁和合の生なり、自性有ること無しと観ずるが故に、則ち癡心無く、衆生を愛念すること、赤子に過ぐるが故に、悩心有ること無く、衆生を捨てずして、仏道を貴ぶが故に、声聞、辟支仏の心を生ぜざるなり。

   『大快心』とは、

     『牢固』な、

       『心』を有しながら、

       未だ、

         『大快』でないのは、

     譬えば、

     『馬』が、

       『大力』を有しならが、

       未だ、

         『大快』でない!のと同じである。

   『大快心』は、

     『衆生』の中に、

     二種の、

       『等心』を、

       『得る!』が故に、

         『欲染心』を、

         『生ずる!』ことがない。

     若し、

       『偏愛』が有れば、

       是れは、

         『賊』であり、

         わたしの、

           『等心』を、

           『破る!』ことになる。

   『大快心』は、

     『仏道』の、

       『本』は、

       常に、

         『慈悲心』を、

         『行ずる!』こととし、

       故に、

         『瞋心』を、

         『有する!』ことがない。

   『大快心』は、

     常に、

       『諸法』は、

         『因縁和合』の、

         『生』であり、

       『自性』を、

         『有する!』ものは、

         『無い!』と、

           『観察』する!ので、

         故に、

           『癡心』が、

           『無い!』のである。

       『衆生』を、

         『赤子』よりも、

         『愛念』する!が故に、

           『悩害心』が、

           『無い!』のであり、

       『衆生』を、

       捨てずに、

         『仏道』を、

         『貴ぶ!』が故に、

           『声聞』、

           『辟支仏』の、

             『心』を、

             『生じない!』のである。

 

  参考:『大智度論巻5摩訶薩埵釈論』:『已得等忍者。問曰。云何等云何忍。答曰。有二種等。眾生等法等。忍亦二種眾生忍法忍。云何眾生等。一切眾生中等心等念等愛等利。是名眾生等。問曰。慈悲力故於一切眾生中。應等念。不應等觀。何以故。菩薩行實道不顛倒如法相。云何於善人不善人大人小人人及畜生。一等觀。不善人中實有不善相。善人中實有善相。大人小人人及畜生亦爾。如牛相牛中住。馬相馬中住。牛相非馬中。馬相非牛中。馬不作牛故。眾生各各相。云何一等觀而不墮顛倒。答曰。若善相不善相是實。菩薩應墮顛倒。何以故破諸法相故以諸法非實。善相非實不善相非多相非少相。非人非畜生非一非異。以是故汝難非也。如說諸法相偈 不生不滅  不斷不常  不一不異  不去不來  因緣生法  滅諸戲論  佛能說是  我今當禮  復次一切眾生中。不著種種相。眾生相空相一等無異。如是觀。是名眾生等。若人是中心等無礙。直入不退。是名得等忍。得等忍菩薩。於一切眾生不瞋不惱如慈母愛子。如偈說 觀聲如呼響  身行如鏡像  如此得觀人  云何而不忍  是名眾生等忍。云何名法等忍。善法不善法有漏無漏有為無為等法。如是諸法入不二入法門。入實法相門。如是入竟。是中深入諸法實相時。心忍直入無諍無礙。是名法等忍。如偈說 諸法不生不滅  非不生非不滅  亦不生滅非不生滅  亦非不生滅  非非不生滅  已得解脫(丹注云於邪見得離故言解脫也)空非空(丹注云於空不取故言非也)是等悉捨滅諸戲論言語道斷。深入佛法心通無礙不動不退。名無生忍。是助佛道初門以是故說已得等忍

問曰。若心牢固如金剛即是不動。今何以更說不動心。

問うて曰く、若し心は、牢固なること金剛の如くなれば、即ち是れ不動なり。今、何を以ってか、更に不動心を説く。

 問い、

   若し、

     『心』が、

       『金剛』のように、

       『牢固』ならば、

     是れは、

       『不動』である。

   今は、

     何故、

     更に、

       『不動心』を説く!のか?

答曰。或時雖復牢固心猶有搆ク。如樹雖牢固猶可動搖。動有二種。一者外因緣動如先說。二者內因緣動。諸邪見疑等。若常憶念一切智慧佛道。我當得是果報故心不動。

答えて曰く、或いは時に、復た牢固なりと雖も、心は猶お増減有ること、樹の牢固なりと雖も、猶お動揺すべきが如し。動くには二種有り、一には、外の因縁にて動く、先に説けるが如し。二には、内の因縁にて動く、諸の邪見、疑等なり。若し常に一切の智慧、仏道を憶念せば、我れは、当に是の果報を得べきが故に、心は動ぜず。

 答え、

   或いは、

   時に、

     『牢固』であった!としても、

     『心』には、

     猶お、

       『増、減』が有る!からである。

   譬えば、

   『樹』が、

     『牢固』であっても、

     猶お、

       『動揺』する!のと同じである。

   『動く!』には、

     『二種』有り、

     一には、

       『外』の、

         『因縁』で、

         『動く!』こと、

       先に、

         『説いた!』とおりである。

     二には、

       『内』の、

         『因縁』で、

         『動く!』こと、

       諸の、

         『邪見』、

         『疑』等である。

   若し、

     常に、

     一切の、

       『智慧』と、

       『仏道』を、

         『念ずる!』ならば、

     わたしは、

     当然、

     是の、

       『果報』を、

       『得る!』はずなので、

     故に、

       『心』が、

       『動く!』ことはない。

復次菩薩應種種因緣利益眾生。飲食乃至佛樂以利眾生。常不捨眾生欲令離苦。是名安樂心。亦不念有是心。

復た次ぎに、菩薩は、応に種種の因縁にて、衆生を利益すべし。飲食乃至仏の楽を以って、衆生を利し、常に衆生を捨てずして、苦を離れしめんと欲する、是れを安楽心と名づけ、亦た是の心有ることも念ぜず。

 復た次ぎに、

   『菩薩』は、

   当然、

   種種の、

     『因縁』を以って、

       『衆生』を、

       『利益』すべきである。

   謂わゆる、

     『飲食』、

     乃至、

       『仏道の楽(涅槃)』を以って、

         『衆生』を、

         『利益』し、

       常に、

         『衆生』を、

         捨てずに、

           『苦』を、

           『離れさせる!』ならば、

     是れを、

       『安楽心』というのであるが、

       亦た、

       是の、

         『心』が、

           『有る!』とも、

           『念じない!』のである。

復次菩薩樂法名為上首。法者不破壞諸法相。不破壞諸法相者。無法可著無法可受故。所謂不可得。是不可得空即是涅槃。常信受忍是名為欲法喜法。常行三解脫門名為樂法。

復た次ぎに、菩薩の法を楽しむを、名づけて上首と為す。法とは、諸法の相を破壊せざるなり。諸法の相を破壊せずとは、法の著すべき無く、法の受くるべき無きが故に、謂わゆる不可得なり。是の不可得空は、即ち是れ涅槃なり。常に信受して忍ぶ、是れを名づけて、法を欲し、法を喜ぶと為す。常に三解脱門を行ずるを名づけて、法を楽しむと為す。

 復た次ぎに、

   『菩薩』は、

     『法』を、

     『楽しむ!』ならば、

     是れを、

       『上首』という。

   『法』とは、

     『諸法』の、

       『相』を、

       『破壊』しない!ことである。

   『諸法』の、

     『相』を、

     『破壊』しない!とは、

       『著する!』ような、

         『法』は、

         『無い!』からであり、

       『受ける!』ような、

         『法』は、

         『無い!』からである。

     謂わゆる、

       『法』は、

         『不可得』であり、

       是れが、

         『不可得』であり、

         『空』であるが故に、

         是れは、

           『涅槃』なのである。

   常に、

     『信受』して、

     『忍ぶ!』ことを、

       『法』を、

         『欲する!』、

         『喜ぶ!』といい、

   常に、

     『三解脱門』を、

       『行ずる!』ことを、

         『法』を、

         『楽しむ!』という。

復次菩薩住是十八空中。不隨十八意行故不起罪業。住四念處乃至十八不共法。滅諸煩惱集諸善法。故能為上首。

復た次ぎに、菩薩は、是の十八の空中に住して、十八の意行に随わざるが故に、罪業を起さず、四念処、乃至十八不共法に住して、諸の煩悩を滅し、諸の善法を集むるが故に、能く上首為り。

 復た次ぎに、

   『菩薩』は、

   是の、

     『十八』の、

       『空』中に、

       『住する!』が故に、

     『十八』の、

       『意行』に、

       『随わない!』のであり、

     故に、

       『罪業』を、

       『起す!』ことがない。

   又、

     『四念処』、

     乃至、

       『十八不共法』に住する!が故に、

       諸の、

         『煩悩』を滅して、

       諸の、

         『善法』を集める!ので、

     故に、

       『上首』と為る!ことができるのである。

復次菩薩入金剛三昧。等心受快樂。厭於世樂搨キ善根。智慧方便故於大聖眾而為上首。若能為大者作上首。何況小者。是故名為摩訶薩

復た次ぎに、菩薩は、金剛三昧に入りて、等心に快楽を受け、世楽を厭うて、善根、智慧、方便を増長するが故に、大聖衆に於いて、上首為り。若し能く大者の為に上首と作らば、何に況んや、小者をや。是の故に名づけて、摩訶薩と為すなり。

 復た次ぎに、

   『菩薩』は、

     『金剛三昧』に入って、

     『等心』に、

       『快楽』を受け、

       『世間』の、

         『楽』を、

         『厭う!』が故に、

       『善根』と、

       『智慧』と、

       『方便』とを、

         『増長』する!

     故に、

       『大聖』の、

         『衆』中に、

         『上首』と作る!のである。

     若し、

       『大者』の中に、

         『上首』と、

         『作る!』ことができれば、

     況して、

       『小者』の中に、

         『上首』と、

         『作る!』のは言うまでもない。

     是の故に、

       『摩訶薩』というのである。

  

 

 

 

 

 

大智度論、釈断見品第十四

大智度論釋斷見品第十四

大智度論、釈断見品第十四

 舍利弗、及び須菩提は、菩薩を摩訶薩と為す所以を説いて、断見の故に、阿耨多羅三藐三菩提心の為の故に摩訶薩と為すことを示す。

 

摩訶薩:断見の故に

【經】爾時慧命舍利弗白佛言。世尊。我亦欲說所以為摩訶薩。佛告舍利弗。便說。

爾の時、慧命舎利弗の仏に白して言さく、『世尊、我れも、亦た摩訶薩と為す所以(ゆえ)を説かんと欲す。』と。仏の舎利弗に告げたまわく、『便ち説け。』と。

 爾の時、

   『慧命舍利弗』は、

     『仏』に白して、こう言った、――

     世尊!

       わたくしも、

       亦た、

         『摩訶薩』といわれる、

           『所以(ゆえ、)』を、

           『説こう!』と思います、と。

   『仏』は、

     『舍利弗』に、こう告げられた、――

       よろしい!

       説いてみよ!と。

 

  便(べん):すなわち。たやすく。差し支えのなきことを示すことば。

舍利弗言。我見眾生見壽見命見生見養育見眾數見人見作見使作見起見使起見受見使受見知者見見者見斷見常見有見無見陰見入見界見諦見因緣見四念處見乃至十八不共法見佛道見成就眾生見淨佛世界見佛見轉法輪見。為斷如是諸見故而為說法。是名摩訶薩。

舎利弗の言わく、『我見、衆生見、寿見、命見、生見、養育見、衆数見、人見、作見、使作見、起見、使起見、受見、使受見、知者見、見者見、断見、常見、有見、無見、陰見、入見、界見、諦見、因縁見、四念処見、乃至十八不共法見、仏道見、成就衆生見、浄仏世界見、仏見、転法輪見、是の如き諸見を断ぜんが為の故に、而も為に法を説く、是れを摩訶薩と名づく。』と。

   『舍利弗』は、

     こう言った、――

       『我見』、『衆生見』、

       『寿見』、『命見』、

       『生見』、『養育見』、

       『衆数見』、『人見』、

       『作見』、『使作見』、

       『起見』、『使起見』、

       『受見』、『使受見』、

       『知者見』、『見者見』、

       『断見』、『常見』、

       『有見』、『無見』、

       『陰見』、『入見』、『界見』、

       『諦見』、『因縁見』、

       『四念処見』、乃至『十八不共法見』、

       『仏道見』、『成就衆生見』、『浄仏世界見』、

       『仏見』、『転法輪見』、

       是のような、

       諸の、

         『見』を、

         『断ずる!』為の故に、

       而も、

       其の、

         『法()』を、

         『説く!』ならば、

       是れを、

         『摩訶薩』といいます、と。

 

  (い):ために。その。其。

須菩提語舍利弗言。何因緣故。色見是妄見。何因緣故受想行識乃至轉法輪見。是名妄見。

須菩提の舎利弗に語りて言わく、『何なる因縁の故にか、色見は是れ妄見なる。何なる因縁の故にか、受想行識、乃至転法輪見は、是れを妄見と名づくる。』と。

   『須菩提』が、

     『舍利弗』に語って、こう言った、――

     何の、

       『因縁』の故に、

         『色見』は、

         是れが、

           『妄見』なのですか?

     何の、

       『因縁』の故に、

         『受想行識見』、

         乃至、

           『転法輪見』は、

         是れが、

           『妄見』なのですか?と。

舍利弗語須菩提。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。無方便故於色生見。用有所得故。於受想行識乃至轉法輪生見。用有所得故。是中菩薩摩訶薩行般若波羅蜜。以方便力斷諸見故而為說法。用無所得故

舎利弗の須菩提に語らく、『菩薩摩訶薩は、般若波羅蜜を行ずる時、方便の無きが故に、色に於いて見を生ず。所得有りを用いるが故なり。受想行識、乃至転法輪に見を生ずるは、所得有りを用いるが故なり。是の中に、菩薩摩訶薩は般若波羅蜜を行じて、方便力を以って、諸見を断ずるが故に、而も為に法を説く、所得無きを用いるが故なり。

   『舍利弗』は、

     『須菩提』に、こう語った、――

     『菩薩摩訶薩』は

       『般若波羅蜜』を行ずる!時、

         『方便』が、

         『無い!』が故に、

           『色』に、

             『見』を、

             『生ずる!』が、

           何故ならば、

           『色』に、

             『所得』が、

             『有る!』と思うからである。

           『受想行識』、乃至、

           『転法輪』に、

             『見』を、

             『生ずる!』が、

           『受想行識』に、

             『所得』が、

             『有る!』と思うからである。

     是の中に、

     『菩薩摩訶薩』が、

       『般若波羅蜜』を行ずる!時、

         『方便力』を以っての故に、

         諸の、

           『見』を、

           『断ずる!』が、

         而も、

         其の、

           『法()』を、

           『説く!』のは、

         其の、

           『法』には、

             『所得』が、

             『無い!』と思うからである。

 

  (ゆう):もって。もちいる。以。なす。おもう。為。

  方便(ほうべん):衆生済度を目的とする六波羅蜜の実践、乃至種種の説法を云う。無方便は、衆生済度を目的とせずして、徒に色等の法を説いて、戯論に堕することの意。『大智度論41()注:方便』参照。

【論】問曰。佛將五百大阿羅漢。至阿那婆達多龍王池。受遠離樂。欲說自身及弟子本業因緣。而舍利弗不在。佛令目連命之。時目連以神通力到祇洹。

問うて曰く、仏は、五百の大阿羅漢を将いて、阿那婆達多龍王の池に至り、遠離の楽を受けて、自身、及び弟子の本業の因縁を説かんと欲したもうに、而も舎利弗は在らず。仏は、目連をして、之に命ぜしめたまえり。時に、目連は、神通力を以って、祇洹に到れり。

 問い、

   『仏』は、

     『阿那婆達多龍王の池』で、

       『遠離の楽』を受けながら、

       『自身』、

       及び、

         『弟子』の、

         『本業の因縁』を説こう!とされたが、

       而し、

         『舍利弗』が、

         『不在』であった!ので、

       『仏』は、

         『目連』を遣して、

         『舍利弗』に命じられた!

       その時、

       『目連』は、

         『神通力』を以って、

         『祇洹(祇園)』に到った!のである。

時舍利弗縫衣語目連言。小住待縫衣訖當去。目連催促疾去。時目連以手摩衣衣即成竟。

時に、舎利弗は、衣を縫いながら、目連に語りて言わく、『小しく住まれ。衣を縫い訖(おわ)るを待ちて、当に去るべし。』と。目連催促す、『疾く去れ。』と。時に、目連は、手を以って、衣を摩(な)づるに、衣は即ち成じ竟れり。

       その時、

       『舍利弗』は、

         『衣』を縫いながら、

         『目連』に語って、こう言った、――

         しばらく、

           ここにおれ!

           『衣』を縫ってしまったら、

           『行く!』ことにしよう、と。

       『目連』は、

         こう催促した、――

         はやく、

           『行こう!』と。

       その時、

       『目連』が、

         『手』で、

           『衣』をなでる!と、

         『衣』は、

         見るまに、

           『縫い』あがった!

舍利弗見目連貴其神通。即以腰帶擲地語言。汝舉此帶去。目連以兩手舉此帶不能離地。即入諸深定舉之。地為大動帶猶著地。

舎利弗は、目連の其の神通を貴ぶを見て、即ち腰の帯を以って、地に擲(なげう)ち、語りて言わく、『汝、此の帯を挙(と)りて去れ。』と。目連は、両手を以って、此の帯を挙げんとするも、地を離すこと能わざれば、即ち諸の深定に入りて、之を挙げんとするに、地は為に大いに動くも、帯は猶お地に著(つ)きてあり。

       『舍利弗』は、

         『目連』が、

         其の、

           『神通』を、

           『貴んでいる!』のを見て、

         『腰』の、

           『帯』を、

             『地』に、

             『投げうつ!』と、

         語って、こう言った、――

         お前は、

         此の、

           『帯』を、

             『持ちあげ』て、

             『行け!』と。

       『目連』は、

         『両手』で、

           『持ちあげた!』が、

         此の、

           『帯』を、

             『地』より、

             『離す!』ことができない。

         そこで、

         深く、

           『禅定』に入って、

           之を、

             『持ちあげる!』と、

             『地』は、

             大いに、

               『動いた!』が、

             『帯』は、

             猶お、

               『地』に、

               『著いた!』ままであった。

時憍陳如問佛。以何因緣故地大震動。佛言。目連入甚深禪定作大神力。欲舉舍利弗帶而不能舉。

時に、憍陳如の仏に問わく、『何なる因縁を以っての故にか、地は大いに振動する。』と。仏の言わく、『目連は、甚だ深き禅定に入りて、大神力と作し、舎利弗の帯を挙げんと欲するも、挙ぐる能わざるなり。』と。

       その時、

       『憍陳如』は、

         『仏』に、こう問うた、――

         何の、

           『因縁』の故に、

           『地』が、

           大いに、

             『振動』する!のですか?と。

       『仏』は、

         こう言われた、――

         『目連』が、

         甚だ深い、

           『禅定』に入って、

           『大神力』を作し、

             『舍利弗』の、

             『帯』を、

               『持ちあげよう!』としたが、

               『持ちあげられない!』のだ、と。

佛告諸比丘。舍利弗所入出禪定。目連乃至不識其名。佛所入禪定。舍利弗乃至不識其名。如舍利弗智慧與佛懸殊。何以言我亦樂說。

仏の諸比丘に告げたまわく、『舎利弗の入出する所の禅定は、目連すら、乃至其の名を識らざるなり。仏の入る所の禅定は、舎利弗すら、乃至其の名を識らざるなり。』と。舎利弗の智慧の、仏と懸殊するが如し。何を以ってか、『我れも、亦た楽しんで説かん。』と言い。

       『仏』は、

       諸の、

         『比丘』に、こう告げられた、――

         『舍利弗』の、

         入、出する!所の、

           『禅定』を、

           『目連』は、

           其の、

             『名』すら

             『識る!』ことがなく、

         『仏』の、

         入、出する!所の、

           『禅定』を、

           『舍利弗』は、

           其の、

             『名』すら、

             『識る!』ことがない、と。

   是のように、

     『舍利弗』の、

       『智慧』は、

         『仏』と、

         『懸け離れた!』ものでしかない。

   何故、

     こう言ったのか?――

     わたしも、

     亦た、

       『説く!』ことを、

       『楽しもう!』と。

 

  懸殊(けんしゅ):はるかに違う。非常な差がある。

答曰。舍利弗非欲於大眾中顯其智慧高心故說。舍利弗逐佛轉法輪人。廣益眾生。是摩訶薩義所益甚廣。是故佛說已。舍利弗次說。

答えて曰く、舎利弗は、大衆の中に於いて、其の智慧を顕わし、心を高ぶらせんと欲するが故に説くに非ず。舎利弗は、仏を逐うて、法輪を転ずる人なれば、広く衆生を益す。是の摩訶薩の義は、益する所甚だ広し。是の故に、仏の説き已りたもうに、舎利弗は次いで説けり。

 答え、

   『舍利弗』は、

     『大衆』の中に於いて、

     其の、

       『智慧』を顕わそう!として、

       『心』を高ぶらせた!が故に、

     『説いた!』のではない。

   『舍利弗』は、

     『仏』の、

     後を逐うて、

       『法輪』を、

       『転ずる!』人である。

     広く、

       『衆生』を、

       『益する!』のに、

     是の、

     『摩訶薩の義』は、

       『益する!』所が、

       『甚だ広い!』ので、

     是の故に、

       『仏』が説きおわる!と、

       『舍利弗』が次に説いた!のである。

復次多人信樂舍利弗語。所以者何。以宿世因緣故。多發菩薩心。佛以大慈悲心故。吾我心及習根本已拔。又法愛已斷故。如是種種因緣故聽。

復た次ぎに、多くの人は、舎利弗の語を信楽すればなり。所以は何んとなれば、宿世の因縁を以っての故に、多く菩薩心を発せば、仏は、大慈悲心を以っての故に、吾我心、及び習の根本を已に抜き、又法愛を已に断ずるが故に、是の如き種種の因縁の故に聴けり。

 復た次ぎに、

   『舍利弗』の、

     『語(ことば)』を、

       『信楽』する!人が、

       『多い!』からである。

   何故ならば、

   『舍利弗』は、

     『宿世の因縁』の故に、

     多く、

       『菩薩心』を発しており、

   『仏』は、

     『大慈悲心』を以っての故に、

     『舍利弗』の、

       『吾我心』、

       及び、

         『習』の、

         『根本』を抜かれ、

     『舍利弗』は、

     其の上、

       『法愛』も、

       已に、

         『断じている!』ので、

     是のような、

     種種の、

       『因縁』の故に、

       『衆生』は、

         『舍利弗の語』を、

         『受け入れる!』のである。

 

  信楽(しんぎょう):しんじたのしむ。信順し愛楽すること。

  (う):また。さらに。其の上。更。

  (ちょう):きく。ききいれる。うけいれる。受。

舍利弗言。我見及知者見者。佛見菩薩見諸眾生見等。及有無斷常等邪見。五眾乃至諸佛法轉法輪等諸法見。是菩薩能斷是三種見。故當於大眾中說法。

舎利弗の言わく、『我見、及び知者見者、仏見、菩薩見、諸の衆生見等、及び有無、断常等の邪見、五衆、乃至諸仏の法、転法輪等の諸の法見、是の菩薩は、能く是の三種の見を断ずるが故に、当に、大衆の中に於いて、説法すべし。』と。

   『舍利弗』は、

     こう言った!、――

     『我見』、及び『知者』、『見者』、『仏見』、『菩薩見』等は、

     諸の、

       『衆生見』である。

     及び、

     『有、無』、『断、常』等は、

       『邪見』である。

     『五衆』、乃至『諸仏の法』、『転法輪』等は、

     諸の、

       『法見』である。

     是の、

       『菩薩』は、

       是の、

         『三種』の、

           『見』を、

           『断ずる!』者であるが故に、

       当然、

         『大衆』の中で、

           『法』を、

           『説く!』べきである、と。

是三種見無始世界來習著入於骨髓。須菩提作是念。佛說五眾等乃至諸佛法是菩薩行。何以為斷諸見故說法。作是念已問舍利弗。

是の三種の見は、無始の世間より来、習い著して、骨髄に入ればなり。須菩提の、是の念を作さく、『仏の説きたまえる五衆等、乃至諸仏の法は、是れ菩薩の行なり。何を以ってか、諸見を断ぜんが為の故に、法を説く。』と。是の念を作し已りて、舍利弗に問えり。

   是の、

     『三種』の、

     『見(衆生見、邪見、法見)』は、

       『無始の世界』以来、

         『習い!』、

         『著し!』て、

           『骨髄』に、

           『入った!』ものであるが故に、

   『須菩提』は、

     是の念を作した、――

     『仏』は、

       『五衆』等、

       乃至、

         『諸仏の法』は、

         是れは、

           『菩薩の行』である!と説かれた。

     何故、

     諸の、

       『見』を、

       『断ずる!』為の故に、

         『法』を、

         『説く!』のだろう?と。

     是の念を作して、

       『舍利弗』に、

         『問うた!』のである。

舍利弗答。無方便菩薩欲行般若波羅蜜。觀色求定相。取色一切相生色見。與此相違名為有方便。是菩薩雖觀色不生妄見。而能斷諸見

舍利弗の答うらく、『方便無き菩薩は、般若波羅蜜を行ぜんと欲して、色を観じて、定相を求め、色に一切の相を取りて、色見を生ず。此れと相違するを名づけて、方便有りと名づく。是の菩薩は、色を観ずと雖も、妄見を生ぜずして、能く諸見を断ず。』と。

   『舍利弗』は、

     こう答えた、――

     『菩薩』は、

       『方便(衆生済度の目的)』が、

         『無い!』のに、

       『般若波羅蜜(空及び六波羅蜜)』を、

         『行じよう!』とすれば、

         『色』を観て、

           『定相』を、

           『求める!』ので、

         『色』に、

         一切の、

           『相(空相を含む)』を取って、

             『色見(空観を含む)』を、

             『生ずる!』ものである。

     此れと、

       相違する!のを、

       『方便』が、

         『有る!』、

         『菩薩』といい、

       是の、

       『菩薩』は、

         『色』を観ても、

           『妄見』を、

           『生ずる!』ことがなく、

         而も、

         諸の、

           『見』を、

           『断ずる!』のである、と。

  

 

 

 

 

摩訶薩:阿耨多羅三藐三菩提心の故に

【經】爾時須菩提白佛言。世尊。我亦欲說所以為摩訶薩。佛言。便說。

爾の時、須菩提の仏に白して言さく、『世尊、我れも亦た摩訶薩と為す所以を説かんと欲す。』と。仏の言わく、『便ち説け。』と。

 爾の時、

   『須菩提』は、

     『仏』に白して、こう言った、――

     世尊!

       わたくしも、

       亦た、

         『摩訶薩』といわれる!

           『所以』を、

           『説こう!』と思います、と。

   『仏』は、

     こう言われた、――

       よろしい!

       説いてみよ!と。

須菩提言。世尊。是阿耨多羅三藐三菩提心無等等心。不共聲聞辟支佛心。何以故。是一切智心無漏不繫故。是一切智心無漏不繫中亦不著。以是因緣故名摩訶薩。

須菩提の言さく、『世尊、是の阿耨多羅三藐三菩提心、無等等心は、声聞、辟支仏と共にせざる心なり。何を以っての故に、是の一切智の心は無漏にして、不繋なるが故なり。是の一切智の心は、無漏、不繋の中にも、亦た著せず。是の因縁を以っての故に、摩訶薩と名づくるなり。』と。

   『須菩提』は、

     こう言った、――

     世尊!

     是の、

       『阿耨多羅三藐三菩提心』、

       『無等等心』は、

         『声聞、辟支仏』と、

           『共にする!』ことのない、

           『心』です。

     何故ならば、

     是の、

       『一切智(慈悲心を含む仏心)』の、

       『心』は、

         『無漏、不繋(大乗涅槃)』である!が故に、

     是の、

       『一切智』の、

       『心』は、

         『無漏、不繋(小乗涅槃)』中にも、

         亦た、

           『著さない!』からであり、、

     是の、

       『因縁』を以っての故に、

       『摩訶薩』というのです。

 

  阿耨多羅三藐三菩提心(あのくたらさんみゃくさんぼだいしん):阿耨多羅三藐三菩提を成ぜんと発する心。又菩提心と称す。『大智度論巻45()注:菩提心』参照。

  無等等心(むとうとうしん):無等に等しき心、即ち如来に等しき心の意。又菩提心の義。即ち「大智度論巻41」には、「問うて曰わく、菩提心、無等等心、大心に何の差別かある。答えて曰く、菩薩の初発心に、無上道を縁ずらく、我れは当に仏と作るべしと。是れを菩提心と名づく。無等を名づけて仏と為す。所以は何となれば、一切の衆生、一切の法の与に等しき者なければなり。是の菩提心は、仏と相似す。所以は何となれば、因は果に似たるが故なり。是れを無等等心と名づく。是の心は事として行ぜざるなく、恩恵を求めず深固に決定す。復た次ぎに檀尸波羅蜜は是れを菩提心と名づく。所以は何となれば、檀波羅蜜の因縁の故に大富を得て乏少する所なく、尸羅波羅蜜の故に三悪道を出でて人天中の尊貴に住し、二波羅蜜の果報の力の故に安立して能く大事を成ずれば、是れを菩提心と名づく。羼提、毘梨耶波羅蜜の相は衆生中に於いて奇特の事を現ず。謂わゆる人来たりて肉を割き髄を出すこと樹木を截るが如きにも怨家を慈念し血は化して乳と為る。是の心は似ること仏心の如くして、十方の六道中に於いて一一の衆生を皆深心を以って済度す。又諸法の畢竟空なるを知るも、大悲を以って能く諸行を行ず。是れを奇特と為すこと、譬えば人の空中に樹を種えんと欲して是れを希有と為すが如し。是の如き等の精進波羅蜜の力勢は無等と相似すれば是れを無等等と名づく。禅定に入りて、四無量心を行じ、十方に遍満して、大悲の方便と合し、故に一切衆生の苦を抜く。又諸法の実相もて一切の観を滅して諸の語言を断じ、而も断滅中に堕せざる、是れを大心と名づく。復た次ぎに初発心を菩提心と名づけ、六波羅蜜を行ずるを無等等心と名づけ、方便心中に入る、是れを大心と名づく。是の如き等の各に差別あり。」と云えり。『大智度論巻41()、巻45()注:菩提心』参照。

  菩提心(ぼだいしん):梵語bodhi−cittaの訳。無上菩提を求むる心の意。具に阿耨多羅三藐三菩提心と云い、又無上菩提心、無上道心、無上道意と称し、略して道心、道意、或いは覚意とも訳す。即ち無上菩提を成ぜんことを要期する心を云う。「旧華厳経巻59」に、「菩提心は則ち一切諸仏の種子たり、能く一切諸仏の法を生ずるが故なり。菩提心は則ち良田たり、衆生の白浄の法を長養するが故なり。菩提心は則ち大地たり、能く一切の諸の世間を持するが故なり。菩提心は浄水たり、一切の煩悩の垢を洗濯するが故なり」と云い、「菩薩地持経巻1種性品」に、「菩薩種性あり、菩提心を発して勤行精進せば、則ち能く疾く阿耨多羅三藐三菩提を成ぜん」と云える是れなり。是れ菩提心は一切諸仏の種子、浄法長養の良田にして此の心を発起して勤行精進せば、速かに無上菩提を成じ得べきことを説けるものなり。蓋し菩提心は大乗菩薩の必ず最初に発起すべき大心にして、之を起すを発菩提心と名づけ、略して発心又は発意と云い、其の初発を初発心、或いは新発意と称し、菩提の根本として最も尊重する所なり。「大智度論巻41」に、「菩薩初めて発心し、無上道を縁じて我れ当に作仏すべしと。是れを菩提心と名づく」と云い、「菩薩地持経巻1発菩提心品」に、「菩薩の初発心は是れ一切正願の始なり、悉く能く一切の正願を摂受す。是の故に初の正願を自性願と為す。菩薩は発心して是の言を作さく、我れ当に無上菩提を求め、一切衆生を安立して無余涅槃及び如来の大智を究竟せしむべしと。是の如く発心して菩提の道を求む。(中略)初発心の菩薩を名づけて度と為す、大乗菩提の諸菩薩の数なり、是の故に初発心は度の所摂なり。是の心を発し已りて漸に阿耨多羅三藐三菩提を得、是の故に初発心は是れ菩提の根本なり。是の心を発し已りて諸の衆生の無量の苦を受くるを見、而も悲心を起して之を度脱せんと発す、是の故に初発心は是れ大悲の所依なり。初発心に依りて菩薩の菩提分法を建立し、及び衆生の所作、菩薩の所学悉く能く修習す、是の故に初発心は是れ菩薩学の所依なり。是の如く初発心は名づけて摂と為し、名づけて根本と為し、名づけて依と為す」と云えり。是れ菩提心は一切正願の始め、菩提の根本、大悲及び菩薩学の所依なるが故に、大乗の菩薩は必ず先づ此の心を発起せざるべからざることを明にせるなり。又「菩薩地持経」の連文に菩提心を発すに四種の縁あることを説き、一に諸仏菩薩の不可思議神通変化を見聞し、之を増上縁として仏の大智を楽いて発心し、二に神変を見聞せざるも菩提及び菩薩蔵を説くを聞き、之を増上縁として仏の大智を楽いて発心し、三に聞法せざるも自ら法蔵の相を見、正法護持の為に仏の大智を楽いて発心し、四に法滅の相を見ざるも、濁世の衆生が煩悩の為に悩乱せられ発心得難きを見て即ち菩提心を発すと云い、又「発菩提心経論巻上発心品」に別種の四縁を明し、「一には諸仏を思惟して菩提心を発し、二には身の過患を観て菩提心を発し、三には衆生を慈愍して菩提心を発し、四には最勝の果を求めて菩提心を発す」と云い、又「大乗義章巻9発菩提心義」には、相発心、息相発心、真発心の三種の別を説き、生死の過と涅槃の利を見、相に随って厭求するを相発心とし、生死の性寂滅にして涅槃と別なく、相の厭求すべきものなしと知り、離相平等の心始めて起るを息相発心とし、菩提の性は是れ己の体にして、菩提即心、心即菩提なりと知り、彼の異求を捨てて心の自実に帰するを真発心となすと云い、「摩訶止観巻1上」には推理発心の説を挙げ、蔵教の菩薩は生滅、通教の菩薩は無生、別教の菩薩は無量、円教の菩薩は無作の四諦の理を推して各発心すと云い、元暁の「両巻無量寿経宗要」には四弘誓願を以って菩提心となし、之に随事発心順理発心の二種あることを説き、煩悩は無数なるも悉く之を断ぜんと願じ、善法は無量なるも悉く之を修せんと願じ、衆生は無辺なるも悉く之を度せんと願じ、此の三事に於いて決定して期願するを随事発心とし、諸法は幻夢の如く有に非ず無に非ず、言を離れ慮を絶すと信解し、煩悩及び善法あるを見ずと雖も可断可修を撥無せず、故に悉断悉修を願ずるも而も無願三昧に違せず。無量の有情を度せんと願ずるも而も能度所度を存せず、能く空無相に順ずるを順理の発心となすと云い、源信の「往生要集巻上末」にも亦た同説を出せり。是れ皆衆生の機に多種の別あるが故に発心にも亦た種種の縁あることを説けるものなり。又「大智度論巻41」に発菩提心を菩提心と名づけ、六波羅蜜を行ずるを無等等心と名づけ、方便心中に入るを大心と名づくると云い、「同巻53」に仏の菩提に発心菩提、伏心菩提、明心菩提、出到菩提、無上菩提の五種の別ありとし、「大乗起信論」に信成就発心、解行発心、証発心の三種の発心を説き、「維摩経文疏巻7」に名字の発菩提心、相似の発菩提心、分証真実の発菩提心を分別し、「菩提心論」に行願、勝義、三摩地の三種の菩提心ありとし、又「大日経巻1住心品」並びに「守護国界主陀羅尼経巻1」に因根究竟の三句を説き、菩提心を因、大悲を根、方便を究竟となし、「大日経疏巻14」に阿字五転の説をなせる如き、皆初発心より無上菩提に至るまでの菩提心の過程に浅深あることを明せるものというべし。又菩提心の体性に関し、「大乗義章巻9発菩提心義」に、菩提の性は是れ己の体なりと知り、心の自実に帰するを真発心と名づくと云い、如来蔵性を以って此の心の体とし、「大日経巻1住心品」には、「何をか菩提と云う、謂わく実の如く自心を知るなり」と云い、「同経疏巻14」に、「阿字は是れ菩提心なり」と云い、本有の自性清浄心を以って菩提心となせり。蓋し菩提心は菩提を求むるの心にして、即ち無上菩提の正因なるが故に、之を究むれば本有の自性となさざるべからず。「菩薩地持経巻1種性品」に、「菩薩は種性に依りて必定して阿耨多羅三藐三菩提に堪任す。(中略)若し菩薩種性なくんば、一切の諸の方便行ありと雖も終に無上菩提を成ずることを得じ」と云い、「究竟一乗宝性論巻4身転清浄成菩提品」に、「実体とは向に説く、如来蔵は煩悩蔵の所纏を離れず、諸の煩悩を遠離するを以って転じて身清浄なることを得。是れを名づけて実体となす」と云えるは、共に即ち其の意を明にせるものというべし。又菩提心は作仏を願ずる心なるが故に、一切の菩薩は悉く之を発起するを要し、随って浄土往生を求むる者も亦た此の心を発すべしとなし、「無量寿経巻下」に三輩往生の人は皆無浄菩提心を発すべきことを説けり。之に依りて曇鸞を始め、支那の諸家並びに本邦源信等も皆菩提心を以って浄土往生の正因となせりと雖も、源空の「選択本願念仏集」には廃立の意により、菩提心を余行として廃捨し、又証空の「観経玄義要義釈観門義鈔巻1」には、菩提心に行門と観門の別あり、行門の菩提心は之を廃捨するも、観門の菩提心は即ち三心なれば之を往生の正因となすと云い、親鸞の「顕浄土真実信文類」には、権実顕密大小所説の歴劫迂廻の菩提心及び自力の金剛心等を総じて自力の菩提心とし、願力回向の信楽即ち願作仏心を横超の大菩提心なりとし、良忠の「観経定分義伝通記巻3」には、浄土門の菩提心と聖道門の菩提心との別を立て、浄土門の菩提心は願を此の土に発して行を彼の土に修し、聖道門の菩提心は此の土に於いて願行具足すとなし、又「同玄義分伝通記巻1」には、更に菩提心を総安心、三心を別安心と名づけ、聖冏の「釈浄土二蔵義巻11」には、厭欣心と菩提心とを併せて総安心となせり。又「大品般若経巻9」、「旧華厳経巻9」、「優婆塞戒経巻1」、「金剛頂蓮華部心念誦儀軌」、「十住毘婆沙論巻3、4」、「受菩提心戒儀」、「大乗義章巻14」、「摩訶止観巻1下」、「安楽集巻上」、「観経疏序分義」、「大日経疏巻1」、「三摩耶戒序」、「摧邪輪巻上、中」等に出づ。<(望)

  阿耨多羅三藐三菩提(あのくたらさんみゃくさんぼだい):梵語anuttara−saMyak−saMbodhi、略して阿耨三菩提、又は無上菩提と云う。無上正遍知、無答正遍知、無上正等正覚、又は無上正等覚と訳す。仏無上の覚智を云う。「大智度論巻2」に、「阿耨多羅は秦に訳して無上と云う。涅槃法は無上なり、仏自ら是の涅槃を知り、他より聞かざるのみならず、亦た衆生を将導して涅槃に至らしむ。諸法の中に涅槃無上なるが如く、衆生中に仏亦た無上なり。故に無上と言う。復た次ぎに阿は無と名づけ、耨多羅は答と名づく。一切外道の法は非実非清浄の故に、答う可く、破す可し。而も仏法は答うべからず、破すべからず。一切語言の道を出で、亦た実清浄なるが故に是を以って無答と名づく」と云い、又「注維摩詰経巻2」に僧肇の説を載せて、「阿耨多羅は秦に無上と言い、三藐三菩提は秦は正遍知と云う。道之より上なるはなし、故に無上なり、其の道真正にして、法として知らざるはなし、故に正遍知なり」と云える是れなり。<(望)是れ即ち仏の一切智の無上なるを云うが如し。蓋し按ずるに是れに就き小乗と大乗との間に無視すべからざる相違あり、即ち「長阿含巻1大本経」には、「時に於いて菩薩復た自ら思惟すらく、何等の無なるが故に老死無く、何等の滅なるが故に老死滅すると。即ち智慧を以って所由を観察すらく、生無なるが故に老死無く、生滅するが故に老死滅す。有無なるが故に生無く、有滅するが故に生滅す。(中略)行無なるが故に識無く、行滅するが故に識滅す。癡無なるが故に行無く、癡滅するが故に行滅す。是れを癡滅するが故に行滅す、行滅するが故に識滅す、(中略)生滅するが故に老死、憂悲、苦悩滅すと。菩薩の思惟すらく、苦陰滅する時、智を生じ、眼を生じ、覚を生じ、明を生じ、通を生じ、慧を生じ、証を生ずと。爾の時、菩薩は逆順に十二因縁を観じて、如実に知り、如実に見已りて、即ち座上に於いて阿耨多羅三藐三菩提を成ず」と云い、「大品般若経巻1」には、「是の時世尊、三昧より安詳として起ち、天眼を以って世界を観視し、挙身に微笑し、足下の千輻輪相より六百万億の光明を放ち、(中略)白毫相肉髻各各六百万億の光明を放ち、是の諸光より大光明を出し、三千大千国土を遍照し、三千大千国土より、東方恒河沙等の如き諸仏国土を遍照す。南西北方四維上下亦復た是の如し。若し衆生有りて斯の光に遇う者は、必ず阿耨多羅三藐三菩提を得ん。光明は出でて東方の恒河沙等の如き諸仏国土を過ぐ。南西北方四維上下も亦復た是の如し。爾の時世尊の挙身毛孔は、皆亦た微笑して諸光を放ち、三千大千国土を遍照し、復た十方の恒河沙等の諸仏国土に至る。若し衆生有りて斯の光に遇う者は、必ず阿耨多羅三藐三菩提を得ん。(中略)爾の時、世尊は広長の舌相を出して、遍く三千大千国土を覆い、熙怡微妙し、其の舌根より無量千万億光を放ち、是の一一光化して千葉の金色宝花を成ず。是の諸花上に皆化仏有り、結跏趺坐して六波羅蜜を説く。衆生の聞く者は必ず阿耨多羅三藐三菩提を得ん」と云えり。就中、「大本経」には、十二因縁の理を如実に知り、如実に見已りて、即ち座上に於いて阿耨多羅三藐三菩提を成ずることを明し、「般若経」には、仏の智慧に感じて、六波羅蜜を聞く者の必ず阿耨多羅三藐三菩提を得ることを明す。是れ則ち小乗に於いては十二因縁を知ることにより、一個人の成ずる最高の智慧を阿耨多羅三藐三菩提と称することを示し、大乗に於いては法身の光、即ち天然自然の道理に感じて、六波羅蜜を行ずれば、当来の世に於いて一切の衆生、一切の諸法の空にして平等なることを知るに及びて、必ず阿耨多羅三藐三菩提を得んと説けるものにして、阿耨多羅三藐三菩提は単に一個人に内蔵する智慧を超過して、六波羅蜜を行ずるに由り、当来する理想的世界を享受する満足の境地を指すに至れりと為すものなり。此の事は必ずしも経中に明言せざる所なるも、義は方に是の如きを知るべし。

舍利弗語須菩提。何等為菩薩摩訶薩無等等心。不共聲聞辟支佛心。

舍利弗の須菩提に語らく、『何等をか、菩薩摩訶薩の無等等心、声聞、辟支仏と共にせざる心と為す。』と。

   『舍利弗』は、

     『須菩提』に、こう語った、――

     何を、

       『菩薩摩訶薩』の、

         『無等等心』といい、

       『声聞、辟支仏』と、

         『共にする!』ことのない、

         『心』というのか?

須菩提言。菩薩摩訶薩從初發意已來。不見法有生有滅有摎L減有垢有淨。舍利弗。若法無生無滅。乃至無垢無淨。是中無聲聞心無辟支佛心。無阿耨多羅三藐三菩提心無佛心。舍利弗。是名菩薩摩訶薩無等等心。不共聲聞辟支佛心。

須菩提の言わく、『菩薩摩訶薩は、初発意より已来、法に生有り、滅有り、増有り、減有り、垢有り、浄有るを見ず。舍利弗、若し法に生無く、滅無く、乃至垢無く、浄無ければ、是の中に声聞心無く、辟支仏心無く、阿耨多羅三藐三菩提心無く、仏心無し。舍利弗、是れを菩薩摩訶薩の無等等心と名づけ、声聞、辟支仏と共にせざる心なり』と。

   『須菩提』は、

     こう言った、――

       『菩薩摩訶薩』は、

         『初発心』より以来、

           『法』に、

             『生』が有る!とも、

             『滅』が有る!とも、

             『増』が有る!とも、

             『減』が有る!とも、

             『垢』が有る!とも、

             『浄』が有る!とも、

               『見ない!』のである。

       舍利弗!

         若し、

           『法』に、

             『生』が無く、

             『滅』が無く、

             乃至、

             『垢』が無く、

             『浄』も無ければ、

           是の中には、

             『声聞の心』も無く、

             『辟支仏の心』も無く、

             『阿耨多羅三藐三菩提の心』も無く、

             『仏の心』も無い!のである。

       舍利弗!

         是れを、

           『菩薩摩訶薩』の、

             『無等等心』といい、

           『声聞、辟支仏』と、

             『共にする!』ことのない、

             『心』というのである。

舍利弗語須菩提。如須菩提說。一切智心無漏心不繫心中不著。須菩提。色亦不著。受想行識亦不著。四念處亦不著。乃至十八不共法亦不著。何以故但說是心不著。

舍利弗の須菩提に語らく、『須菩提の、一切智心、無漏心、不繋心の中に著せずと説くが如くんば、須菩提、色にも亦た著せず、受想行識にも亦た著せず、四念処にも亦た著せず、乃至十八不共法にも亦た著せず。何を以っての故にか、但だ是の心にのみ著せざるを説く。』と。

   『舍利弗』は、

     『須菩提』に、こう語った、――

       須菩提の説く!ように、

         『一切智の心』、

         『無漏の心』、

         『不繋の心』の中に、

           『著さない!』ならば、

       須菩提!

         『色』にも、

         亦た、

           『著さない!』のであり、

         『受想行識』にも、

         亦た、

           『著さない!』のであり、

         『四念処』にも、

         亦た、

           『著さない!』のであり、

         乃至、

         『十八不共法』にも、

         亦た、

           『著さない!』のである。

       何故、

       但だ、

         是の、

           『心(一切智、無漏、不繋)』にのみ、

           『著さない!』と説くのか?

須菩提言。如是如是。舍利弗色亦不著。乃至十八不共法亦不著。

須菩提の言わく、『是の如し、是の如し、舍利弗、色にも亦た著せず、乃至十八不共法にも亦た著せざるなり。』と。

   『須菩提』は、

     こう言った、――

     そのとおり、そのとおり!

     舍利弗!

       『色』にも、

       亦た、

         『著さない!』のであり、

       乃至、

       『十八不共法』にも、

       亦た、

         『著さない!』のである。

舍利弗語須菩提。凡夫人心亦無漏不繫。性空故。諸聲聞辟支佛心諸佛心亦無漏不繫。性空故。須菩提言。如是舍利弗。

舍利弗の須菩提に語らく、『凡夫人の心も亦た無漏、不繋なり、性空なるが故に。声聞、辟支仏の心、諸仏の心も、亦た無漏、不繋なり、性空なるが故に。』と。須菩提の言わく、『是の如し、舍利弗。』と。

   『舍利弗』は、

     『須菩提』に、こう語った、――

       『凡夫人』の、

         『心』も、

         亦た、

           『無漏、不繋』である!

       何故ならば、

         『心』の、

           『性』は、

           『空』だからである。

       諸の、

         『声聞、辟支仏』や、

       諸の、

         『仏』の、

           『心』も、

           亦た、

             『無漏、不繋』である!

         何故ならば、

           『心』の、

             『性』は、

             『空』だからである、と。

   『須菩提』は、

     こう言った、――

       そのとおりだ!

       舍利弗!と。

舍利弗言。須菩提。若色亦無漏不繫。性空故。受想行識無漏不繫。性空故。乃至意觸因緣生受無漏不繫。性空故。須菩提言爾。

舍利弗の言わく、『須菩提、若しは色も亦た無漏、不繋なり、性空なるが故に。受想行識も無漏、不繋なり、性空なるが故に。乃至意触因縁生の受も無漏、不繋なり、性空なるが故に。』と。須菩提の言わく、『爾り。』と。

   『舍利弗』は、

     こう言った、――

     須菩提!

       若しは、

         『色』も、

         亦た、

           『無漏、不繋』である。

         何故ならば、

         『色』の、

           『性』は、

           『空』だからである。

         『受想行識』も、

         亦た、

           『無漏、不繋』である。

         何故ならば、

         『受想行識』の、

           『性』は、

           『空』だからである。

         乃至、

         『意触因縁生』の、

         『受』も、

         亦た、

           『無漏、不繋』である。

         何故ならば、

         『受』の、

           『性』は、

           『空』だからである、と。

   『須菩提』は、

     こう言った、――

       そのとおりだ!と。

舍利弗言。四念處亦無漏不繫。性空故。乃至十八不共法亦無漏不繫性空故。須菩提言爾。如舍利弗所言。凡夫人心亦無漏不繫。性空故。乃至十八不共法亦無漏不繫。性空故。

舍利弗の言わく、『四念処も亦た無漏、不繋なり、性空なるが故に。乃至十八不共法も亦た無漏、不繋なり、性空なるが故になるや。』と。須菩提の言わく、『爾り。舍利弗の言う所の如く、凡夫人の心も亦た無漏、不繋なり、性空なるが故に。乃至十八不共法も亦た無漏、不繋なり、性空なるが故になり。』と。

   『舍利弗』は、

     こう言った、――

       『四念処』も、

       亦た、

         『無漏、不繋』である。

       何故ならば、

       『四念処』の、

         『性』は、

         『空』だからである。

       乃至、

       『十八不共法』も、

       亦た、

         『無漏、不繋』である。

       何故ならば、

       『十八不共法』の、

         『性』は、

         『空』だからである、と。

   『須菩提』は、

     こう言った、――

       そのとおりだ!

       舍利弗の言う!とおり、

         『凡夫人の心』も、

         亦た、

           『無漏、不繋』である。

         何故ならば、

         『心』の、

           『性』は、

           『空』だからである。

         『十八不共法』も、

         亦た、

           『無漏、不繋』である。

         何故ならば、

         『十八不共法』の、

           『性』は、

           『空』だからである、と。

舍利弗語須菩提。如須菩提所說。空無心故不著是心。須菩提。色無故不著色。受想行識乃至意觸因緣生受無故不著受。四念處無故不著四念處。乃至十八不共法無故不著十八不共法。

舍利弗の須菩提に語らく、『須菩提の説く所の如く、空には心無きが故に、是の心に著せず。須菩提、色無きが故に、色に著せず、受想行識、乃至意触因縁生の受無きが故に、受に著せず、四念処無きが故に、四念処に著せず、乃至十八不共法無きが故に、十八不共法に著せざるなり。』と。

   『舍利弗』は、

     『須菩提』に、こう語った、――

     須菩提の言う!ように、

       『空』には、

         『心』が、

         『無い!』が故に、

       是の、

         『心』に、

         『著さない!』のである。

     須菩提!

       『空』には、

         『色』が、

         『無い!』が故に、

       是の、

         『色』に、

         『著さない!のである。

       『空』には、

         『受想行識』、

         乃至、

         『意触因縁生』の、

           『受』が、

           『無い!』が故に、

         是の、

           『受』に、

           『著さない』のである。

       『空』には、

         『四念処』が、

         『無い!』が故に、

       是の、

         『四念処』に、

         『著さない』のである。

       乃至、

       『空』には、

         『十八不共法』が、

         『無い!』が故に、

       是の、

         『十八不共法』に、

         『著さない』のである。

須菩提言。如是舍利弗。色無故色中不著。乃至十八不共法無故十八不共法中不著。如是舍利弗。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。以阿耨多羅三藐三菩提心無等等心不共聲聞辟支佛心。不念有是心。亦不著是心。以一切法無所得故。以是故名摩訶薩

須菩提の言わく、『是の如し、舍利弗、色無きが故に、色の中に著せず、乃至十八不共法無きが故に、十八不共法に著せず。是の如し、舍利弗、菩薩摩訶薩は、般若波羅蜜を行ずる時、阿耨多羅三藐三菩提心、無等等心の、声聞、辟支仏と共にせざる心を以ってするも、是の心有るを念ぜず、亦た是の心にも著せず、一切の法は、所得無きを以っての故なり。是を以っての故に、摩訶薩と名づく。』と。

   『須菩提』は、

     こう言った、――

       そのとおりだ!

       舍利弗!

         『色』が、

           『無い!』が故に、

           『色』に、

             『著さない!』のであり、

         乃至、

         『十八不共法』が、

           『無い!』が故に、

           『十八不共法』に、

             『著さない!』のである。

       そのとおりだ!

       舍利弗!

         『菩薩摩訶薩』は、

           『般若波羅蜜』を行ずる!時、

             『阿耨多羅三藐三菩提心』、

             『無等等心』の、

               『声聞、辟支仏』と、

                 『共にする!』ことのない、

                 『心』を以ってする!が、

             是の、

               『心』が、

                 『有る!』と、

                 『念ずる!』こともなく、

             亦た、

             是の、

               『心』に、

                 『著する!』こともない。

             何故ならば、

             一切の、

               『法』には、

                 『所得』が、

                 『無い!』からであり、

             是の故に、

               『摩訶薩』というのである、と。

【論】釋曰。須菩提說。摩訶薩無等等心於是心亦不著。

釈して曰く、須菩提の説かく、『摩訶薩の無等等心は、是の心に於いても、亦た著せず。』と。

 釈す、

   『須菩提』は、

     こう説いている、――

     『摩訶薩』の、

       『無等等心』は、

       是の、

         『心』にも、

         亦た、

           『著す!』ことはない、と。

不著者。是菩薩從初發心已來。不見有法定相。若生若滅若搦瘡ク若垢若淨。是心畢竟空。是中無有心相非心相。諸相畢竟清淨故。以是故無聲聞心辟支佛心菩薩心佛心。須菩提稱貴。菩薩如是心亦美。菩薩不著是心亦為尊貴。

著せずとは、是の菩薩は、初発心より已来、法の定相、若しは生、若しは滅、若しは増、若しは滅、若しは垢、若しは浄なる有りと見ず。是の心は、畢竟じて空なれば、是の中には、心相も、心相に非ざるも有ること無く、諸相は畢竟じて清浄なるが故なり。是を以っての故に、声聞心、辟支仏心、菩薩心、仏心無し。須菩提の称貴すらく、『菩薩の是の如き心も亦た美なり。菩薩の是の心にも著せざるをも、亦た尊貴なりと為す。』と。

 『著さない!』とは、

   是の、

     『菩薩』は、

       『初発心』より以来、

       『法』の、

         『定相』、

         若しは、

           『生、滅』、

           『増、減』、

           『垢、浄』であるが、

       是のような、

         『定相』が、

           『有る!』と、

           『見る!』ことはない。

     何故ならば、

     是の、

       『心』は、

       畢竟じて、

         『空』であり、

       是の、

         『空』中には、

           『心相』や、

           『非心相』を、

             『有する!』ものが、

             『無い!』からであり、

       是の、

         『空』の、

         諸の、

           『相』は、

           畢竟じて、

             『清浄』だからである。

     是の故に、

       『声聞心』も、

       『辟支仏心』も、

       『菩薩心』も、

       『仏心』も、

         『空』中には、

         『無い!』のである。

     『須菩提』は、

       称えて、こう貴んだ、――

       『菩薩』の、

       是のような、

         『心』は、

           『善美』であり、

       『菩薩』が、

       是の、

         『心』に、

         『著さない!』ことも、

         亦た、

           『尊貴』である、と。

 

  称貴(しょうき):たたえたっとぶ。

  (み):よい。善。

  尊貴(そんき):たっとい。高貴。

舍利弗欲難須菩提。作是言。非但一切智心無漏不繫。菩薩不應自高。所以者何。凡夫人心亦無漏不繫。性常空故。如聲聞辟支佛佛心無漏不繫。是凡夫人心實相性空。實相性空清淨不著。如先說。陰雲翳日月不能日月。

舍利弗は、須菩提を難ぜんと欲して、是の言を作す、『但だ一切智の心のみ、無漏、不繋なるに非ざれば、菩薩は、応に自ら高ぶるべからず。所以は何んとなれば、凡夫人の心も亦た無漏、不繋なればなり、性は常に空なるが故に。声聞、辟支仏、仏の心の無漏、不繋なるが如く、是の凡夫人の心の実相は、性として空なり。実相が、性として空なれば、清浄にして著せず。先に説くが如く、陰雲は日月を翳(さう)るも、日月を汚す能わざるが如し。

     『舍利弗』は、

       『須菩提』を難じようとして、こう言った、――

       但だ、

         『一切智』の、

           『心』のみが、

           『無漏、不繋』なのではなく、

         『菩薩』は、

         当然、

           『自ら、高ぶる!』べきではない。

       何故ならば、

         『凡夫人』の、

           『心』も、

           亦た、

             『無漏、不繋』である。

           何故ならば、

           『心』は、

           常に、

             『性』が、

             『空』だからである。

         『声聞』、

         『辟支仏』、

         『仏』の、

           『心』が、

             『無漏、不繋』であるように、

         是の、

         『凡夫人』の、

           『心』の、

           『実相』は、

             『性』として、

             『空』なのである。

         『実相』が、

           『性』として、

           『空』であるものは、

             『清浄』であり、

             『著す!』ことがない。

         譬えば、

         先に説いた!ように、

           『陰雲』が、

             『日、月』を、

             『翳(かげ)』にした!としても、

           『陰雲』は、

             『日、月』を、

             『汚す!』ことはできないのである。

又諸煩惱實相與常性空心相無異。但住凡夫地中是垢是淨。住聖人地中。修無相智慧故無所分別。但憐愍眾生故。雖復有說心無所著。非獨凡夫人心無漏不繫。五眾乃至十八不共法亦如是。須菩提然可。

又諸の煩悩の実相は、常に性として空なる心相と異なり無し。但だ凡夫地の中に住してのみ是れ垢、是れ浄なるも、聖人地の中に住すれば、無相の智慧を修めるが故に、分別する所無し。但だ、衆生を憐愍するが故に、復た説くこと有りと雖も、心には著する所無し。独り凡夫人の心のみ無漏、不繋なるに非ず、五衆、乃至十八不共法も亦た是の如し。』と。須菩提は然可せり。

       又、

       諸の、

         『煩悩』の、

           『実相』と、

       常に、

         『性』として、

         『空』である!

           『心相』とに、

             『異なる!』ところは、

             『無い!』のである。

       但だ、

         『凡夫』の、

           『地』中に住する!者のみが、

           是れは、

             『垢』である!

           是れは、

             『浄』である!といい、

         『聖人』の、

           『地』中に住する!者は、

             『無相』の、

             『智慧』を修める!が故に、

               『分別』する!所が、

               『無い!』のである。

           但だ、

             『衆生』を、

             『憐愍』する!が故に、

               『垢、浄』を、

                 『説く!』ことが、

                 『有った!』としても、

               『心』には、

                 『著する!』所が、

                 『無い!』のである。

       独り、

         『凡夫人』の、

           『心』のみが、

             『無漏、不繋』なのではなく、

         『五衆』、

         乃至、

           『十八不共法』も、

           亦た、

             是のとおりである、と。

     『須菩提』は、

       『そうだ!』といった。

 

  然可(ねんか):うべなう。承認。認可。

又舍利弗言。是心無心。心相空故。不著色中色相無故。亦不著乃至諸佛法亦如是。須菩提言如是。以是故菩薩能觀諸法性常空不可得空畢竟清淨。

又舎利弗の言わく、『是の心には、心無し、心相は空なるが故なり。色の中に著せざるは、色相の無きが故なり。亦た乃至諸仏の法に著せざるも、亦た是の如し。』と。須菩提の言わく、『是の如し。』と。是を以っての故に、菩薩は、能く諸法の性は、常に空にして、不可得空、畢竟清浄なりと観ず。

   又、

     『舍利弗』は、

       こう言った、――

       是の、

         『心』には、

           『心』が、

           『無い』!

       何故ならば、

         『心』の、

           『相』が、

           『空』だからである。

       是の、

         『心』は、

           『色』中に、

           『著する!』こともない。

         何故ならば、

         『色』の、

           『相』が、

           『無い!』からである。

         亦た、

         乃至、

           『諸仏の法』に、

           『著する!』ことがないのも、

           亦た、

             是のとおりである、と。

     『須菩提』は、

       こう言った、――

         そのとおりだ!と。

   是の故に、

     『菩薩』は、

       こう観ずる!ことができる、――

       『諸法』の、

         『性』は、

         常に、

           『空』であり、

           『不可得』であり、

         畢竟じて、

           『清浄』である!と。

以是故說阿耨多羅三藐三菩提心無等等心不共聲聞辟支佛心。不念有是心亦不著是心。能疾至阿耨多羅三藐三菩提。(釋第十四品竟)

是を以っての故に説かく、『阿耨多羅三藐三菩提心、無等等心は、声聞、辟支仏と共にせざる心なるも、是の心有りとも念ぜず、亦た是の心にも著せずして、能く疾かに、阿耨多羅三藐三菩提に至る。』と。

(釈第十四品竟る)

   是の故に、

     こう説く!――

     『阿耨多羅三藐三菩提心』、

     『無等等心』は、

       『声聞、辟支仏』と、

         『共にする!』ことのない、

         『心』であるが、

       是の、

         『心』が、

           『有る!』と、

           『念ずる!』こともなく、

       是の、

         『心』に、

           『著する!』こともないので、

       疾かに、

         『阿耨多羅三藐三菩提』に、

         『至る!』のである、と。

 

(第十四品を釈し竟る)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

著者に無断で複製を禁ず。

Copyright(c)2012 AllRightsReserved