巻第三十九之上

 

home

 

 

大智度論、釈往生品第四の中

四禅、四無量心、四無色定に遊戯する

四念処乃至十八不共法を修め、証を取らない

賢劫中の菩薩

未だ四諦を証しないが、一生補処の菩薩である

無量無数劫の修行で、阿耨多羅三藐三菩提を得る

常に精進して衆生を利益し、無益の事を説かない

一仏国より一仏国に至って、三悪道を断つ

檀を以って首と為し、一切の衆生を安楽にする

身を仏に変じ、地獄、畜生、餓鬼中に法を説く

十方の浄妙国土を観採し、自ら殊勝世界を起す

身、口の清浄を学んで、衆人に愛敬される

諸根清浄にして自ら高ぶらず、他を見下さない

跋致地に至るまで、終に悪道に堕ちない

跋致地に至るまで、常に十善行を捨てない

転輪聖王と作って、衆生を十善道に安立する

常に法を以って自ら照らし、人を照らす

 

 

 

 

 

 

大智度論、釈往生品第四の中

大智度論釋往生品第四之中(卷三十九)

 聖者龍樹造

 後秦龜茲國三藏鳩摩羅什譯

大智度論、釈往生品第四の中(巻三十九)

  聖者龍樹造り、

  後秦亀茲国の三蔵鳩摩羅什訳せり

  往生する菩薩の種種相を説く。

 

四禅、四無量心、四無色定に遊戯する

【經】舍利弗。有菩薩摩訶薩。行般若波羅蜜時。得四禪四無量心四無色定。遊戲其中入初禪。從初禪起入滅盡定。從滅盡定起乃至入四禪。從四禪起入滅盡定。從滅盡定起入虛空處。從虛空處起入滅盡定。從滅盡定起乃至入非有想非無想處。從非有想非無想處起入滅盡定。知是舍利弗。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜。以方便力故入超越定

舎利弗、有る菩薩摩訶薩は、般若波羅蜜を行ずる時、四禅、四無量心、四無色定を得て、其の中に遊戯して初禅に入り、初禅より起ちて滅尽定に入り、滅尽定より起ちて、乃至四禅に入り、四禅より起ちて滅尽定に入り、滅尽定より起ちて虚空処に入り、虚空処より起ちて滅尽定に入り、滅尽定より起ちて、乃至非有想非無想処に入り、非有想非無想処より起ちて滅尽定に入る。是の如し、舎利弗、菩薩摩訶薩は般若波羅蜜を行ずるに、方便力を以っての故に、定を超越す。

   舎利弗!

     有る、

       『菩薩摩訶薩』は、

         『般若波羅蜜』を行う時、

           『四禅、四無量心、四無色定』を得て、

           其の中に、

             『遊戯』して、

               『初禅』に入り、

               『初禅』より起って、

                 『滅尽定』に入り、

               『滅尽定』より起って、

               乃ち、

                 『四禅』に至るまで、順に入り、

               『四禅』より起って、

                 『滅尽定』に入り、

               『滅尽定』より起って、

                 『虚空処』に入り、

               『虚空処』より起って、

                 『滅尽定』に入り、

               『滅尽定』より起って、

               乃ち、

                 『非有想非無想処』に至るまで、順に入り、

               『非有想非無想処』より起って、

                 『滅尽定』に入る。

   是のように、

     舎利弗!

     『菩薩摩訶薩』は、

       『般若波羅蜜』を行じて、

         『方便力』を以っての故に、

         『定』を超越するのである。

 

  知是:他本に従い如是に改む。

【論】問曰。若凡夫人不能入滅盡定。云何菩薩從初禪起入滅盡定。

問うて曰く、若し凡夫人は滅尽定に入ること能わざれば、云何が菩薩は初禅より起ちて滅尽定に入る。

 問い、

   若し、

     『凡夫人』は、

       『滅尽定に入る』ことができなければ、

       何のような、

         『菩薩』が、

           『初禅』より起って、

             『滅尽定に入る』というのか?

答曰。阿毘曇鞞婆沙中小乘如是說。非佛三藏說。又是菩薩聖人尚不及。何況當是凡夫。譬如六牙白象。雖被毒箭猶憐愍怨賊。如是慈悲心阿羅漢所無。畜生中猶尚如是。何況作人身。離欲入禪而不得滅盡定。

答えて曰く、阿毘曇、鞞婆沙の中の小乗は、是の如く説くも、仏の三蔵の説に非ず。又是の菩薩には聖人すら尚お及ばず。何に況んや当に是れ凡夫なるべきをや。譬えば、六牙の白象は、毒箭を被ると雖も、猶お怨賊を憐愍するが如し。是の如き慈悲心は、阿羅漢の無き所なり。畜生中にすら猶お尚お是の如し。何に況んや、人身と作り、欲を離れて禅に入りて而も滅尽定を得ざるをや。

 答え、

   『阿毘曇、鞞婆沙』の中の、

     『小乗』は、

       是のように説くが、

       『仏』の、

         『三蔵の説』ではない。

   又、

     是の、

       『菩薩』は、

         『聖人』すら、

         尚お、

           『及ばない』のだから、

         況して、

           是れが、

             『凡夫』のはずがない。

     譬えば、

       『六牙の白象』が、

         『毒箭』を被っても、

         猶お、

           『怨賊』を、

             『憐愍した』ような、

       是のような、

         『慈悲心』は、

           『阿羅漢』には無い。

       『畜生』の中ですら、

       猶お、

         是のとおりである、

         況して、

           『人身』と作り、

             『欲』を離れて、

             『禅』に入った者が、

               『滅尽定を得ない』ことがあろうか?

 

  :小乗に於ける滅尽定は単に阿羅漢の定を指すも、大乗に於いては慈悲心と同義ならん。

  六牙白象:本生譚。『雑譬喩経巻上(9)』、『大智度論巻12』等参照。

  参考:『雑譬喩経巻上(9)』:『昔雪山有白象王。身有六牙。生二萬象。象王有二夫人。一人年長一人年少。每出遊戲時夫人挾左右。時王出戲。道過一大樹。樹花茂好。欲取二夫人身上以為光飾。鼻絞樹而搖逍之。風吹樹花獨落大夫人上。小夫人在下風不得華。謂王為有偏意內生毒心。後王池中生一金色千葉蓮花。小象見之取持上王。王得以與大夫人使著頭上。小夫人遂益妒忿念欲害王。雪山中多有道士。於是小夫人採取美果每供養百辟支佛。以後山上臨一嶮處而自誓願。持是前後施辟支佛福報生於人中。有豪勢自識宿命害殺此象王。即便放身自投山下而死。神來生人間為長者女。明慧遠識端正無比。其女長大。國王聘為夫人愛重之。夫人念言。今真得報宿怨矣。便以梔子黃面委臥稱病。王入問之。答曰夜夢見象頭有六牙。欲得其牙持作釵耳。王若不得此象牙者。病日篤矣。王素重之不敢違意。即召國中諸射獵者得數百人。而告之言。汝等山中頗見有白象身有六牙者不。皆言。未曾見也。王意不樂。使夫人呼。獵者共道此意。夫人言此間近處實無此象。汝眾中誰有能耐苦大膽者乎。有一人長跪曰。我最可矣。於是夫人與萬兩金。與其鐵鉤斧鑿及法衣一具。告之。汝徑詣雪山中。道當有大樹。左右有蟒。身長數百丈不可得近。斧鑿穿樹從中過去。前行當見大水。有樹木臨水上。取鐵鉤鉤上樹。尋枝進而前度至象所住。視其常可頓止處。當下作深坑薄覆其上。在中伺象來時。以箭射之。即著袈裟如沙門法。象奉三尊終不害汝。獵者受教即涉道去。七年七月七日到象所止處。作坑入其中。須臾象王還。獵者以毒箭射之。象被此箭不從遠來。便以鼻撈其邊地。見坑中人。即問何人。其人大怖懼自首言。我是應募人。象王即知是夫人所為。自截其牙用與獵者。語人言汝還去。諸象見汝即當害卿。教卻行去。群象必當尋跡追汝。象王以威神將護。七日之中得出部界。還至本國以象牙與夫人。夫人得之反覆視之。且喜且悔未幾吐血死近。釋迦文佛在世時。天龍鬼神四輩弟子大會說法。坐中有大比丘尼。遙瞻視佛便大聲笑。須臾復舉聲哭。眾坐中無不怪者。阿難問佛。云何此比丘尼得阿羅漢。何因且悲且喜不能自勝。願聞其事。佛告阿難。爾時白象王者我身是。夫人者今瞿夷是。小夫人者今比丘尼是。以得神通識往昔事。所以悲者不事心所喜。笑者賊害善人更從得道。眾會聞皆念曰。與世尊作惡因緣猶尚得度。況有道德之因緣乎。一切眾會皆發無上正真道意。願及十方廣度一切

問曰。若菩薩得滅盡定可爾。超越定法不能過二。若言從初禪起乃至入滅盡定無有是法。

問うて曰く、若しは菩薩は滅尽定を得ること爾るべし、定を超越する法は、二を過ぐる能わず。若し初禅より起ちて、乃至滅尽定に入ると言わば、是の法は有ること無けん。

 問い、

   若し、

     『菩薩』が、

       『滅尽定』を得ることは、

         そうだとしても、

       『二』を過ぎて、

         『定法を超越する』ことはできない。

     若し、

       『初禅』より起って、

       乃ち、

         『滅尽定』にまで、順に入ったとすれば、

         是のような、

           『法』は無い。

答曰。餘人雖有定法。力少故不能遠超。菩薩無量福德智慧力深入禪定。心亦不著故能遠超。譬如人中力士趠不過三四丈。若天中力士無復限數。小乘法中超一者是定法。菩薩禪定力大心無所著故遠近隨意。

答えて曰く、余人は定法有りと雖も、力少きが故に、遠く超ゆる能わず。菩薩は無量の福徳の智慧力もて、深く禅定に入り、心も亦た著せざるが故に、能く遠く超ゆ。譬えば、人中の力士は趠するも、三四丈を過ぎず、若し天中の力士なれば復た限数無きが如し。小乗法の中に一を超ゆるは是れ定法なり。菩薩の禅定力は大にして、心に著する所無きが故に遠近意に随う。

 答え、

   『余人』は、

     『定法』が有っても、

       『力』が少いが故に、

       遠く、

         『超えらえれない』が、

   『菩薩』は、

     無量の、

       『福徳の智慧力』で、

       深く、

         『禅定』に入り、

         『心』も、

         亦た、

           『著さない』ので、

       故に、

         遠く、

           『超える』ことができる。

     譬えば、

       『人中』の、

         『力士』は、

         高く

           『跳んだ』としても、

           『三、四丈』に過ぎないが、

       『天中』の、

         『力士』ならば、

         もう、

           『限数』が無いように、

   『小乗法』の中には、

     『一』を超えるのが、

       『定法』であるが、

   『菩薩』の、

     『禅定力』は

       『大』であり、

     『心』に、

       『著する所』が無いが故に、

       『遠、近』は、

         『意のまま』なのである。

 

  (たく):高く跳ぶ。跳躍。

問曰。若爾者超越者是大。次第定不應為大。

問うて曰く、若し爾らば、超越する者は是れ大にして、定を次第するは応に大と為すべからず。

 問い、

   若し、

     そうならば、

       『超越する者』が、

         『大』であり、

       『次第の定』は、

         『大』であるはずがない。

答曰。二俱為大。所以者何。從初禪起至二禪。更無餘心一念得入。乃至滅盡定皆爾。超越者從初禪起入第三禪。亦不令餘心雜。乃至滅盡定逆順皆爾。有人言超越定勝。所以者何。但無餘心雜而能超越故。譬如槃馬迴轉隨意

答えて曰く、二は倶に大と為す。所以は何んとなれば、初禅より起ちて二禅に至れば、更に余心無く、一念に入るを得、乃ち滅尽定に至るまで、皆爾り。超越とは、初禅より起ちて第三禅に入り、亦た余心をして雑らしめず、乃ち滅尽定、逆順に至るまで、皆爾り。有る人の言わく、『超越の定勝る。所以は何んとなれば、但だ余心の雑ること無く、能く超越するが故なり。譬えば、槃馬して廻転の意に随うが如し。

 答え、

   『二』は、

   倶に、

     『大』である。

   何故ならば、

     『初禅』より、

       『二禅』に至るのは、

       更に、

         『余心』が無く、

         『一念』でなくては、

           『入る』ことができない。

       乃ち、

         『滅尽定』に至るまで、

         皆、

           そうである。

     『超越する者』は、

       『初禅』より、

         『第三禅』に入るが、

         亦た、

           『余心』を雑えてはいけない。

      乃ち、

        『滅尽定』に至るまで、

          『逆』も、

          『順』も、

          皆、

            そうである。

   有る人は、

     こう言う、――

     『超越の定が、

        勝る。

        何故ならば、

          但だ、

            『余心』を雑えずに、

              『超越できる』からだ!

        譬えば、

          『馬』に乗って、

            『意』のままに、

            『廻転』するように』と。

 

  槃馬(はんめ):馬に跨がり盤旋、馳騁する。

 

 

 

 

四念処乃至十八不共法を修め、証を取らない

【經】舍利弗。有菩薩摩訶薩。行般若波羅蜜時。修四念處乃至十八不共法。不取須陀洹果斯陀含果阿那含果阿羅漢果辟支佛道。以方便力為度眾生故。起八聖道分。以是八道令得須陀洹果乃至辟支佛道。

舎利弗、有る菩薩摩訶薩は、般若波羅蜜を行ずる時、四念処、乃至十八不共法を修めて、須陀洹果、斯陀含果、阿那含果、阿羅漢果、辟支仏道を取らず、方便力を以って衆生を度せんが為の故に、八聖道分を起し、是の八道を以って、須陀洹果、乃至辟支仏道を得しむ。

   舎利弗!

     有る、

       『菩薩摩訶薩』は、

         『般若波羅蜜』を行う時、

           『四念処』、

           乃至、

             『十八不共法』を修めて、

           『須陀洹果、斯陀含果、阿那含果』、

             『阿羅漢果、辟支仏道』を取らず、

         『方便力』を以って、

           『衆生』の為の故に、

             『八聖道分』を起し、

             是の、

               『八の道』を以って、

               『須陀洹果』、

               乃至、

                 『辟支仏道』を得させる。

佛告舍利弗。一切阿羅漢辟支佛果及智。是菩薩摩訶薩無生法忍。舍利弗當知。是菩薩摩訶薩行般若波羅蜜在阿鞞跋致地中住

仏の舎利弗に告げたまわく、『一切の阿羅漢、辟支仏の果、及び智は、是れ菩薩摩訶薩の無生法忍なり。舎利弗、当に知るべし。是の菩薩摩訶薩は般若波羅蜜を行じ、阿鞞跋致の中に在りて住まる』、と。

 仏は、

   舎利弗に、こう告げられた、――

   『一切の、

     『阿羅漢、辟支仏』の、

       『果』、及び、

       『智』は、

       是れは、

         『菩薩摩訶薩』の、

           『無生法忍』である。

    舎利弗!

      こう知るがよかろう、――

      是の、

        『菩薩摩訶薩』は、

          『般若波羅蜜』を行って、

          『阿鞞跋致地』の中に、

            『住まっている』のだと。』と。

【論】問曰。何以不說是菩薩行六波羅蜜。而但說得四念處。

問うて曰く、何を以ってか、是の菩薩の六波羅蜜を行ずるを説かずして、而も但だ四念処を得るを説く。

 問い、

   何故、

     是の菩薩の、

       『六波羅蜜を行う』ことを説かず、

       但だ、

         『四念処を得る』ことを説くのか?

答曰。若說若不說。當知是菩薩皆行六波羅蜜。於三十七品或行或不行。不證聲聞辟支佛道者。有大慈大悲深入方便力等如先說。

答えて曰く、若しは説き、若しは説かず。当に知るべし。是の菩薩は、皆六波羅蜜を行ずるも、三十七品に於いては或は行じ、或は行ぜず、声聞、辟支仏の道を証せざる者も、大慈大悲有りて、深く方便力に入る等のこと、先に説けるが如し。

 答え、

   若しは、

     『説く』こともあり、

     『説かない』こともある。

   こう知るのがよい、――

   是の、

     『菩薩』は、

     皆、

       『六波羅蜜』を行うが、

       『三十七品』については、

         『行う』こともあり、

         『行わない』こともあると。

     『声聞、辟支仏道』を、

       『証しない者』も、

         『大慈大悲』が有れば、

         深く、

           『方便力に入る』のであるが、

       是れ等は、

         先に、

           説いたとおりである。

問曰。自不得諸道果。云何能以化人。

問うて曰く、自ら諸の道果を得ざるに、云何が能く以って人を化する。

 問い、

   自ら、

     『道果』を得ないのに、

     何のように、

       『人を化すことができる』というのか?

答曰。佛自說因緣。所謂聲聞辟支佛果及智。皆是菩薩法忍。但不受諸道果名字。果及智皆入無生法忍中。

答えて曰く、仏は、自ら因縁を説きたもう。謂わゆる、声聞、辟支仏の果及び智は、皆是れ菩薩の法忍なり。但だ諸の道果の名字を受けざるのみ。果、及び智は皆、無生法忍中に入ると。

 答え、

   仏は、

     自ら、

       その因縁を、こう説かれた、――

       『謂わゆる、

          『声聞、辟支仏』の、

            『果、及び智』は、

            皆、

              『菩薩』の、

                『法忍』であり、

          但だ、

            『諸の道果』の、

              『名字を受けない』だけであり、

            『果、及び智』は、

            皆、

              『無生法忍』の中に入る』と。

復次唯不取證。餘者皆行。得菩薩道故。名為阿鞞跋致

復た次ぎに、唯だ証のみを取らず、余は皆行じて、菩薩道を得るが故に名づけて阿鞞跋致と為す。

 復た次ぎに、

   唯だ、

     『証』を取らないだけで、

     『余の者』は、

     皆、

       『行っ』て、

       『菩薩道』を得たが故に、

         『阿鞞跋致』と名づける。

  

 

 

 

 

賢劫中の菩薩

【經】舍利弗。有菩薩摩訶薩。住六波羅蜜淨兜率天道。當知是賢劫中菩薩

舎利弗、有る菩薩摩訶薩は、六波羅蜜に住して、兜率天道を浄む。当に知るべし。是れは賢劫中の菩薩なり。

   舎利弗!

     有る、

       『菩薩摩訶薩』は、

         『六波羅蜜』に住して、

           『兜率天道』を浄める。

       このように知るがよい、――

       是れは、

         『賢劫中の菩薩』なのだと。

【論】釋曰。菩薩有各各道各各行各各願。是菩薩修業因緣生兜率天上。入千菩薩會中次第作佛。如是相當知是賢劫中菩薩

釈して曰く、菩薩には、各各の道、各各の行、各各の願有り。是の菩薩は、業を修むる因縁もて兜率天上に生じ、千の菩薩会の中に入りて、次第に仏と作る。是の如き相は、当に知るべし、賢劫中の菩薩なり。

 釈す、

   『菩薩』には、

     各各の『道』、

     各各の『行』、

     各各の『願』が有る。

   是の、

     『菩薩』は、

       『業』を修めた因縁で、

         『兜率天上』に生まれ、

         『千の菩薩会』の中に入りながら、

         次第に、

           『仏』と作るのである。

   是のような、

     『相』とは、

     こう知るがよい、――

     是れは、

       『賢劫中の菩薩』であると。

  

 

 

 

 

未だ四諦を証しないが、一生補処の菩薩である

【經】舍利弗。有菩薩摩訶薩。修四禪乃至十八不共法未證四諦。當知是菩薩一生補處

舎利弗、有る菩薩摩訶薩は、四禅、乃至十八不共法を修めて、未だ四諦を証せず。当に知るべし。是の菩薩は一生補処なり。

   舎利弗!

     有る、

       『菩薩摩訶薩』は、

         『四禅、乃至十八不共法』を修めて、

         未だ、

           『証しない』が、

           これを知らなくてはならない、――

           是の、

             『菩薩』は、

               『一生補処』なのである。

【論】問曰。是一生補處菩薩應生兜率天。云何說得四禪等。

問うて曰く、是の一生補処の菩薩は、応に兜率天に生ずべし。云何が四禅等を説く。

 問い、

   是の、

     『一生補処』の、

       『菩薩』は、

         『欲界』の、

           『兜率天上に生ずる』はずだが、

       何故、

         『四禅等を得た』と説くのか?

答曰。是菩薩生兜率天上。離欲得四禪等。

答えて曰く、是の菩薩は、兜率天上に生じて、欲を離れ、四禅等を得。

 答え、

   是の、

     『菩薩』は、

       『兜率天上』に生まれながら、

         『欲』を離れて、

         『四禅』等を得たのである。

復次是補處菩薩離欲來久具足佛法。以方便力隨補處法生兜率天。未證四諦者故留不證。若取證者成辟支佛。欲成佛故不證

復た次ぎに、是の補処の菩薩は、欲を離れてより来、久しく仏法を具足するも、方便力を以って、補処の法に随いて兜率天に生ず。未だ、四諦を証せずとは、故(ことさら)に留まりて証せず。若し証を取らば、辟支仏を成ずるも、仏と成らんと欲するが故に証せず。

 復た次ぎに、

   是の、

     『補処の菩薩』は、

       『欲』を離れて以来、

       久しく、

         『仏法』を具足し、

         『方便力』を以って、

           『補処の法』に随って、

             『兜率天』に生じた。

   未だ、

     『四諦を証しない』とは、

     故意に、

       『留まっ』て、

       『証しない』をいう。

     若し、

       『証』を取れば、

         『辟支仏』と成る。

       『仏』に、

         『成ろう』と欲するが故に、

         『証しない』のである。

  

 

 

 

 

無量無数劫の修行で、阿耨多羅三藐三菩提を得る

【經】舍利弗。有菩薩摩訶薩。無量阿僧祇劫修行。得阿耨多羅三藐三菩提

舎利弗、有る菩薩摩訶薩は、無量阿僧祇劫の修行に、阿耨多羅三藐三菩提を得。

   舎利弗!

     有る、

       『菩薩摩訶薩』は、

         『無量阿僧祇劫』に修行して、

         『阿耨多羅三藐三菩提』を得た。

【論】釋曰。是菩薩雖種善根求阿耨多羅三藐三菩提。以鈍根雜行故久乃得之。以深種善根故必得

釈して曰く、是の菩薩は、善根を種え、阿耨多羅三藐三菩提を求むと雖も、鈍根にして行を雑えたるを以っての故に、久しくして乃ち之を得るも、深く善根を種えたるを以っての故に、必ず得るなり。

 釈す、

   是の、

     『菩薩』は、

       『善根』を種えて、

         『阿耨多羅三藐三菩提』を求めたが、

       『鈍根』であり、

         『行を雑えた』が故に、

         久しくして、

         漸く、

           『阿耨多羅三藐三菩提』を得た。

       深く、

         『善根』を種えれば、

         その故に、

         必ず、

           『得る』のである。

  

 

 

 

 

常に精進して衆生を利益し、無益の事を説かない

【經】舍利弗。有菩薩摩訶薩。住六波羅蜜。常懃精進利益眾生。不說無益之事

舎利弗、有る菩薩摩訶薩は、六波羅蜜に住して、常に懃めて精進して衆生を利益するも、無益の事を説かず。

   舎利弗!

     有る、

       『菩薩摩訶薩』は、

         『六波羅蜜』に住して、

         常に、

           『精進』に懃め、

           『衆生』を利益し、

           『無益の事』を説かない。

【論】釋曰。是菩薩先有惡口故。發菩薩心願言。我永離口四過行是道。

釈して曰く、是の菩薩は、先に悪口有るが故に、菩薩心を発して願うて言わく、『我れは永く口の四過を離れて、是の道を行わん』と。

 釈す、

   是の、

     『菩薩』は、

     先に、

       『悪口』が有ったが故に、

       『菩薩心』を発すと、

       願って、

         こう言った、――

         『わたしは、

            永く、

              『口の四過(妄語、両舌、悪口、綺語)』を離れて、

              『是の道』を行おう』と。

復次此菩薩知是般若波羅蜜中諸法無有定相不可著不可說相故。如是知能利益者皆是佛法。若不能利益。雖種種好語非是佛法。譬如種種好藥不能破病不名為藥。趣得土泥等能差病者是名為藥。以是故恐其謬錯故。不說無益之事

復た次ぎに、此の菩薩は、『是の般若波羅蜜の中に、諸法は定相有ること無し。不可著、不可説の相なり』、と知るが故に、是の如く、『能く利益する者は皆是れ仏法なり。若し、利益すること能わずんば、種種に好語すと雖も、是れ仏法に非ず。譬えば、種種の好薬も病を破ること能わずんば、名づけて薬と為さず。趣きて土泥等を得るも、能く病を差(いや)さば、是れを名づけて薬と為すが如し』、と知る。是を以っての故に、其の謬錯せんことを恐れて、故に無益の事を説かず。

 復た次ぎに、

   此の、

     『菩薩』は、

       『是の、

         『般若波羅蜜』の中の、

           『諸法』には、

             『定相』が無いので、

             『相』に、

               『著す』ことも、

               『説く』こともできない』、と知るが故に、

     是のように、

       『利益する者は、

         皆、

           『仏法』である。

         若し、

           『利益』しなければ、

             『種種の好語』といえども、

               『仏法』とはいえない。

           譬えば、

             『種種の好薬』も、

               『病を破る』ことができなければ、

                 『薬』とはいえない。

             趣いて、

               『泥土』等を得ても、

                 『病を癒す』ことができれば、

                 是れは、

                   『薬』だといえる』、と知り、

     是の故に、

       其れが、

         『謬錯する』ことを恐れて、

         その故に、

           『無益の事を説かない』のである。

  

 

 

 

 

一仏国より一仏国に至って、三悪道を断つ

【經】舍利弗。有菩薩摩訶薩。行六波羅蜜。常懃精進利益眾生。從一佛國至一佛國。斷眾生三惡道

舎利弗、有る菩薩摩訶薩は、六波羅蜜を行じ、常に懃めて精進して衆生を利益し、一仏国より一仏国に至り、衆生の三悪道を断つ。

   舎利弗!

     有る、

       『菩薩摩訶薩』は、

         『六波羅蜜』を行い、

         常に、

           『精進』に懃めて、

           『衆生』を利益する。

         『一仏国』より、

         『一仏国』に至って、

           『衆生』の、

             『三悪道を断つ』のである。

【論】釋曰。是菩薩住六神通到十方世界。遮上中下三種不善道

釈して曰く、是の菩薩は六神通に住して、十方の世界に到り、上、中、下の三種の不善道を遮す。

 釈す、

   是の、

     『菩薩』は、

       『六神通』に住して、

       『十方の世界』に到り、

         『上(畜生)、中(餓鬼)、下(地獄)』の、

           『三種の不善道を断つ』のである。

  

 

 

 

 

檀を以って首と為し、一切の衆生を安楽にする

【經】舍利弗。有菩薩摩訶薩。住六波羅蜜以檀為首。安樂一切眾生。須飲食與飲食。衣服臥具瓔珞花香房舍燈燭。隨其所須皆給與之

舎利弗、有る菩薩摩訶薩は、六波羅蜜に住して、檀を以って首と為し、一切の衆生を安楽にし、飲食を須(もと)むるには飲食を与え、衣服、臥具、瓔珞、花香、房舎、灯燭は、其の須むる所に随って、皆之を給与す。

   舎利弗!

     有る、

       『菩薩摩訶薩』は、

         『六波羅蜜』に住し、

         主に、

           『檀』を以って、

           一切の、

             『衆生』を安楽にする。

           『飲食』を求めれば、

             『飲食』を与え、

           『衣服、臥具、瓔珞、花香、房舎、灯燭』も、

           其の、

             『求める所』に随って、

             皆、

               之を、『給与する』のである。

【論】釋曰。菩薩有二種。一者能令眾生離苦。二者能與樂。復有二種。一者憐愍三惡道眾生。二者憐愍人。是菩薩與眾生樂。憐愍人故。隨所須皆與之

釈して曰く、菩薩に二種有り、一には能く衆生をして苦を離れしむ。二には能く楽を与う。復た二種有り、一には三悪道の衆生を憐愍す。二には人を憐愍す。是の菩薩は、衆生には楽を与え、人を憐愍するが故に、須むる所に随って皆之を与う。

 釈す、

   『菩薩』には、

     『二種』有り、

     一は、

       『衆生』に、

         『苦を離れさせる』、

     二は、

       『衆生』に、

         『楽を与える』者。

   復た、

     『二種』有り、

     一は、

       『三悪道』の、

         『衆生を憐愍する』、

     二は、

       『人』を、

         『憐愍する』者。

   是の、

     『菩薩』は、

       『衆生』には、

         『楽』を与え、

       『人』を、

         『憐愍する』が故に、

         『求める所』に随って、

         皆、

           之を、『与える』のである。

  

 

 

 

 

身を仏に変じ、地獄、畜生、餓鬼中に法を説く

【經】舍利弗。有菩薩摩訶薩。行般若波羅蜜時。變身如佛。為地獄中眾生說法。為畜生餓鬼中眾生說法

舎利弗、有る菩薩摩訶薩は、般若波羅蜜を行ずる時、身を変ずること仏の如くして、地獄の中の衆生の為に法を説き、畜生、餓鬼の中の衆生の為に法を説く。

   舎利弗!

     有る、

       『菩薩摩訶薩』は、

         『般若波羅蜜』を行う時、

         『身』を、

           『仏のよう』に変じて、

             『地獄の中の衆生』の為に、

               『法』を説き、

             『畜生、餓鬼の中の衆生』の為に、

               『法』を説く。

【論】問曰。是菩薩何以故變作佛身。似不尊重佛。

問うて曰く、是の菩薩は、何を以っての故にか、変じて仏身を作す。仏を尊重せざるに似たり。

 問い、

   是の、

     『菩薩』は、

     何故、

       変じて、

       『仏身と作る』のか?

       『仏』を、

         『尊重しない』ように見える。

答曰。有眾生見佛身得度者。或有見轉輪聖王等餘身得度者。以是故變身作佛。

答えて曰く、有る衆生は、仏身を見て度を得る者なり。或は、転輪聖王等の余の身を見て度を得る者有り。是を以っての故に、身を変じて仏と作る。

 答え、

   有る、

     『衆生』は、

       『仏身』を見て、

       『度を得る』者であり、

   或は、

   有る、

     『衆生』は、

       『転輪聖王』等の、

         『余の身』を見て、

         『度を得る』者なので、

   是の故に、

     『身』を変じて、

       『仏』と作る。

復次世間稱佛名字是大悲是世尊。若以佛身入地獄者。則閻羅王諸鬼神不遮礙。是我所尊者師云何可遮。

復た次ぎに、世間は仏の名字を、是れ大悲なり、是れ世尊なりと称す。若し、仏身を以って地獄に入れば、則ち閻羅王、諸の鬼神も遮礙せず。是れは、我が尊ぶ所の者なり。師を云何が遮すべけん。

 復た次ぎに、

   『世間』は、

     『仏』の、

       『名字』を称して、

       是れは、

         『大悲』だ、

       是れは、

         『世尊』だという。

   若し、

     『仏』の、

       『身』を以って、

       『地獄』に入れば、

         『閻羅王』も、

         『諸の鬼神』も、

           『遮る』ことも、

           『邪魔する』こともない。

     是れは、

       わたしの、

         『尊ぶ所の者』だ!

       『師』を、

       何うして、

         『遮れる』というのか?

問曰。若地獄中火燒常有苦痛。心常散亂不得受法。云何可化。

問うて曰く、若し地獄の中ならば、火に焼かれて、常に苦痛有らん。心は常に散乱して、法を受くることを得ざるに、云何が化すべき。

 問い、

   若し、

     『地獄』の中ならば、

       『火』に焼かれて、

       常に、

         『苦痛』が有る。

       『心』が、

       常に、

         『散乱』して、

         『法』を、

           『受けられない』のに、

           何のように、

             『化す』というのか?

答曰。是菩薩以不可思議神通力。破鑊滅火禁制獄卒。放光照之眾生心樂。乃為說法聞則受持。

答えて曰く、是の菩薩は、不可思議の神通力を以って鑊を破り、火を滅して獄卒を禁制し、光を放って之を照らせば、衆生の心は楽しみに、乃ち為に法を説き、聞けば則ち受持す。

 答え、

   是の、

     『菩薩』は、

       『不可思議の神通力』を以って、

         『大釜』を破り、

         『火』を滅して、

         『獄卒』を禁制し、

       『光』を放って、

         『地獄』を照らし、

         『衆生の心』を楽しませて、

         漸く、

           『法』を説くので、

         『衆生』は、

           『聞け』ば、

           則ち、

             『受持する』のである。

 

  (かく):大釜。

問曰。若爾者地獄眾生有得道者不。

問うて曰く、若し爾らば、地獄の衆生に、道を得る者有りや不や。

 問い、

   若し、

     そうならば、

     『地獄の衆生』は、

       『道を得る』ことが、

         『有る』のか?

         『無い』のか?

答曰。雖不得道種得道善根因緣。所以者何。以重罪故不應得道。畜生道中當分別。或得者或不得者。如阿那婆達多龍王沙竭龍王等得菩薩道。鬼神道中如夜叉密跡金剛鬼子母等有得見道。是大菩薩

答えて曰く、道を得ずと雖も、道を得る善根を種うる因縁なり。所以は何んとなれば、重罪を以っての故に、応に道を得べからざるも、畜生道の中には当に、或は道を得る者、或は得ざる者を分別すべし。阿那婆達多龍王、沙竭龍王等の如きは菩薩道を得、鬼神道の中には夜叉の密迹金剛、鬼子母等は見道を得る有りて、是れ大菩薩なり。

 答え、

   『道を得る』ことはないが、

     『道を得る』為の、

       『善根の因縁』を種えたのだ。

       何故ならば、

         『重罪』を以っての故に、

           『道を得る』はずがない。

   『畜生道』の中は、

     『分別』しなくてはならない、――

     或は、

       『道を得る』者もあり

       『道を得ない』者もある。

     例えば、

       『阿那婆達多龍王』や、

       『沙竭龍王』等は、

         『菩薩道』を得た。

   『鬼神道』の中は、

     例えば、

       『夜叉』の、

         『密迹金剛』や、

         『鬼子母』等のように、

           『見道を得た』者も有り、

           是れは、

             『大菩薩』である。

 

  鬼子母(きしも):大藥叉女神の名。『大智度論巻39()注:鬼子母神』参照。

  鬼子母神(きしもじん):梵名訶利帝haariitiiの意訳。又訶利底、柯利帝、訶梨帝、哥利底、呵利底、呵利陀、可梨陀に作り、或は訶利帝母とも云う。青色、黄色、青衣等と訳す。大藥叉女神の名。又歓喜母、愛子母、天母、或は功徳天等の称あり。「有部毘奈耶雑事巻31」に、「其の女生まるる時、諸の藥叉衆咸く皆歓慶す。諸親字を立てて名づけて歓喜と曰う」と云い、又「我が男女を取りて食に充つ、則ち是れ悪賊藥叉なり。何ぞ歓喜と名づけんや。此に因りて諸人皆喚んで訶利底藥叉女と為す」と云えり。以って其の名称の由来を知るべし。鬼子母の本縁に関しては、「雑宝蔵経巻9」に、鬼子母は是れ老鬼神王般闍迦の妻にして子一万あり、皆大力士なり。其の最小を嬪伽羅piyaNkaraと名づく。此の鬼子母兇妖暴悪にして、人の児子を殺して以って自ら噉食す。人民之を患いて仰いで仏に告ぐ。仏即ち其の愛子嬪伽羅を取り、盛りて鉢底に著く。時に鬼子母は天下を周遊して七日の中、其の子を推求すれども得ず、愁憂懊悩す。適ま仏世尊は一切智なりと聞き、即ち仏所に至りて児の所在を問う。時に仏答えて曰わく、汝万子ありて、今唯だ一子を失う。何が故に苦悩愁憂して之を推覓するや。世間の人民は或は一子あり、或は五三子あり。而も汝は之を殺害するにあらずやと。鬼子母時に仏に白して曰わく、我れ今若し嬪伽羅を得ば、終に更に世人の子を殺さじと。仏即ち鬼子母をして嬪伽羅を見せしむるに、鉢下に在り。其の神力を尽くすも得て取ること能わず。還って仏に求む。仏の言わく、汝今若し能く三帰五戒を受け、寿を尽くすまで殺さずんば、当に汝の子を還すべしと。鬼子母は即ち仏勅の如く三帰五戒を受け、受持し訖りて後、仏為に其の子を還し給いたりと云えり。此の説話は「鬼子母経」、「有部毘奈耶雑事巻31」、「大藥叉女歓喜母并愛子成就法」、及び「摩訶摩耶経巻上」等にも記載せるも、其の中、「鬼子母経」には彼れに千子あり、五百は天上、五百は世間に在りとし、「有部毘奈耶雑事」並びに「歓喜母成就法」には単に五百とし、其の他記事に多少の相違あり。又「南海寄帰内法伝巻1受斎軌則」の條に、行食の末に於いて食一盤を安んじ、以って訶利底母に供うべきこと、及び此の母神の本縁を略叙し、且つ其の下に「故に西方の諸寺、毎に門屋の処に於いて、或る食廚の辺に在りて、母形一児子を抱き、其の膝下に於いて或は五或は三を素画して、以って其の像を表し、毎日前に於いて盛陳供食す。其の母は乃ち是れ四天王の衆にして、大豊勢力あり。其の疾病ありて児息なきもの、饗食して之に薦めば咸く皆願を遂ぐ」と記せり。之に依るに当時印度に於いて、産生の女神として諸寺に安置せられたるを見るべし。又「摩訶摩耶経巻上」、「七星如意輪秘密要経」、「七仏八菩薩所説大陀羅尼神呪経巻4」、「仏母大孔雀明王経巻下」、「翻梵語巻7」等に出づ。<(望)

 

 

 

 

十方の浄妙国土を観採し、自ら殊勝世界を起す

【經】舍利弗。有菩薩摩訶薩。行六波羅蜜時。變身如佛遍至十方如恒河沙等諸佛世界。為眾生說法。亦供養諸佛及淨佛世界。聞諸佛說法。觀採十方淨妙國土相。而已自起殊勝世界。其中菩薩摩訶薩皆是一生補處

舎利弗、有る菩薩摩訶薩は、六波羅蜜を行ずる時、身を変ずること仏の如くして、遍く十方の恒河沙等の諸仏の世界に至り、衆生の為に法を説き、亦た諸仏を供養し、及び仏世界を浄め、諸仏の説法を聞き、十方の浄妙の国土の相を観て採りて、而も以って自ら殊勝の世界を起し、其の中の菩薩摩訶薩は皆是れ一生補処なり。

   舎利弗!

     有る、

       『菩薩摩訶薩』は、

         『六波羅蜜』を行う時、

         『身』を

           『仏のよう』に変じて、

           遍く、

           『十方』の、

             『恒河沙等』ほどの、

             『諸仏の世界』に至り、

               『衆生』の為に、

                 『法』を説き、

             亦た、

               『諸仏』を供養して、

                 『仏世界を浄める』に及び、

           『諸仏』の、

             『説法』を聞いて、

             『十方』の、

               『浄妙の国土』の、

                 『相』を、

                 『観察、採取』し、

               而も、

                 それを以って、

                 自ら、

                   『殊勝の世界』を起す。

                   『其の中』の、

                     『菩薩摩訶薩』は、

                     皆、

                       『一生補処』である。

 

  而已自起:他本に従い而以自起に改む。

【論】釋曰。是菩薩遍為六道說法。以佛身為十方眾生說法。若眾生聞弟子教者不能信受。若聞佛獨尊自在者說法信受其語。是菩薩二事因緣故供養諸佛。莊嚴世界聞莊嚴世界法。到十方佛國取清淨世界相。行業因緣轉復殊勝光明亦多。所以者何。此國土中皆一生補處菩薩。

釈して曰く、是の菩薩は遍く、六道の為に法を説き、仏身を以って、十方の衆生の為に法を説く。若し衆生、弟子の教を聞かば、信受すること能わざるも、若し仏の独り尊く自在なる者の法を説くを聞かば、其の語を信受せん。是の菩薩は、二事の因縁の故に諸仏を供養して世界を荘厳す。世界を荘厳する法を聞き、十方の仏国に到りて清浄世界の相を取れば、行業の因縁は転た復た殊勝にして、光明も亦た多し。所以は何んとなれば、此の国土の中は皆一生補処の菩薩なればなり。

 釈す、

   是の、

     『菩薩』は、

     遍く、

       『六道』の為に、

         『法』を説き、

     『仏身』を以って、

       『十方の衆生』の為に、

         『法』を説く。

   若し、

     『衆生』が、

       『弟子の教』を

         『聞いた』としても、

         『信受しよう』としないが、

     若し、

       『仏、独尊、自在者』の説く、

         『法』を、

           『聞いた』ならば、

           『其の語』を、

             『信受する』だろう。

   是の、

     『菩薩』は、

       『二事の因縁』の故に、

         『諸仏』を供養して、

           『諸仏の世界』を荘厳し、

           『世界を荘厳する法』を聞き、

         『十方の仏国』に到って、

           『清浄世界の相』を取るので、

       『行業の因縁』は、

       次第に、

         『殊勝』に転じて、

         『光明』も亦た、

           『多く』なる。

       何故ならば、

       此の、

         『国土』の中は、

         皆、

           『一生補処の菩薩』だからである。

問曰。若先己說兜率天上一生補處菩薩。今云何說他方世界菩薩皆一生補處。

問うて曰く、若し先に已に兜率天上の一生補処の菩薩を説けば、今云何が、他方世界の菩薩は皆一生補処なりと説く。

 問い、

   若し、

     先に、

       『兜率天上の菩薩を説いた』のであれば、

   今、

     何故、

       『他方世界の菩薩』は、

       皆、

         『一生補処だ』と説くのか?

答曰。兜率天上一生補處者。是三千世界常法。餘處不定。所謂第一清淨者。轉身成佛故

答えて曰わく、兜率天上の一生補処とは、是れ三千世界の常法なるも、余の処は不定なり。謂わゆる第一の清浄なる者なり、身を転じて仏を成ずるが故に。

 答え、

   『兜率天上』の、

     『一生補処』は、

     是れは、

       『三千世界』の、

         『常法』であるが、

     『余の処』は、

       『一生補処』と、

         『定まらない』。

     謂わゆる、

       『第一の清浄の者』が、

         『身』を転じて、

         『仏と成った』のである。

  

 

 

 

 

身、口の清浄を学んで、衆人に愛敬される

【經】舍利弗。有菩薩摩訶薩。行六波羅蜜時。成就三十二相諸根淨利。諸根淨利故眾人愛敬。以愛敬故漸以三乘法而度脫之。如是舍利弗。菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。應學身清淨口清淨

舎利弗、有る菩薩摩訶薩は、六波羅蜜を行ずる時、三十二相を成就して諸根浄利なり。諸根浄利なるが故に、衆人愛敬す。愛敬するを以っての故に漸く、三乗の法を以って、之を度脱す。是の如し、舎利弗、菩薩摩訶薩は、般若波羅蜜を行ずる時、応に身清浄、口清浄を学ぶべし。

   舎利弗!

     有る、

       『菩薩摩訶薩』は、

         『六波羅蜜』を行う時、

           『三十二相』を成就して、

           『諸根』が、

             『浄利』である。

           『諸根』の浄利の故に、

             『衆人』が、

               『愛敬』する。

           『愛敬』するが故に、

           漸く、

             『三乗の法』を以って、

             『衆生』を、

               『度脱』する。

   是のように、

     舎利弗!

       『菩薩摩訶薩』は、

         『般若波羅蜜』を行う時、

           『身の清浄』と、

           『口の清浄』とを、

             『学ぶべき』である。

【論】釋曰。是菩薩欲令眾生眼見其身得度故。以三十二相莊嚴身。諸根淨利者。眼等諸根明利出過餘人。信慧根諸心數根等利淨第一。見者歎其希有。我無此事。愛敬是菩薩信受其語。世世具足道法。以三乘道入涅槃。是三十二相眼等諸根。皆從身口業因緣清淨得。以是故佛說。菩薩應當淨身口業

釈して曰く、是の菩薩は、衆生をして眼に其の身を見て、度を得しめんと欲するが故に、三十二相を以って身を荘厳す。諸根浄利とは、眼等の諸根の明利は、余人に出過し、信、慧根、諸の心数根等の利浄は第一なり。見る者は其の希有なるを、『我れに此の事無し』と歎じ、是の菩薩を愛敬し、其の語を信受し、世世に道法を具足して、三乗の道を以って涅槃に入る。是の三十二相、眼等の諸根は、皆身口の業の因縁の清浄なるにより得。是を以っての故に、仏の説きたまわく、『菩薩は応当に身口の業を浄むべし』と。

 釈す、

   是の、

     『菩薩』は、

       『衆生の眼』に、

         『其の身』を見せて、

         『度』を得させるので、

       その故に、

         『三十二相』を以って、

         『身を荘厳する』のである。

     『諸根の浄利』とは、

       『眼等の諸根』の、

         『明利』は、

           『余人』に過ぎ、

       『信、慧根』や、

       『諸の心数根』等の、

         『利浄』は、

           『第一』である。

     『見る者』は、

       其の、

         『希有』を、

         『わたしには、

            此の事が無い!』と歎じて、

       『是の菩薩』を愛敬し、

       『其の語』を、

         『信受』し、

         世世に、

           『道法』を具足して、

           『三乗の道』を以って、

             『涅槃』に入る。

     是の、

       『三十二相』や、

       『眼等の諸根』は、

       皆、

         『身、口の業の因縁』が、

           『清浄』であるによって、

           『得た』ものである。

     是の故に、

       『仏』は、

         こう説かれた、――

         『菩薩は、

            身、口の業を浄めるべきだ!』と。

  

 

 

 

 

諸根清浄にして自ら高ぶらず、他を見下さない

【經】舍利弗。有菩薩摩訶薩。行六波羅蜜時得諸根淨。以是淨根而不自高亦不下他

舎利弗、有る菩薩摩訶薩は、六波羅蜜を行ずる時、諸根の浄を得て、是の浄根を以って、而も自ら高ぶらず、復た他を下(いやし)まず。

   舎利弗!

     有る、

       『菩薩摩訶薩』は、

         『六波羅蜜』を行う時、

           『諸根の清浄』を得るが、

         『是の浄根』を以って、

           自ら、

             『高ぶらず』、亦た、

           他を、

             『見下さない』のである。

【論】釋曰。是菩薩常深淨行六波羅蜜故。得眼等諸根淨利人皆愛敬。慧等諸心數法根淨利無比。為度眾生故。世間常法若得殊異心則自高。輕諸餘人。作是念。汝無此事我獨有此。以是因緣故還失佛道。如經中說。菩薩輕餘菩薩。念念一劫遠於佛道。經爾所劫更修佛道。以是故而不自高亦不下他

釈して曰く、是の菩薩は常に深く浄く六波羅蜜を行ずるが故に、眼等の諸根の浄利なるを得て、人は皆愛敬す。慧等の諸の心数法の根の浄利、無比なるは、衆生を度せんが為の故なり。世間の常法は、若し殊異を得ば、心は則ち自ら高ぶり、諸余の人を軽んじて、『汝に、此の事無し。我れ独り此れ有り』と、是の念を作さん。是の因縁を以っての故に、還って仏道を失す。『経』の中に説くが如し、『菩薩は余の菩薩を軽んぜば、念念に一劫仏道より遠ざかり、爾所の劫を経て、更に仏道を修む』と。是を以っての故に、而も自ら高ぶらず、亦た他を下まず。

 釈す、

   是の、

     『菩薩』は、

     常に、

       深く、浄く、

       『六波羅蜜』を行うが故に、

         『眼等の諸根』が、

           『浄利』であり、

           『人』は、

           皆、

             『愛敬』する。

         『慧根』等の、

           『諸の心数法』の、

             『浄利』も、

             『比(たぐい)』が無いが、

             『衆生を度する』為の故である。

       『世間の常法』は、

       若し、

         『殊異』を得れば、

         『心』は、

           自ら、

             『高ぶり』、

           諸余の人を、

             『軽んじ』て、

             是の念を作す、――

             『お前には、

                此の事が無い。

              わたしだけに、

                此れが有るのだ!』と。

         『是の因縁』を以っての故に、

         還って、

           『仏道を失う』のだが、

       『経』には、

         それを、このように説いている、――

         『菩薩は、

            『余の菩薩』を、

              『軽んじる』ならば、

              『念念』ごとに、

                『一劫』づつ、

                『仏道』より遠ざかり、

              『多数』の、

                『劫』を経て、

                更に、

                  『仏道を修める』ことになる』と。

       是の故に、

         『自ら、

            高ぶらず、亦た、

          他を、

            見下さない』のである。

 

  参考:『摩訶般若波羅蜜経巻13魔事品』:『復次須菩提。是菩薩摩訶薩作是念。是般若波羅蜜中。無我生處名字若聚落城邑。是人不欲聽聞般若波羅蜜。便從會中起去。是人如所起念時念念卻一劫。補當更勤精進求阿耨多羅三藐三菩提。

 

 

 

 

阿鞞跋致地に至るまで、終に悪道に堕ちない

【經】舍利弗。有菩薩摩訶薩。從初發心住檀波羅蜜尸羅波羅蜜。乃至阿鞞跋致地。終不墮惡道

舎利弗、有る菩薩摩訶薩は、初発心より、檀波羅蜜、尸羅波羅蜜、乃至阿鞞跋致地に住して、終に悪道に堕せず。

   舎利弗!

     有る、

       『菩薩摩訶薩』は、

         『初発心』より、

           『檀波羅蜜』と、

           『尸羅波羅蜜』とに住して、

         乃ち、

           『阿鞞跋致地』に至るまで、

           終に、

             『悪道』に堕ちない。

【論】釋曰。是菩薩從初已來性畏惡道。所作功德願不墜墮。乃至阿鞞跋致地者。以未到中間畏墮惡道故作願。菩薩作是念。若我墮三惡道者。自不能度何能度人。又受三惡道苦惱時。以瞋惱故結使增長。還起惡業復受苦報。如是無窮。何時當得修行佛道。

釈して曰く、是の菩薩は、初より已来、性として悪道を畏れ、作す所の功徳の遂堕せざらんことを願う。乃至阿鞞跋致地とは、未到、中間に、悪道に堕するを畏るるを以っての故に願を作すなり。菩薩は是の念を作さく、『若し我れ三悪道に堕つれば、自ら度する能わず、何んが能く人を度せんや。又三悪道の苦悩を受くる時、瞋悩を以っての故に結使増長し、還って悪業を起して復た苦報を受けん。是の如くして窮まり無くんば、何れの時にか、当に仏道を修行するを得べき』と。

 釈す、

   是の、

     『菩薩』は、

       『初発心』より、

       『性』として、

         『悪道』を畏れ、

         『作す所』の、

           『功徳』が、

           『堕落しないよう願った』のである。

     『乃ち、

        阿鞞跋致地に至るまで』とは、

       『未到地(初禅未到の地)』、乃至、

       『中間地(初禅、二禅の中間)』の、

         『菩薩』は、

           『覚()、観()』が有り、

           『悪道を畏れる』が故に、

             『願を作す』のである。

     『菩薩』は、

       是の念を作す、――

       『若し、

         わたしが、

           『三悪道』に堕ちれば、

           『自ら』ですら、

             『度せない』のに、

             何うして、

               『人を度す』ことができよう。

         又、

           『三悪道』の、

             『苦悩』を受ける時、

               『瞋悩』するが故に、

                 『結使』が増長し、

               還って、

                 『悪業』を起して、

                 復た、

                   『苦報』を受ける。

         是のようでは、

           『窮まり』が無い。

           何時になったら、

             『仏道を修行できる』のだろう?』、と。

 

  未到地(みとうじ):又未到定、未至定という。上界八地に各根本定と近分定と有り。欲界の修惑を断じて発す所の禪定を初禅の根本定と為し、乃至無所有処の修惑を断ずる所得の禅定を、非想処の根本定と為す。又欲界の煩悩を伏して発する近似の初禅根本定を初禅の近分定と為し、乃至無所有処の煩悩を伏して発する非想処根本定に近似の禅定を非想処の近分定と為す。此の如き八根本定、八近分定の中、初禅の近分定には他の近分定と相異する点が有り、故に別に名を立て、之を未至定と謂い、未至根本定の義を言う。近分の義は亦た此れに同じ。<(丁)

  中間地(ちゅうげんじ):又中間定、中間三昧、中間静慮、中間禅とも名づく。大梵天王所得の禅定なり。色界、無色界を通じて八地有り、毎一地に各近分定と根本定と有り。其の中の初禅地の近分定と根本定は尋、伺の心所に相応し、第二禅以上の七地の近分定と根本定とは、則ち尋、伺に皆相応せずして、而も寂静を至極す。然るに其の中間に、唯だ伺の心所のみ相応し、尋の心所の相応せざる禅定有り、是れを中間定と名づけ、之を修す者は初禅天の頂上に在る大梵天王にして、彼れは常に此の禅定に住すと為す。「倶舎論巻28」に、「初の本、近分は尋、伺に相応し、上の七定中は皆尋、伺無く、唯だ中静慮には伺有りて尋無し、故に彼の勝の初、未、及び第二は、此の義に依るが故に中間を立てて名づく。(中略)此の定は能く大梵処の果を招く、多く修習すれば、大梵と為るが故に」と云えり。<(丁)

問曰。若持戒果報不墮惡道者。何以復說布施。

問うて曰く、若し持戒の果報は悪道に堕せずんば、何を以ってか、復た布施を説く。

 問い、

   若し、

     『持戒の果報』で、

       『悪道に堕ちない』ならば、

       何故、

         復た、

         『布施を説く』のか?

答曰。持戒是不墮惡道根本。布施亦能不墮

答えて曰わく、持戒は是れ悪道に堕せざる根本なり。布施も、亦た能く堕せず。

 答え、

   『持戒』は、

     『悪道に堕ちない根本』だが、

   『布施』も、

   亦た、

     『堕ちさせない』のである。

復次菩薩持戒雖不墮惡道中。生人中貧窮。不能自利又不益人。以是故行布施。餘波羅蜜各有其事

復た次ぎに、菩薩の持戒は、悪道の中に堕せずと雖も、人中の貧窮に生ぜば、自ら利する能わず、又人を益せざらん。是を以っての故に、布施を行ず。余の波羅蜜も、各、其の事有り。

 復た次ぎに、

   『菩薩』は、

     『持戒』して、

       『悪道』の中に堕ちなくても、

       『人中』の、

         『貧窮』に生まれれば、

         自ら、

           『利する』こともできず、又、

         人を、

           『益する』こともできない。

   是の故に、

     『布施を行う』のである。

   余の、

     『波羅蜜』にも、

     各、

       『其の事情』が有る。

  

 

 

 

 

阿鞞跋致地に至るまで、常に十善行を捨てない

【經】舍利弗。有菩薩摩訶薩。從初發心乃至阿鞞跋致地。常不捨十善行

舎利弗、有る菩薩摩訶薩は、初発心より、乃ち阿鞞跋致地に至るまで、常に十善行を捨てず。

   舎利弗!

     有る、

       『菩薩摩訶薩』は、

         『初発心』より、

         乃ち、

           『阿鞞跋致地』に至るまで、

           常に、

             『十善行』を捨てない。

【論】釋曰。佛說持戒故不墮惡道布施隨逐。今不知云何行尸羅波羅蜜。乃至阿鞞跋致地。是故復說常行十善。

釈して曰く、仏は、『持戒の故に悪道に堕せず。布施は随逐す』と説きたもうも、今、云何が尸羅波羅蜜を行じて、乃ち阿鞞跋致地に至るを知らず。是の故に、復た常に十善を行ずと説きたもう。

 釈す、

   『仏』は、

     こう説かれた、――

     『持戒の故に、

       『悪道』に堕ちない。

       『布施』は随逐する』と。

   今、

     『何のように、

        尸羅波羅蜜を行じて、

        やがて、

          『阿鞞跋致地』に至る』のかを知らない。

   是の故に、

     復た、こう説かれた、――

     『常に、

        『十善を行う』のである』と。

復次先菩薩持戒不牢固布施隨助。今說但持戒牢固不捨十善不墮三惡道

復た次ぎに、先には、『菩薩、持戒牢固ならざれば布施随って助く』と、今は、『但だ持戒牢固にして、十善を捨てざれば、三悪道に堕せず』と説きたもう。

 復た次ぎに、

   先は、

     『菩薩』の、

       『持戒』が牢固でなく、

       『布施が助けた』ので、

   今、

     こう説くのである、――

     『但だ、

       『持戒』が牢固で、

       『十善』を捨てなければ、

         『三悪道』に堕ちない』と。

  

 

 

 

 

転輪聖王と作って、衆生を十善道に安立する

【經】舍利弗。有菩薩摩訶薩。住檀波羅蜜尸羅波羅蜜中。作轉輪聖王安立眾生。於十善道亦以財物布施眾生

舎利弗、有る菩薩摩訶薩は、檀波羅蜜、尸羅波羅蜜の中に住し、転輪聖王と作りて、衆生を十善道に安立し、亦た財物を以って衆生に布施す。

   舎利弗!

     有る、

       『菩薩摩訶薩』は、

         『檀波羅蜜』と、

         『尸羅波羅蜜』との中に、

           『住まり』ながら、

           『転輪聖王』と作って、

             『衆生』を、

               『十善道』に安立させ、

             亦た、

               『財物』を以って、

               『衆生』に、

                 『布施する』のである。

【論】釋曰。是檀尸波羅蜜因緣故。作轉輪聖王。行尸羅波羅蜜故。能令眾生信受十善。行檀波羅蜜故。以財寶給施眾生亦不可盡。

釈して曰く、是の檀、尸波羅蜜の因縁の故に、転輪聖王と作り、尸波羅蜜を行ずるが故に、能く衆生をして十善を信受せしめ、檀波羅蜜を行ずるが故に、財宝を以って衆生に給施するも、亦た尽くすべからず。

 釈す、

   是の、

     『檀、尸波羅蜜』の因縁の故に、

     『転輪聖王』と作り、

       『尸羅波羅蜜』を行うが故に、

         『衆生』に、

           『十善を信受させる』ことができ、

       『檀波羅蜜』を行うが故に、

         『財宝』を以って、

           『衆生に給施する』が、

           亦た、

             『尽くせない』のである。

問曰。一切菩薩皆行是二波羅蜜。作轉輪聖王不。

問うて曰く、一切の菩薩は、皆是の二波羅蜜を行じて、転輪聖王と作るや不や。

 問い、

   一切の、

     『菩薩』は、

     皆、

       『是の二波羅蜜』を行って、

         『転輪聖王』と、

           『作る』のか?

           『作らない』のか?

答曰。不必然也。何以故。如此品中。諸菩薩種種法入佛道。有菩薩聞轉輪聖王儀法。在此處能利益眾生故作是願。

答えて曰く、必ずしも然らず。何を以っての故に、此の品中に、諸の菩薩は、種種の法もて仏道に入る。有る菩薩は、転輪聖王の儀法を聞き、此の処に在りて、能く衆生を利益するが故に、是の願を作す。

 答え、

   必ずしも、

     そうでない。

   何故ならば、

     『此の品』の中のように、

       『諸の菩薩』は、

         『種種の法』で、

         『仏道に入る』のである。

     有る、

       『菩薩』は、

         『転輪聖王』の、

           『威儀の法』を聞き、

           『此の処』に在りながら、

             『衆生』を、

               『利益したい』が故に、

               『是の願』を、

                 『作す』のである。

或有菩薩種轉輪聖王因緣。雖不作願亦得轉輪聖王報。自行二波羅蜜故。作轉輪聖王。亦教一切眾生行十善道。亦自行布施。

或は、有る菩薩は、転輪聖王の因縁を種え、願を作さずと雖も、亦た転輪聖王の報を得、自ら二波羅蜜を行ずるが故に、転輪聖王と作りても、亦た一切の衆生に教えて、十善道を行ぜしめ、亦た自ら布施を行ず。

   或は、

     有る、

       『菩薩』は、

         『転輪聖王』の、

           『因縁を種えた』ので、

           『願を作さない』のに、

           亦た、

             『転輪聖王の報』を得、

             自ら、

               『二波羅蜜を行う』が故に、

               亦た、

                 『一切の衆生』に教えて、

                   『十善道』を行わせ、

               亦た、

                 自らも、

                   『布施を行う』のである。

聞者生疑。為一世作為世世作。以是故

聞く者の疑を生ずらく、『一世に作すと為んや。世世に作すと為んや』と。是を以っての故に、

   『聞く者』は、

     このように『疑』を生ずる、――

     『転輪聖王は、

        『一世にのみ作る』のか?

        『世世に作る』のか?』と。

   是の故に、――

【經】佛告舍利弗。有菩薩摩訶薩。住檀波羅蜜尸羅波羅蜜。無量千萬世作轉輪聖王。遇無量百千諸佛。供養恭敬尊重讚歎

仏の舎利弗に告げたまわく、『有る菩薩摩訶薩は、檀波羅蜜、尸羅波羅蜜に住して、無量千万世に転輪聖王と作り、無量百千の諸仏に値遇し、供養、恭敬、尊重、讃歎す』と。

   『仏』は、

     舎利弗に、こう告げられた、――

     『有る、

        『菩薩摩訶薩』は、

          『檀波羅蜜』、

          『尸羅波羅蜜』に住まり、

            『無量千万世』に、

              『転輪聖王』と作って、

                『無量百千の諸仏』に遇い、

                『供養、恭敬、尊重、讃歎』する』と。

【論】釋曰。若菩薩知作轉輪聖王大益眾生者。便作轉輪聖王。若自知餘身益大亦作餘身。

釈して曰く、若し菩薩は、『転輪聖王作れば、大に衆生を益す』と知らば、便ち転輪聖王と作り、若し自ら、『余の身の益すること大なり』と知らば、亦た余の身と作らん。

 釈す、

   若し、

     『菩薩』が、

       『転輪聖王』と作れば、

       大いに、

         『衆生を益する』と知れば、

         便ち、

           『転輪聖王』と作り、

   若し、

     自ら、

       『余の身』の方が、

         『益が大きい』と知れば、

         亦た、

           『余の身』と作る。

復次欲以世間法大供養佛故。作轉輪聖王

復た次ぎに、世間法を以って、大に仏を供養せんと欲するが故に、転輪聖王と作る。

 復た次ぎに、

   『世間の法』を以って、

   大いに、

     『仏を供養する』が故に、

     『転輪聖王と作る』のである。

  

 

 

 

 

常に法を以って自ら照らし、人を照らす

【經】舍利弗。有菩薩摩訶薩。常為眾生以法照明亦以自照。乃至阿耨多羅三藐三菩提終不離照明。舍利弗。是菩薩摩訶薩於佛法中已得尊重。舍利弗。以是故菩薩摩訶薩行般若波羅蜜時。身口意不淨不令妄起

舎利弗、有る菩薩摩訶薩は、常に衆生の為に、法を以って照明し、亦た以って自らを照らし、乃ち阿耨多羅三藐三菩提に至るまで、終に照明することを離れず。舎利弗、是の菩薩摩訶薩は、仏法の中に於いて、已に尊重を得たり。舎利弗、是を以っての故に、菩薩摩訶薩は、般若波羅蜜を行ずる時、身、口、意の不浄をして妄起せしめず。

   舎利弗!

     有る、

       『菩薩摩訶薩』は、

       常に、

         『衆生』の為に、

           『法』を以って、

           明るく、

             『照らし』、

         亦た、

           それを以って、

           『自ら』をも、

             『照らし』て、

         乃ち、

           『阿耨多羅三藐三菩提』に至るまで、

           終に、

             『照らす』ことを離れない。

     舎利弗!

       是の、

         『菩薩摩訶薩』は、

           『仏法』の中に、

           已に、

             『尊重』を得ているのである。

     舎利弗!

       是の故に、

         『菩薩摩訶薩』は、

           『般若波羅蜜』を行う時、

             『身、口、意』の、

               『不浄』を妄起させない!

【論】釋曰。上菩薩行檀尸波羅蜜作轉輪聖王。是菩薩但分別諸經。讀誦憶念思惟分別諸法以求佛道。以是智慧光明自利益。亦能利益眾生。如人闇道中然燈。亦能自益亦能益人。終不離者。是因緣故終不離智慧光明乃至阿耨多羅三藐三菩提。

釈して曰く、上の菩薩は、檀、尸波羅蜜を行じて、転輪聖王と作るも、是の菩薩は、但だ諸経を分別して読誦、憶念し、諸法を思惟、分別し、以って仏道を求め、是の智慧の光明を以って、自ら利益し、亦た能く衆生を利益す。人の闇道の中に、灯を然すが如く、亦た能く自ら益し、亦た能く人を益す。終に離れずとは、是の因縁の故に終に、智慧の光明を乃ち阿耨多羅三藐三菩提に至るまで離さず。

 釈す、

   上の、

     『菩薩』は、

       『檀、尸波羅蜜』を行って、

         『転輪聖王と作った』のであるが、

   是の、

     『菩薩』は、

     但だ、

       『諸の経』を分別して、

         『読誦』し、

         『憶念』し、

       『諸の法』を、

         『思惟』し、

         『分別』して、

         それで、

           『仏道』を求め、

       是の、

         『智慧の光明』を以って、

         『自ら』を、

           『利益』するので、

         亦た、

           『衆生を利益する』こともできるのである。

       譬えば、

         『闇い道』の中で、

           『灯』を燃やせば、

           『自ら』を益して、

           亦た、

             『人を益す』のと同じである。

   『終に、離れない』とは、

     是の、

       『因縁』の故に、

       終に、

         『智慧の光明』を、

         乃ち、

           『阿耨多羅三藐三菩提』に至るまで、

           『離れない』ことをいう。

復次是菩薩清淨法施不求名利供養恭敬。不貪弟子不恃智慧。亦不自高輕於餘人。亦不譏刺。但念十方諸佛慈心念眾生。我亦如是。學佛道說法。無所依止適無所著。但為眾生令知諸法實相。如是清淨說法。世世不失智慧光明。乃至阿耨多羅三藐三菩提。

復た次ぎに、是の菩薩の清浄の法施は、名利、供養、恭敬を求めず。弟子を貪らず。智慧を恃まず。亦た自ら高ぶって、余人を軽んぜず、亦た譏刺せず。但だ、十方の諸仏の慈心を念じて、衆生を念ずらく、『我れも亦た、是の如く仏道を学んで法を説き、依止する所無く、適(かな)うて著する所無く、但だ衆生の為に、諸法の実相を知らしめん』と。是の如く清浄の法を説き、世世に智慧の光明を失わず、乃ち阿耨多羅三藐三菩提に至る。

 復た次ぎに、

   是の、

     『菩薩』は、

       『清浄』に、

         『法施』をして、

         『名利、供養、恭敬』を求めず、

         『弟子』を貪らず、

         『智慧』に恃まず、

         亦た、

           自ら、『高ぶらず』、

           余人を、

             『軽んぜず』、亦た、

             『譏刺せず』、

       但だ、

         『十方』の、

           『諸仏の慈心』を念じて、

           『衆生』を、

             このように念ずる、――

             『わたしも、

              亦た、

                このように、

                『仏道』を学んで、

                『法』を説き、

                何にも、

                  『依止』せず、

                快くとも、

                  『執著』せず、

              但だ、

                『衆生』の為に、

                  『諸法の実相』を知らせよう』と。

         是のように、

           『清浄』に、

             『法』を説いて、

             『世世』に、

               『智慧の光明』を失わず、

               乃ち、

                 『阿耨多羅三藐三菩提に至る』のである。

 

  譏刺(きし):人の欠点を見つけてちくちくと刺すようにそしる。

已得尊重者。上諸菩薩能如是者。於諸眾生皆為尊重。身口意不淨不令妄起者。能以清淨法施者。不應雜起身口意惡業。所以者何。若起身口意惡者。聞者或不信受。若意業不淨智慧不明。智慧不明不能善行菩薩道。

已に尊重を得るとは、上の諸の菩薩は、能く是の如くんば、諸の衆生に於いて、皆尊重せらる。身、口、意の不浄を妄起せしめずとは、能く清浄の法施を以ってすれば、応に身、口、意の悪業を雑えて起すべからず。所以は何んとなれば、若し身、口、意の悪を起さば、聞く者は或は信受せざらん。若し意業不浄なれば智慧も明らかならず。智慧明らかならざれば、善く菩薩道を行ずること能わず。

   『已に、尊重を得る』とは、

   上の、

     『諸の菩薩』が、

       是のようにすれば、

       『諸の衆生』に、

         皆、

         『尊重される』のである。

   『身、口、意』の、

     『不浄を妄起させない』とは、

     『清浄』の、

       『法施』を以ってすれば、

         『身、口、意の悪業』を、

         雑えて、

           『起す』はずがない。

       何故ならば、

         若し、

           『身、口、意』の、

             『悪業』を起せば、

             『聞く者』は、

             或は、

               『信受しない』だろう。

         若し、

           『意業』が、

             『不浄』ならば、

             『智慧』も、

               『不明』であろう。

           『智慧』が、

             『不明』ならば、

             善く、

               『菩薩道を行えない』のである。

復次不但此一菩薩。上來菩薩能行此法者。皆名尊重佛教。若菩薩欲行菩薩道。皆不應雜罪行。一切惡罪業不令妄起。雜行者於行道則難。不能疾成佛道。罪業因緣壞諸福德故

復た次ぎに、但だ、此の一菩薩のみにあらず。上来の菩薩の能く此の法を行ずる者は、皆、仏の教を尊重すと名づく。若し菩薩は、菩薩道を行ぜんと欲せば、皆、応に罪を雑えて行ずべからず。一切の悪罪の業は、妄起せしめず。行を雑うる者は、道を行ずるに於いて則ち難く、疾かに仏道を成ずる能わず。罪業の因縁の、諸の福徳を壊するが故なり。

 復た次ぎに、

   但だ、

     此の、

       『一菩薩』のみではない。

   上来の、

     『菩薩』は、

       『此の法を行える』者であり、

       皆、

         『仏教』を、

           『尊重する』のである。

   若し、

     『菩薩』が、

       『菩薩道を行おう』と欲すれば、

       皆、

         『罪』を雑えて、

           『行う』はずがなく、

       一切の、

         『悪罪の業』を、

           『妄起』させない。

         『行を雑えた』者は、

           『道を行う』に於いて、

           則ち、

             『困難』であり、

           疾かに、

             『仏道を成ずる』ことができない。

             『罪業の因縁』が、

               『諸の福徳を壊る』からである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

著者に無断で複製を禁ず。

Copyright(c)2011 AllRightsReserved